龍が如くシリーズ 聖地巡礼 道頓堀&尾道

2019年6月15日ゲーム以外の雑記

おはこんばんちは。

今回も広島県からの更新。
日付が変わって昨日の話になりますが、龍が如く6の聖地巡礼をメインにやってきました。
ただ、11月25日にも龍が如く2とかでも舞台になっている道頓堀にも行ったので、その事について触れていきます。

道頓堀編

ゲームの映像がないので、現地の画像だけですが、載せていきます。

かに道楽

づぼらや

金龍ラーメン

本当はここで食べたかったのですが、行列が凄い。
限られた時間のため、今回は諦めましたが、写真を1枚。

道頓堀くくる 本店

コナモンミュージアム店もあるのですが、確か龍が如くでお店として出ていたのは本店だったと思います。
ということで、本店へ。

ここもすごい行列ですが、店内で食べる人とテイクアウトの人で分かれているので、私はテイクアウトにしました。

それではいただきます。

たこ焼きは正直店で買うことはないので、北海道で食べたとき(食べるとしたら銀だこぐらいだが)とどう違うかとかは分かりませんが、めちゃくちゃトロっとしているし、タコもなかなか食べごたえがあった感じがしました。

私の後ろに並んでいた奴が、「大阪のたこ焼きは無駄に高いだけ、味はそう変わらない」みたいなイチャモンを付けていたのに、くくるのたこ焼きを買って美味い美味いと食べていたのがある意味印象的でした。

感想

時間が来たので、道頓堀編はここまで。
実は元々予定になくて、そういえば道頓堀も龍が如くシリーズの巡礼になるな?と急遽思いついての道頓堀でした。
1時間ほどだったと思いますが、濃い時間を過ごすことができました。

日曜日だったので仕方ないのですが、人がめちゃくちゃ多くて疲れましたね。
今度大阪に行く時はもう少し色々回れたらなと思います。
あと、できれば平日のほうが良いかも。

尾道編

さて、龍が如く6より尾道編です。
聖地巡礼にあたり、公式サイトを参考にしました。
こういったマップは龍が如くの他作品ではないようなのでほしいですね。

PDFの印刷もできるので、印刷して聖地巡礼に望みました。

こちらはゲームのスクショも入れてみました。

おやつとやまねこ

残念ながら、定休日でした。

しかし通販でも買えるようで…。
これは新たな選択肢が増えましたな。

しかし広島から北海道なので、送料がヤヴァい…。

尾道商店街

尾道商店街センター街

ゲームだとこんな感じ。

千光寺山ロープウェイ前

再現度やばいな…。
なお、ゲームだとタクシーに乗れますが、現実だと無理ですね…。

ちなみに千光寺山展望台にはロープウェイに乗ってみました。
高所恐怖症なので、ちょっとビビっていたのですが、いざ動いてみるとそんなことはなく…。
お姉さんのガイドを聞きながら、3分ほどで展望台に到着しました。

千光寺山展望台

展望台からの景色も撮ってみた。

海の向こうに見えるのが、向島。
最終的には四国の今治あたりまで繋がっているので、いつか行ってみたいですね…。
村上水軍に関する博物館もあるようですし。

ちなみにゲームだとこんな感じ。
尾道だけでなく、向島も再現度バッチリですね。

お昼休憩と若干自虐

ここで11時ぐらいでしたが、一旦休憩。
展望台にあるグリル展望での昼食。

尾道丼と呼ばれる揚げイカと牡蠣フライの丼ものですだったかな。
べらぼうに美味いというわけではありませんが、イカと牡蠣にレモンの酸味と尾道ならではの贅沢って感じでしたね。

食事後はサービスで八朔ミカンのアイスもいただきました。

腹7分目ぐらいにチャージしたところで、探索開始。
一人旅で、普段そんな相手も居ないのになぜか撮ってみた。

句碑

ゲーム中であまりいい思い出がない句碑ですが、撮影。

千光寺

千光寺は縁結びのお寺なんでしょうかね。
正直、私には今後も全くもって無縁でしかないのですが、巡礼地ということで、しっかりと撮影。

無縁とか言っておきながら、おみくじも引いてたり…。
ちなみに吉でした。

千光寺はゲームだとこんな感じ。

歓楽街の三叉路

スナック清美がある通り

これ、スナック清美の位置的にもう少し後ろから撮るべきでしたね。

ゲームだとこんな感じ。

米徳

残念ながら定休日。

モレノ前

広瀬一家の経営するところですね。

ゲームだとこんな感じ。

フェリー乗り場

向島に行くフェリーは沢山ありますが、龍が如く6で登場しているのはここ。

陸橋と線路

本当は最初の方で訪れていたのですが、とある目的があって再度やってきました。
別に鉄道オタクではないんですが、山陽本線の黄色い車両が印象的だったので、少し待っていました。

感想

とりあえず回りたいところは回ったと思いますが、ガイドにあった細い坂道は撮っていませんでしたね。
完全に見落としですが、歩いていたので良いかなと今では思っています。
あと、サイトではなくPDFで確認していたのもあって、その他の部分は見ていませんでした。
モレノに関しては見た瞬間気付きましたが、他は見つけられなかったなぁ。

せっかくの尾道市ですので、最後は尾道ラーメンで締め。

そこまで居た時間は長くはなかったと思いますが、とにかく疲れましたね。
染谷が田舎は坂道が多くて疲れるみたいなことを言ってましたが、本当だよっていう…。
でも、食べ物は美味しいし、空気も気持ちよく、歩いていて楽しかったです。
そして、海の向こうには島が見えて、あの先にも今後行ってみたいなぁと思えましたね。

龍が如く6はシナリオに関しては正直うーん…と思うところが多いです。
ただ、街の再現度に関してはやはり凄いの一言です。
ゲームに限らず聖地巡礼をすると、どうしてもこの場面ってこのあたりかな?と思うことも多いのですが、龍が如くはすんなりこれはここだなって分かるんですよね。
それで思った以上に早く回れたというのもあります。

旅行ではないですけど、龍が如くって観光向けにもなりそうなソフトなんですよね。
今後新しい土地が出てくるかは分かりませんが、龍が如くやその関連シリーズを通じて、色んな街を巡ってみたいなと思います。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ