【バイオ レジスタンス】策略VS協力 Part単発+感想

おはこんばんちは。

今日時差出勤の関係で朝早かったのですが、出勤したら何故か私しかいなくて草。
間違えたのかと思いましたが、元々私1人しかいなかったらしい。
おかげで最初の時間はボケーッと過ごすことができました。

といったところで、今回はバイオハザード レジスタンスです。

前がたり

TGSでプレイしたプロジェクトレジスタンスが、RE3とセットになってバイオハザード レジスタンスとして登場。
簡単に言うとDead by Daylightのバイオバージョンなんですが、DbDの評価はブログ始めてからのクソゲーNo.1です。
これは今も変わりありません。

ちなみにTGSでプレイした時も楽しくないんですが、それでもRE3についてきたのでついでにやってみようと思いプレイしてみました。

プレイ動画

プレイ日記

それではプレイしていきましょう。
最初はチュートリアル。

マスターマインド側もサバイバー側もチュートリアルで基本的な操作が学べます。

チュートリアルが終わったあとはクイックマッチ。
マスターマインドとサバイバーのどっちになるかわかりませんが、マッチングした結果はサバイバーばかりですね。
マスターマインド1人に対して、サバイバーは4人なので人数的にはこっちのほうがマッチングしやすいのかもしれない。

で、やってみましたが、何回やっても何回やっても勝てませんね。
プロジェクトレジスタンスの時ではマスターマインド側が有利になってしまっていたので、もしかしたらまだ有利不利があるのかもしれないと思ったりもしたんですが、どう考えても動きの問題でしたね。
結局初日は勝てず。

そして2日目。
最初は勝てなかったのですが、途中かなりいい感じの展開に。

今までこれは余裕なのかな?と思っていて駄目だったことばかりでしたが、これは今まで以上に余裕だったのでもしかしたら…と思っていたところ、脱出できました。

初めての脱出だったので嬉しかったですね。
今までのプレイヤーと比べても周りの人もすごく協力的で、やっぱり協力って大事なんだなと思わされました。

そしてここから脱出できることが続きました。
2回目はマスターマインド側の切断。
めちゃくちゃ重くてウイリアムが瞬間移動してきたりと非常に困っていたので、本当に助かった。

そして3回目。
残り数秒でしたが、みんなで脱出。

3回連続脱出できたので気持ちよくなって、そのまま終了。

感想

ここまでプレイしての感想です。
クイックマッチだとマスターマインドを1回もプレイできなかったので、サバイバーのみの感想です。
ちなみに女性キャラクターしか使っていません。

まず、一つの場所に集まったり皆で分担してキーアイテムを見つけたりと、DbDより協力要素が強いなという印象を持ちました。
協力要素が強いとなると、その手のゲームが嫌いな自分にとってはクソゲーになりそうな感じですが、思っていたよりは楽しめました。

マスターマインドはサバイバーを脱出させないようにいろいろな手を駆使してきますが、それを乗り越えて脱出するにはどうすればいいのかというのを考えるのが楽しい。
その結果失敗したらとても残念ですが、成功した時の喜びはとても大きいですね。
仲間には固有のスキルがあるので、自分が選んだキャラクターが仲間に対してどんな役割を持てるかをしっかり把握し行動を起こしていかないと駄目なのかなと思いました。

正直なところDbDより面白さを感じておりますし、ここまでは楽しかったんだろうなと言う感じに書きましたが、やっぱりこの手のゲームは好きになれません…。
仲間同士協力して行くゲームなのに、キーアイテムを集めて皆入り口に集まっているのに一向に来ない奴がいるみたいなことがあると非常に嫌なんですよ。
本人は真剣にやっているのかもしれませんが、こちらからしたら荒らしているようにしか見えないんでね。

プレイ中に何回「こいつさっさと来いよ」とか「何タラタラしてるんだよ、お前よぉ!」といった暴言を何回吐いたか分かりません。
あと、ウイリアムやらタイラントに立ち向かって私以外全員瀕死なんて状態を見るとあほくさとも思えますね。
「退くことを覚えろカス」とかも結構言ってたな。

ということで、ゲームとしては思っていたより楽しいですが、人と絡むストレスの方が大きいのでもうプレイすることはありません。
もう売ったんでね。

脱出できたときのような協力的な人が揃ってくれたらいいんですけどね、

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました