注意事項

ご覧いただき、ありがとうございます。
このブログはゲームのネタバレや愚痴を含む場合がございます。
恐れ入りますが、閲覧の際には、予めご注意をお願いいたします。

おっさんが作って遊ぶニンテンドーラボ Part1 バラエティキット編

おはこんばんちは。

研修の疲れからか、あまりゲームができていない日々でしたが、ついに発売されましたということで、ニンテンドーラボです。
普段こういった工作は全くやりませんが、せっかくなので2つとも買いました。

箱はかなり大きいです。

今回はバラエティキットのみ遊んでいきます。
それでは、早速開封。

ダンボール紙が大体30枚ほどと輪ゴム等の付属パーツ、そしてソフトが入っています。

では早速作ってみます。

まずは練習でジョイコンケースから。

多分ニンテンドーラボで一番アピールしてくるところが、最初にしっかりと折り目をつけるところでしょうね。

これは練習なので本当に簡単に作ることができます。

左から作っていこうと思うので、次はリモコンカー。

色が付いているパーツを切り取りながら説明を見て進めていきます。

オート再生はできないようですが、ちょっと説明が遅いと感じた時は進むのボタンを右側に引っ張ってあげると早送りができるので、もうわかってるって部分は早送りしています。
誰でも作れるようにかなりしっかりと説明されているなと感じました。

リモコンカー完成。

多分そこまで時間は掛かっていないと思いますが、作るのが面白くてどれぐらいか確認してませんでした。
リモコンカーを動かすためのアンテナもあります。

実際のものがこんな感じ。

少しグラグラするので大丈夫かな?と思いましたが、これが進む秘密らしいです。

まだ分かるには至ってませんが、遊んで理解していけたらと思います。

次はこれ。

バラエティキットで一番遊んでみたかった釣りです。
ここからは付属品も使用して、Toy-conを作っていきます。

まずは竿が完成。

正直ダンボールでここまでのことができることに驚いています。

続いてはリール。

リールもただ回すではなく、実際に釣りをやっているような音をダンボールで鳴らすことができるので、かなり凝っていますね。

最後は海。

ニンテンドーラボは海まで作れてしまうようで…。

これで釣りの完成です。

実際に遊んでみましたが、意外と本格的です。

動かしたりしないとすぐに糸が切れてしまって、終わりです。

今回作ったのはここまで。
後3種類ほど作れるものがあるので、こちらについてはこの後からまったり作っていきたいと思います。

ちなみに、作るの超楽しいですが、これだけのものを考えるのも凄い…。

それでは、また。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする