リアル脱出ゲーム×Pokemon the Movie 20「ホウオウの試練からの脱出」の感想

2019年6月15日 23:15ゲーム以外の雑記

おはこんばんちは。

札幌では8月4日から開催されている、リアル脱出ゲーム×Pokemon the Movie 20「ホウオウの試練からの脱出」に参加してきました。

ネタバレはもちろん禁止なので、どんな謎解きだったかを書くことはしませんが、OKを頂いている写真を使って感想や雰囲気でも書いていけたらと思います。

遊び方

今回の脱出ゲームは「博士コース」と「トレーナーコース」の2種類を選択できるようになっていて、トレーナーコースが初心者向け、博士コースが上級者向けとなっています。
私は脱出ゲーム自体よく知らないレベルの初心者なのですが、博士コースを選んでみることに…。

コースを選んだ後はパートナーポケモンを選びます。
パートナーはヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネから選び、こんなバインダーをもらえます。

これで街に出ていき、冒険開始です。

初めて脱出ゲームを体験して

想定時間は180分のようですが、それよりも大幅に掛かって240分でした。正直かなり難しかったです。
また、その日の札幌はかなり暑かったので、飲み物は必須ですね。
出発前に飲んできましたが、途中コンビニで水分補給していました。

この脱出ゲームですが、ものすごくよくできているなと思いました。
段々と難しくなってきて、やりごたえが増す分、解いた時の達成感が半端ないです。
またどうしても分からないという時はヒントを使うこともできますが、このヒントも見ればわかるというものでもなく、あれば助けになるかもぐらいのもので、本当に絶妙な調整でした。

ちなみに途中で躓いてしまい、ヒントを使って何とかクリアしましたが、ヒントを使って解いた時も(゚Д゚)ハァ?って感じにモヤッとすることはなく、ものすごくスッキリします。
何度でも言いますが、本当によくできているんです。

私自身、この考えには至らなかったという部分が多々あり、いかに自分の考えてる視野が狭いかがはっきりとわかりました。

もっとシカクいアタマをマルくしたいですね。
髪型は丸いですが。

今回長丁場にはなりましたが、脱出ゲームというものに初めて触れてみて、ものすごく楽しいものだなと感じました。

結果、そして終了後

ちなみに、クリアした後には結果があるのですが、この結果でした。

4ランクの内の2番目ですね。
実は最初4番目のものを渡されて、あれ?と思ったので聞いてみたら間違いだったとのことでした。

疑問に思ったら聞いて見るものですね。

最後に、記念として物販でも購入。

数量限定だと思われますが、専用の袋も貰えます。

そして、帰宅前に疲れを癒やすラーメン。

あっさりしていて美味しいですが、予想以上の量でした。

今回、ポケモンが題材で無ければおそらく触れることはなかったであろう、脱出ゲームに触れられて本当に貴重な体験ができました。
素晴らしいの一言です。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ