バイオハザード RE:2 地獄からの生還を目指す クレア編

2019年6月25日 21:33バイオハザード RE:2

おはこんばんちは。

今回もバイオハザード RE:2です。
Z版なのでところどころ閲覧注意。

レオン編

プレイ日記

難易度はSTANDARDでスタート。

最初から地下へ到着

クレア編も流れとしてはレオン編と同じでしたね。
そのため、こちらでは違う点を主に触れていこうと思います。
まずは警察署に入るまでのところは同じでしたね。

立ち位置が違うだけで、レオンがしゃがむように言って撃つところとも一緒でした。

警察署のところも一緒で、まずは3つのメダルをゲット。

シェリーとの出会いから地下駐車場まで

地下では体験でプレイした時と一緒ですが、ここで初めてシェリーと出会います。

この地獄に置いて、天使と言ってもいいかもしれない。
そしてG第一形態戦。
さすがに体験会とレオン編でプレイしていれば、大丈夫ということで、あっさり勝利。

シェリーが連れて行かれる

シェリーと共に地下の駐車場に行くと、警官と思われるおっさんがシェリーを連れ去っていきました。

ここからは駐車場のカードを手に入れるために、行動することになりますが、あいつが署長だったらしい。

前回のレオン編ですぐに死んだジャーナリストが、署長の不正を暴こうとしたと言っていましたが、本当にひどかったようです。
それだけにすぐに死んでしまったことが悔やまれる。
新人のレオンにとって署長の不正を知らなかったのは不幸だなと…。

署長室から駐車場のカードキー入手まで

さて、署長室のエレベーターを動かすにはダイヤの鍵が必要です。
場所はレオン編と同じなので、取りに行きますが、レオン編ではゾンビ犬がいたところに、リッカーが…。

もうふざけんなよ…と思いながら、リッカーを何体か倒しておきました。
クレアはレオンと違って、グレネードランチャーやマシンガンといった優秀な武器が手に入るのでありがたいです。

これでエレベーターを動かせるようになったので、電子機器を取りに行きますが、クレア編だと若干入れる部屋に違いがあるので、手順が異なってきます。
まずレオン編では入ることができなかった署長室ですが、クレア編の場合署長用のエレベーターが使えるので、それで署長室から入ります。
逆にクレア編では留置所には入れませんね。

また、レオン編ではクローバーの鍵でしたが、クレア編ではハート型の鍵なので入る箇所も少し異なります。
とはいえ、入れる部屋の違いがあるだけで、アイテムの位置とかはほぼ一緒ですので、電子機器を取っていきます。

ちなみに、ゾンビ化したマービンですが、クレア編では焼き殺しておきました。

電子機器を2つ集めて、駐車場の鍵を取ろうとすると、アイアンズ署長より電話が掛かってきます。
そして、シェリーを操作することになります。

シェリーパート

シェリーの目的は孤児院からの脱出。

まずはパズルですが、めちゃくちゃ苦労した…。
意外と簡単だと思ったのに何か苦戦しました…。

そして、部屋から脱出し、まずは出るための鍵を見つけます。
途中で、起き上がってきたら怖いなと思いつつ、鍵の場所に到着。

鍵を奪って出ようとしますが、後もうちょっとのところでアイアンズに見つかってしまいます。
そんなアイアンズに硫酸(?)をぶっかけるシェリー。

それにブチ切れたアイアンズがシェリーに襲いかかってくるので、それを回避します。
まずはここでしゃがんでアイアンズから見つからないようにします。

そして、アイアンズが勝手に道を作り、戻ってきたところで移動。
今度は机の下に隠れます。

すると顔が焼けるからか、水で洗い流しに。
それどころじゃなかったのもあるんでしょうが、アイアンズは鍵をドアに挿しっぱなしにします。

これで施設から脱出と思いきや、鍵とは別にチェーンも掛けられていて、結局脱出できず…。
追い詰められていくシェリーですが、そんな時に助けてくれたのがGでした。

なぜ助けてくれたのかは分かりませんが、きっと何かあるんだろう。

再びクレアパートからタイラント死亡まで

時系列は30分前に戻り、クレアとアイアンズの会話から。
シェリーパートは終わってクレアパートに戻ってきました。

駐車場のカードキーをゲットしたので、早速開きますが、やってきましたタイラント。
流石に2回目となると、恐怖は薄れますが、それでも怖い。
そのまま外に逃げて、ガンショップルートと思いきや、クレア編ではガンショップには入れないようで…。
と思ったら、その横の扉をゾンビが開けてくれたので、そこから脱出。
扉の先までタイラントも追ってくることはありませんでした。

ここで、クレア編初のゾンビ犬が登場しますが、倒しつつ孤児院へ。
孤児院に行くと、まずはアイアンズ死亡。
これほど死んでスッキリしたやつはなかなか居ない。

孤児院から地下に入るとシェリーが居て、ようやく助けられたと思ったところに、タイラントが襲ってきます。
そして、エレベーターをこじ開けられ、これで終わりかと思ったところに、Gがやってきてタイラントを殺します。

その時にシェリーがパパと言っているので、助けてくれたGは元々お父さんであるウィリアムだった。
ウィリアムだというのも、アイアンズが死亡する直前にぼやいてましたしね。
どちらも父親としての意識があったためなんだろうなと思っているが、途中で正気を失ったためか、シェリー達にも襲いかかろうとしてエレベーターはそのまま落ちてしまいます。
ここでクレアたちは目覚めますが、先に目覚めていたシェリーが居なくなります。
捕まってしまうと言っていたあたり、Gがやってきていたのかな。

クレア1人の行動からシェリー救出まで

目覚めたときにはクレア1人で、ここから下水道探索となります。
ちなみに、アネットもここで登場。

探索自体は同じだし、G第二形態も一緒なので省きますが、シェリーを救出したところ、感染してしまっている様子。

それを治すために、クレアとシェリーはNESTへ。

NESTへ到着からG第三形態撃破まで

入手するのもG-ウィルスではなく、抗ウィルス剤ですが、研究所の手順はレオン編と一緒でしたね。
入力するのも一緒だったので、レオン編よりもあっさりと薬を作って、薬液散布からのウェストエリアに行って、抗ウィルス剤を入手。

そして、G第三形態になるわけですが、アネットがGにやられるのも一緒ですね。
ただ、クレアは抗ウィルス剤をシェリーに託し、自ら挑むのがレオン編と若干展開が違っています。

これで第三形態を倒して、終わり。
最後、アネットはやはり死んでしまいますが、シェリーと2人で脱出。
タイラントもGによって殺されているわけで、クレア編は実はレオン編よりも簡単なのかな?なんて思い始めていました。
しかし列車を動かそうとする際に、ミニガンがあって、やっぱりいるんだなと…。

最終決戦

そして出てきたのが、G第四形態です。

ここでは置いてあったミニガンをメインで戦っていって勝利。
後は脱出してクリアです。

クレア編はこんな感じ。

レオン編より1時間ほど縮めることができました。
まぁ、展開がちょっと違うとはいえ、実質2周目なので縮めれないとな…と思っていたので、クリアできてよかったです。

感想

クレア編もクリアできたので、簡単に感想でも。
先にも触れましたが、展開がちょっと違うだけで流れ自体は一緒なので、レオン編よりも慣れてきた感じが出たかなと思います。
タイラントの恐怖も薄れたので、タイムも1時間ほど縮めることができました。

クレアはレオンよりも武器が優秀なので、難易度的にはクレア<レオンですね。
レオンよりリッカーが多くて嫌だなとは思っていましたが、マシンガンやグレネードランチャーが使えるのはガチで大きい。
ハンドガンも拡張さえすれば実質マグナムと同じように使い分けできるので、ボス戦も比較的楽だったかなと思います。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ