【バイオ ヴィレッジ】こんなヴィレッジは嫌だ Part4

おはこんばんちは。

一昨日より研修が始まりましたが、情報量が多くて着いていくのに必死です。
座学+朝が苦手で寝落ちとも戦いつつ、頑張っていきたい。

さて、今回はバイオハザード ヴィレッジです。

前回のバイオハザード ヴィレッジ

プレイ動画

バイオハザード ヴィレッジ Part4

プレイ日記

前回ドミトレスク城から脱出したので、そのまま正面の洞窟へ。
魚がいたのでてきとーにナイフを振ってたら倒せてしまいました。
何かに使えるっぽいので取っておこうと思いつつ、先に進んでみると、例のおばあさんを発見。

何やらローズは手遅れになりかけているとか何言ってるんだ状態ですが、どうやらこの家紋を探すことが今後に繋がっていくらしい。

ここでまたおばあさんは居なくなり、双翼の鍵を入手。
ここからは村へと繋がる道を歩きつつ、途中気になる祭壇を横切り、ライカンを倒して似たような祭壇っぽいところに到着。

そこに居たのはデュークでした。

デュークは何やら色々と知っている様子ですが、まずはイーサンが手に入れた謎の入れ物。
それがローズの頭ということが分かります。
どうやらローズは特別な力を持っており死んではいないようですが、現状切断されているような状態のようですね。

まだなにかを知っているようですが、より詳しい話をしてくれるためにもまずは赤い煙突の家を目指します。
途中大量に出てくるライカンを何とか退けつつ、最後は鍵を組み合わせて双翼の鍵を入手できました。

またデュークのもとに戻り、話を聞きますが、まずはローズが入った瓶を取り返すことになりました。
四貴族と対峙することになりそうですが、1つはドミトレスクから手に入れましたので、後は3つ。
そのうちの2人の場所が明らかになりました。

では出発の前に先程入手した魚で調理できるようだったので、ステータスアップ。
これはありがたい。

早速出発ですが、雰囲気が怖い。
そんなところに現れたのがミアです。

彼女は死んでいるはずなので一体どうなっているのかという感じですが、彼女についていくと見えてきたのは屋敷です。
その前に墓らしきのもありましたが、それは一旦スルー。
四貴族の1人であるベネヴィエントのところへ到着。

ここでは突如として武器がなくなり、謎解きメイン。
何やらミアの秘密が分かりそうなところですが、正直雰囲気が結構怖かったですね。
正面にはミアと思わしき人形があるので、人形を調べたり周辺を調べたり探索していく流れになります。
で、探索も終盤に入りもう少しだなぁと思ったところで、赤ん坊のクリーチャーが登場。
ローズをイメージしたものなのか知りませんが正直やべぇ。

追い詰められた時にベッドの下に隠れることで回避もできますが、それでも怖い。

最終的には赤ん坊から逃げることにはなりますが、今の所1番ビビってましたね。

これで終わり…というわけではなく、ここからは戦闘パート。
べネヴィエントと対峙することになりますが、通常の戦闘とは違いベネヴィエントが使う人形のアンジーを探すというもの。
こういうとすごい簡単そうな感じですが、実際にはかなりきつかった。
周りの雰囲気もそうですが、時間制限もあるため、かなり焦る。

しかもそれを3回繰り返します。

雰囲気だけじゃなく、人形に対してガチでナイフを突き刺すイーサンも怖い。
このままベネヴィエントは死亡。
ちなみにベネヴィエント自体は肖像画がありますが、めちゃくちゃ美人さんでしたね。
ドミトレスクとは大違い。

鍵も更に組み合わされたことで、次回新たに探索できる場所ができましたね。
また、ローズの両足も入手できました。

途中探索も挟みつつ、このままデュークのもとに戻って今回はここまで。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました