バイオハザード RE:2 地獄からの生還を目指す クレア 2nd編

2019年6月25日バイオハザード RE:2

おはこんばんちは。

今回もバイオRE:2です。
Z版なのでところどころ閲覧注意。

今回はクレア 2ndを進めています。

クレア編

プレイ日記

クレアも同様にコスチュームを挑戦。
レオンはどっちでも良かったですが、クレアはこちらの方が好きかも。

レオンとクレアでは若干違いがあったりしますが、2ndの部分の流れはレオンと同じようですね。
ちゃんとS.T.A.R.S. オフィスの後に図書室方面に行こうとするとタイラントも出てきます。

その後の流れはクレア編と一緒になってしまうので、正直あまり書くことがないですね…。
ちなみに、最後のG第五形態も同じでしたね。

ということでエンディング。
ここも同じですね。

簡単にですが、クレア編の評価。
さすがに4回もやってると慣れてきたのもあったので、ようやくSランクが取れましたね。

感想

今回はクレアだけでなく、一通りストーリーが終わりました。
ということで、重複する部分もありますが、全体の感想でも書いていこうと思います。

難易度

今作はとにかく難しい。
ゾンビがいやらしいところにいたり、おまけに撃っても硬い。
倒して進むのが安全ですが、だからといって全員倒していたら弾が無くなってしまい、そのままボスで弾切れで詰んでしまうので、節約をしなければならない…。
となると、どこを倒してどこをスルーするかとか、なるべく避けることを覚えることになりますが、避けると言っても回避行動なんて便利なものはないので、上手く距離を保ったり、相手の動きを見て反対から抜けたり…といったことになりますね。
そして、常に弾数の不安が付きまといます。

STANDARDですらそう感じていますので、HARDCOREだとどうなってしまうんだと…。
セーブ回数制限、敵の強化と、もうクリアできる気がしません。

ちなみに、レオンよりクレアのほうがやっぱり楽だなと言う印象。
武器が充実してますからね。

タイラント

多分今作で一番イヤな要素。
あるタイミングからずっと追いかけられます。
銃を撃とうものなら、どこからともなくやってきます。
一応安地もあるのですが、それでも出たら居たなんてこともあったり…。

ただでさえ、弾の不安を抱えたりするのに、こいつで追い打ちを掛けるのは止めてくれ…。

ストーリー

2人の主人公をプレイできるのと、2ndでもう一方の視点でもできるのは良かったですね。
どちらも似たような展開になるのは、まぁ仕方ないのかなとは思います。

キャラクター

レオンとクレアだけでなく、それぞれで登場するエイダとシェリーも魅力的。
そして、タイラントはシワが怖い。

音楽

あまり意識して聞く余裕が無いんですが、タイラントがやってくるシーンとか音楽合ってるなと。
正直、音楽が聴けるぐらいの余裕は持ちたい。

まとめ

ある意味、嫌になるほどサバイバルホラーと言うジャンルに相応しい作品だなと…。
最高難度でも無い限り、バイオハザードが難しいゲームと言う印象はなかったのですが、今作は一気に変わりました。

本当に難しい作品で、正直STANDARDで満足してしまった感もありますが、HARDCOREもやってみようか考え中。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ