【カスタムロボV2】走ったり避けたり撃ちまくったり 旅立ち編+感想

おはこんばんちは。

早いもので連休が終わってしまいました。
今思えば、1日中家に居た休みはかなり久しぶりでした。

さて、今回はカスタムロボV2をやっていきます。

プレイ動画

プレイ日記

カスタムロボの夢を見て、ベッドから転げ落ちたところで冒険スタート。

懸賞で当たったレイⅡを持って、早速ステーションへ。
そこにやってきたゲンタとタイヘイ。
V2ではこの2人が主人公に付き添ってカスタムロボについて教えてくれます。

そして早くも主人公宅にも馴染んでいます。

初代同様、才能がある主人公はロボ博士にも見いだされたり、元々闇バトルが行われていた工場に行ったりと少しずつ力をつけて大会に。
大会ではタクマ塾の人たちも参加していますが、そんな中でも順調に勝ち上がっていく主人公。
しかし決勝戦では相手が対戦を放棄。

そのまま不戦勝として優勝。
勝負すらしてもらえなかったのが面白くないということで、タクマ塾に乗り込みますが、病気が治ってお転婆になってしまったユリエ登場。

結局タクマ塾には乗り込めず、そのままロボ博士のところに居たレイフォール馬鹿のジロウにお願いし、推薦してもらうことに。
最初は主人公だけと思いましたが、ゲンタとタイヘイもタクマ塾に入塾し、訓練を受けていきます。
途中、ウィルソンを持ってきていなかった発言も聞けて、ちょっと満足。
訓練をこなした後は特別に卒業試験が行われ、タクマ塾卒業生に贈られるVコマンダーの称号も得ることができました。

といったところで、次の大会へ。
どうやらタクマ塾にいる間に受付は終わってしまったようですが、条件付きで参加が認められることに。
しかし条件クリアのための対戦相手が見つからず、他の方法にてクリア。
今回は不戦勝などもなく、ちゃんとした優勝もすることができました。

平和的な部分はここで終了し、タイヘイが何者かに操られた状態に…。
それを助けると何やら謎の二人組が登場。

そしてタイヘイのロボには催眠チップが組み込まれていたことがわかりました。
タイヘイはタクマ塾の方に向かっていたということで、タクマ塾へ…。
もちろんリーダーはそんなことは知らないようですが、タクマ塾でも催眠状態になる塾生が出ていたために、ようやく真の黒幕がわかりました。

しかし、そんな悪の組織にツルギは強さを求めて自ら加入。
あとは先に潜入していたユリエを追って、主人公たちもゴライアスのアジトを発見。

そこで四天王と型押して、最後のジェイムスンは1負けしたけど撃破。
捕まったと思っていたナナセは演技で、実はゴライアス総帥の一人娘ということで、最後にナナセとバトル。

これに勝利してエンディング。

初代のようにグレートロボカップ本戦をクリアして〜という感じではないですが、あくまでもこちらは旅立ち編。
序章に過ぎませんということで、真の戦いは激闘編に続きます。

旅立ち編の感想を簡単に

サクサクとプレイ日記として書き進めましたが、クリアしたので簡単に感想でも。
やっぱり初代から比べると進化を感じられる作品でした。
ストーリーはシンプルながら割としっかりしているし、プレイしていて楽しかったなぁ。

それでは、また。

コメント