バイオハザード RE:2 地獄からの生還を目指す レオン編

2019年6月14日バイオハザード RE:2

おはこんばんちは。

1月25日発売と思っていたゲームが実は1月31日発売と、普段あまりしないような勘違いをしていたので、急遽バイオハザード RE:2を買ってきました。
体験会や1-Shot Demoでもプレイした感じ、結構面白かったしね。

オリジナルであるPS版のバイオハザード2は未プレイなので、リメイク含めて完全な初見プレイです。
私はバイオ5から入って、4や6やリベといった、割とバイオでもガンガン撃っていける作品ばかりだったので、楽しみですね。

ちなみに、Z版なのでところどころ閲覧注意。

クレア編

プレイ日記

最初だし、ということでスタンダードでスタート。
ハンバーガーを食べてるおっさんが登場。

ちなみに、最初ハンバーガーに見えず、ゾンビの頭とか思ってました。
ハンバーガーを食べたり、ラジオを聴きながら運転しているのは良いのですが、脇見運転をしていると、女性を轢いてしまいました。

そして、その女性はゾンビで…といった展開ですね。

ガソリンスタンドから警察署まで

レオンはというと、ガソスタに。
しかし中で何かが起こっている様子。
入ってみると、警官が抵抗している様子ですが、最後はゾンビの餌食に…。

店を出て、クレアと合流し、このまま警察署へ。
正直警察がどっち方面なのか分からず、ゾンビに捕まってしまいましたね。

警察署から地下へ

ダメージを受けつつも警察署に入ると、これは体験でプレイした場所。

なので、あっさりと行きたいところですが、これはすぐ終わらない地獄なので探索をしてアイテムを集めながら進めていきます。
負傷しながらでもマービンが助けてくれました。

マービンからコンバットナイフをもらったところで、単独行動開始。
廊下に出たところで血まみれになって倒れている警察官を発見。

早速見てみますが、こりゃZですわぁ…。
少なくとも体験版ではここまでではなかったと思う。

鍵をゲット進めてるとマービンから連絡が。
その内容を聞きに戻り、今度は警察署に行く途中ではぐれたクレアと合流します。

その途中では安定のカプコン製のヘリを見ることができます。
相変わらず墜落していますね。

結局、クレアとは鍵が無くて合流できなかったので、早々死んだ警察が持っていたメモを見ながらメダルの回収をやっていきます。
途中チェーンカッターをゲットして、チェーンを切ったり、信管をゲットして、最後のメダルがところに設置してあるC4爆弾を爆破して、メダルを全部入手。

これをエントランスにあった女神像にコインを嵌めることによって、地下への道が開きました。
負傷したマービンはもう間に合わないとのこと…。
残念ですが、置いていくことに。

地下から駐車場到着

地下を進んでいくと、現れたのはG第1形態。
これは体験の時にクレアでやったところですね。

一度プレイしていたこともあって、割と余裕の撃破。
転落していきましたが、これは生きているフラグと思いながらも先に。

地下には駐車場があるので、ここから出ようと思っていたけれども、カードが必要になる様子。
そんな時にゾンビ犬に襲われそうになったところを、エイダが助けてくれました。

どうやらFBIのようですが…。

今後は彼女と共闘(?)のような感じで進めていきます。

留置所から駐車場のカードキーゲット

留置所に行ってみると、珍しく普通の人間が囚われています。

何やらアイアンズ署長の不正を暴こうとして入れられているようですが、駐車場のカードも持っていることで、レオンと取引して留置所から出ようとします。
しかし、レオンも新人らしく、まずは署長と話すと警察としての仕事を全うしていますね。

ただ、そんな時に誰かがやってきたようで、警戒していると、壁から手が出てきました。

そして、あっさり死亡。

ここからは牢屋の扉を開けるため、電子部品を求めて変電室へ。
これで終わったと思ったら、メモには次のページが有り、もう1つあったことを知ります。

そのもう一つは時計台にあるらしく、場所を確認したら警察署3階。
ということで、またまた戻ることになります。

エントランスに戻ると、残念ながらゾンビ化したマービンの姿が。
殺したくはなかったですが、邪魔だったので、ショットガンで殺っておきました。

新たに鍵をゲットしたり、序盤で墜落した飛行機の火を消して、ようやく道を通れるようになったので、進める場所が増えていくことに嬉しさを感じていたところ…。

なんだこいつは…。

ということで、タイラントです。
レオンを追ってくるので、ひたすら逃げます。
逃げながら電子部品を探していきますが、追跡が怖すぎて部屋から出られない…。

それでも何分掛かったか分かりませんが、何とか3階への道を見つけて時計台に到着。
そして、電子部品をゲットしたので、謎解き。

これで駐車場のカードキーをゲット。
ようやく出られると思ったら、タイラントに捕まります。

そんな時にエイダがまたまた助けてくれたので、ここからは彼女と共に行動。
エイダはアネットを追っているらしい。

ガンショップからレオンパート一旦終わりまで

ガンショップで父とゾンビ化した娘に会い、そのまま下水道へ。

下水道ではワニに襲われましたが、何とか倒します。
1回やられましたが。

そして、アネットを見つけたものの、銃を持っており、レオンがエイダをかばって負傷。
そのため、ここからはエイダを操作していくことになります。

エイダパート

格好がエロすぎるなんて思いながらも、機器をハッキングして先に進めていきます。

途中、タイラントの襲撃にもあったりと死亡シーンが何度もありましたが、何とかゴミ焼却施設まで到着。
しかし、最後はアネットによってゴミ処理場に落とされてしまい、エイダも負傷。

再びレオンパートからケーブルカーに乗るまで

といったところで、レオンにバトンタッチ。
下水道では厄介な敵が多くいますが、何とか回避しつつ、チェスの駒を使った謎解きをクリアして、エイダの元へ。
そんな時に現れたのがG第二形態。

やはり生きていたということで、今度はクレーンで積荷を操作して倒しますが、うっかり巻き込まれ死亡とかもありましたね…。

NEST到着からG-ウィルス入手まで

エイダを救出した後は、G-ウィルスがあるNESTへ。
ケーブルカーに乗っていきます。

まずはイーストエリアで薬液を散布して枯らすところから。
しかし、謎の記号によって管理されているようで、かすれて読み取れん…。

ということで、何とかこの記号を特定するべく、色々と探索。
途中リッカーにビビったりしたけれども、何とか記号を特定して、薬液を作り、草を枯らすことができました。

しかし同じ草でも敵まで殲滅というわけではないようでしたが、これでG-ウィルスがあるウェストエリアに行けるようになりました。
ウェストエリアでは、特にセキュリティ機能が働いているとかもなく、あっさりとG-ウィルスを入手。

出ようとしたところ…。

またまたGですか…と思ってたところ、アネットもやってきて、Gに向けて榴散弾を撃ちます。

これによって、Gは倒れたように見られましたが、結局まだ生きていました。
やっぱりか…と思いながらも、G第三形態戦です。

基本は目を狙っていくことのようなので、ひたすら目を狙って撃破。
これでようやく終わったようですが、アネットからエイダの正体について知ることに。

それを確認するレオンですが、エイダはFBIではなかったらしい。

そんな時に、アネットによって撃たれ、最後は転落するエイダ。

最終決戦

1人レオンは脱出しますが、最後にやってきたのはタイラント。
今までレオンは逃げるのみでしたが、ようやく戦えます。

ある一定のダメージを与えると、誰かがロケットランチャーを渡してきます。

それを使って、タイラント撃破。

最後は施設の爆発を見届けてエンディング。

これでクリアです。
クリア時間とか出ますが、これは割と掛かりましたね。

まぁ、追跡されるのが怖すぎて部屋から出られませんでしたからね…。

感想

今回レオン編クリアできたので、簡単に感想です。
まずは、今までプレイしたバイオの中でも一番難しく感じた。

初代バイオのリメイク(PS4)でプレイした時も割とサバイバル寄りではありましたが、今回はそれ以上かなと。
敵が固く通路も狭いので、うまく避けれないならばと撃っていては、限りある弾が減っていくことに。
そのため、弾に余裕が無いという不安が付きまといましたね。
それでも、進めていく内に避け方とかわかってきて、全体的にちょっとずつ慣れてきたきたかなと思ったところにタイラントの追跡。

Outlastほどの怖さがあるわけではありませんが、しばらく追われるというのは精神的にゴリゴリ削られる。
ちなみに、クリアタイムの内20-30分ぐらいは、ビビって引きこもっていたといってもいいぐらいです。

結局最後まで弾に余裕を持つことはできずに、最後まで通してプレイしましたが、もうちょっと弾を消費していたら詰んでたんじゃないかと思っているので、クリアできてよかったです。
地獄から生還したような気分でした。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ