Detroit:Become Human 人とアンドロイドと私の物語 Part3

2019年10月13日 17:07Detroit: Become Human

おはこんばんちは。

引き続きDetroit:Become Humanですが、1周目が終わりましたということで一旦更新。

前回のDetroit:Become Human

プレイ動画

プレイ日記

カムスキー

ハンクと一緒にサイバーライフ創設者のカムスキーのところへ。
カムスキーはすでに退職済みですが、変異体について何かが得られないかといったところですね。

そんな2人を迎えるのがタイトルでも出てくるこのアンドロイド。

ここでコナーはかなり究極な選択を迫られます。

実際に撃っていたらどうなっていたのか気になるところですね。

自由への行進

マーカスがそこらにいるアンドロイドを変異させ、行進の列に加えていきます。

しかし、それを止めに入るSWAT。
平和的なので抵抗はしませんが、デモを止めないことによりSWAT側から発泡され、最後はマーカスが自ら犠牲に…。

最後の切り札

これまでハンクとともに捜査をしてきたコナーですが、FBIに引き継がれ、捜査は打ち切り。
そんな中諦められないコナーが証拠を見つけ、1人ジェリコを探すというもの。

今回は"エデンクラブ"で破壊した2人の女性アンドロイドからヒントを得ることができました。
また、最後に襲ってきたギャビンにも勝利。

交わる運命

ここからはついにコナー、カーラ、マーカスの3人の運命が交わります。
が、マーカスはすでに死亡しているので、2周目以降になりますが…。

それぞれが目指すのはジェリコ。

新リーダーがノースになり、ここで最初はコナーは敵対となりますが、ここで仲間になる選択をしました。
ここで人がジェリコを襲撃。

カーラ側は途中でルーサーが撃たれ、ルーサーは安全なところに置いていくことに。
このままカーラとアリス2人で逃げられるのかと思ったら、最後はふたりとも撃たれ死亡。

ちなみに、アリスもアンドロイドだったということが、正直びっくりでした。

なお、コナーはノースとともに逃げ切ることに成功。

魂の夜

ここではコナーがサイバーライフに侵入して、アンドロイドを味方につけるというもの。
そして、ノースは襲撃を決意しました。

運命の分かれ道

ここは同じキャラクターでもフローチャートが分岐する様子。
ここでアンドロイド達は目覚め、人間には勝利するものの、ノースは最終的には撃たれて死亡。

肝心のコナーも最後は異常が発生。
コナーと時折会話していたアマンダもこれを予測していた様子ですが、その意志に逆らうように自害…。

これで1周目は終わりです。

感想

TGSでプレイしたときから感じていましたが、やはり面白い作品でした。
全員生存できなかったのは残念ですが、これはこれでありなのかなと思います。

グラフィックがすごい綺麗で、ここまで頑張らなくてもいいよと思えるレベル。
作り込みが細かいし、ここからこんな分岐があるのかと思うほど様々な展開があるので、全部のルートを進むのは大変そうですが、どれも見てみたいと思えました。
また、人とアンドロイドについて、色々と考えさせられる深い作品でした。

もちろん、ここまで面白いゲームを1周目ではい終わりと終了するつもりはありませんので、2周目以降もやっていきます。

今回は割と平和的なものを選んだつもりですが、次回は暴力的なのも交えていこうかなと。
できれば、今回とは違う新しい物語を作れたらと思います。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ