発見! 古代エジプト-7つのひみつと最新エジプト研究-を見てきた@大阪府立弥生文化博物館

おはこんばんちは。

すでに日付が変わって昨日21時頃、3泊4日の旅行を終えて北海道に帰ってきました。
正直、かなり疲れてしまったので、まとめに関しては明日に回したいと思います。

今日は最終日もとあるゲームに関連することに触れてきたので、そのことを書いていきます。

大阪府立弥生文化博物館へ

今回ですが、阪和線信太山駅から徒歩10分ぐらいのところにある大阪府立弥生文化博物館に行ってきました。
目的はタイトルにもあるとおりですが、特別展で発見! 古代エジプトをやっており、これがアサシンクリード オリジンズと関係しているということもあって、興味を持っていました。

ちなみに、ただ関係しているわけではなく、この特別展の協賛にユービーアイソフトが関わっているからというのもあります。

観覧

信太山駅にはロッカーがないので、キャリーケースを預けられなかったのですが、博物館側で預かってもらいました。
こちらから頼んだわけではないのですが、親切に対応してくださり、うれしかったですね。

さて、早速観覧開始です。

ちなみにフラッシュなど無しであれば、写真撮影はOKとのことでしたが、NGのものもありましたので、それは避けています。

古代エジプトについてはパネルと展示物、それに解説がある感じでぐるぐると回ってみてたところ、アサシンクリード オリジンズの要素がちょっと見つかりました。

というのも、ここではディスカバリーツアーの体験もすることができるようになっています。
ちなみに、12月16日までです。

またアサシンクリードの歴史についても触れられています。
アサシンクリードクロニクルのデータも欲しかったなぁとちょっと思ったりもしましたが、今だとオリジンズの前にオデッセイが追加されますね。

あとは色々と撮影。

えじぷトリビアなんてのもあったので、ダジャレかよと思いながらも面白そうなものをいくつか撮影。
へぇ~をもらいすぎて、はみ出しちゃってますね。

それだけ多くの人がこの特別展に訪れたということなんでしょう。

最後にこれも撮影。

発見! 古代エジプト-7つのひみつと最新エジプト研究-については、これで終わりです。

感想

アサシンクリード オリジンズのおかげで古代エジプトに少し興味を持ったので、今回の機会に訪れることができてよかったと思います。
ただ、飛行機の時間が迫っていたこともあり、実際に閲覧したのは20分程度。
弥生文化博物館という名前の通り、弥生時代の展示をしている博物館なので、せっかく来たんだからもっと色んなものを見たいと思ってしまって、中途半端になってしまいました。

こういった体験は少なくとも現在の札幌ではできないので、この機会に見れたのは本当に楽しかったです。
無料の資料ももらいましたし、1階には沢山の本もあって、歴史の勉強をするにはうってつけかもと思ったり。

ちなみに、平日の昼間のせいか、観覧者は10人も居なかったんじゃないかな…と思います。
ディスカバリーツアーをやっている人も誰もいませんでしたしね…。

もうすぐ弥生文化博物館の特別展は終わってしまいますが、札幌でも古代エジプト展みたいなことやらないかなぁ…。

それでは、また。

コメント