注意事項

ご覧いただき、ありがとうございます。
このブログはゲームのネタバレや愚痴を含む場合がございます。
恐れ入りますが、閲覧の際には、予めご注意をお願いいたします。

蒼の彼方のフォーリズム for Nintendo Switch 彼方の向こうに、何かが見える Part単発

おはこんばんちは。

最近ブログを更新してなかった理由として、あおかなにハマりすぎてました。
アニメを見て興味を持ち、Vita版買おうかなと思ったら、PS4版が発売されて、そしたらPS4版で買おうかなと考えている内にスイッチ版が登場し、今の期間で買わない理由がなかったので購入しました。

購入したのは、通常版ですね。

感想

今作ですが、スクショも動画も一切撮れないので、グランドエンディングまで見た感想を書いていけたらと思います。

ストーリー

あおかなはFC(フライングサーカス)という架空のスポーツを題材にし、昔選手として活躍していた晶也の挫折からその後とある出会いをきっかけにFCに関わっていくことになり…といった話ですね。
PC版だとアダルトゲームだったりしますが、ストーリーが良いので、コンシューマーでも十分楽しめました。

ちなみに、アニメだと恋愛要素すら省いてしまって、ただのスポ根アニメになっています。
それもまたいいんですが。

フライングサーカスは架空のものなので、どこか変なところがあったりしそうなものですが、そんなことはなく…。
ただ、原作でも触れられますが、発展途上のスポーツということになっており、その変化が楽しむことができました。

キャラクター

今回はルートになっている4人のキャラクターの他にも様々なキャラクターが出てきますが、どのキャラクターも個性があっていいですね。
そして、可愛かったり面白かったり。
こいつうぜぇ…って思うキャラクターがいないのもなかなか珍しい気がします。

攻略できるキャラクターだと真白も可愛いし、みさきも莉佳もいいのですが、やっぱり明日香だなぁと思いました。
ハマってる間にどのルートも最低2周ずつプレイしたのですが、明日香のルートが一番好きで何度もやってしまうぐらいです。
明日香を見てると、もう俺2次元でいいやって思ってしまうレベル。

ちなみに攻略はできませんが、みなもちゃんと佐藤院さんもいいので、そのルートもみてみたい気がする。

音楽

サウンドテストがないのが勿体無いレベルで、BGMもいいなと思いました。
Elements Gardenなのでそのクオリティは保障されているようなものだと思いますが、それだけじゃなくOPとかそれぞれのルートごとに流れるエンディング、グランドエンディングも良かったなと…。

あまりに良いので、Vocal & Sound Collection買おうかなと思ってます。

それぞれのルート

全ルートを攻略して莉佳→真白→みさき→明日香の順でクリアしたほうが良かったなぁと思ったので、その順番で簡単に書いていきます。

莉佳ルート

他校ではありますが、たまたま晶也の家の隣に引っ越してきて、仲良くなって…といった話。
物凄く真面目な性格ですが、肉好きというのがいいですね。

堂ヶ浦の黒渕 霞との対決がメインになっていきますが、莉佳ルートの結末よりも新生堂ヶ浦がどうなっていくのかというのが気になってしまった。

真白ルート

こちらではみさきをFC部に復帰してもらうということがメインになっていきます。
FCの終わりとしては正直目標ラインが一番低い感じですが、猫真白が可愛すぎる件。

あれは正直反則ですね。
もし実際に猫を飼うことになったら真白と名付けたいレベル。

みさきルート

こちらはあおかなをやる上で、闇の部分ということになるんでしょうかね。
最後は明日香を倒してということにはなるので仕方ないんですが、このルートだと乾 沙希の強さが伝わりづらいのが悲しい。

ただ、晶也がFCを止めるきっかけという点でみさきルートは絶対やっておいたほうが良いなと思いましたね。
その上で明日香ルートに行くことで面白さがあるのかなと。

あと覆面選手はいいキャラしてたなぁ。

明日香ルート

みさきルートとは逆に光といった感じがしますね。
晶也も選手として復帰するような流れになるので、一番好きなルートです。
晶也が立ち直ったところも含めて、かなり泣けました。
ただ、晶也が鈍感すぎる…。

序盤やこのルートを進めていく限りだと、明日香が付けている髪留めが晶也が渡したものと言うことになると思うけど、その点についてはここでは気付いていることが語られていないので、これは妄想で楽しんでってことなのかな。

グランドエンディング

グランドエンディングは短いですが、葵さんルートみたいな感じでしょうかね。
正直、晶也がこれからどうなっていくのか、葵さんがどうなっていくのか、白瀬さんが真藤に神様と呼ばれているのは何でだろうとか色々わからない点も含めて終わってしまいますが、ここもユーザーの想像にお任せって感じなんだろうか。

おまけ

CS版だけの要素らしいですが、あおかな ただいま練習中!というのがあったので、やってみましたが…これは難しいですね。
ただなぜか中毒性があってひたすらやっている内に、コレクションを全部ゲットして、院の文字をいただきました。

まとめ

一言で言うなら神ゲーでしたというぐらい楽しめました。
各話が終わったときの演出が好きで、正直アニメもあんな感じにしてほしかった。
「彼方の向こうに、何かが見える」というセリフももちろん一緒に。

先にも触れましたが、こんなことならVita版からやっておけばよかったな…と思いますし、せっかくなのでPC版もやってみようかなと。
ファンディスクも出ていることですし、あおかなZweiも出るようなので。

あおかなの権利を移譲したり、スマホゲーの会社に買収されたりとどうなってしまうのか気になってしまいますが、ブランドは継続する予定とあるので、大丈夫だと思いたい。

ここまで面白いゲームなら、聖地巡礼もやってみたいですね。
今年は正直厳しいですが、来年あたり五島列島いってみようかなと考えています。

この作品に触れるのが正直遅すぎましたが、色々グッズとかも買えたらいいな。

それでは、また。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする