【ELDEN RING】ネットワークテスト 11月15日の部+感想

おはこんばんちは。

2ヶ月以上前に買ったジグソーパズルが未だに作成途中で放置している件。
全く手を付けていないのでいずれ終わらせないとなぁと思いつつ、いつやろうか考え中。

さて、今回もELDEN RING ネットワークテストです。

前回のエルデンリング ネットワークテスト

【ELDEN RING】ネットワークテスト 11月14日の部
ELDEN RING ネットワークテスト 11月14日の部のプレイ日記です。

プレイ日記

前回の疲れからか12時スタートのところ、5分ほど遅れましたが、最終日のスタートです。
今回は、前回までで倒しきれなかったボスを倒していきます。
といっても残っているのは飛竜アギールと猟犬騎士ダリウィルの2体。

アギールは霊馬に乗って戦っていくのが楽しい。
かなりいろいろなところに飛んだりしますが、アギールの攻撃は意外と当たらない。
チクチクと逃げたりしていたので、時間こそかかりましたが、割と簡単に撃破できた。

後は猟犬騎士ダリウィル。
ボスとしてはかなり強いほうだと思う。
ただ、ガードカウンターを学ぶという意味ではやりやすいボスだとも感じた。

これで一通りボスは撃破することができました。
あとは協力とか敵対プレイをやってみた。

ただ、平日昼のせいか協力プレイはそこまで無かったし、敵対もそこまで無かった。
まず、協力プレイはマルギットですが、2人の協力者が居ないと割と低かった勝率ですが、私1人ホスト1人でも意外と勝てるようになった。
ホストさえ死ななければいいので、ある程度ターゲットはこっちが取れるように攻撃する必要があるから、私自身がうまく立ち回れば大丈夫だろうと考えて、突っ込めるようになってきたのが大きい。
マルギットの動きも大体分かってきたしね。

敵対は全然同期されてなくて、協力プレイの快適さとは比べ物にならんぐらい酷いなと。
まずこっち致命の一撃のモーション出してるのに、思いっきりかわされてて草。
なのにこっちは回避してるのにマグネットの如き吸引力で引き寄せられて致命の一撃食らったので、正直ここは要改善点だと感じる。
ちなみに敵対も協力も全くやらないので、これが仕様というのは勘弁してほしい。

こんな感じで5回のうち4回参加したネットワークテストはこれにて終了。

感想

今回のネットワークテストを終えての感想を書いていきます。

オープンフィールド

まずフィールドが広い。
縦にも横にも広い。
そこには普通に野生動物も居て、アイテムがあったり、敵が居たり…とオープンワールドでは当たり前ではありますが、ダクソもタイトル変わってこういう世界になったかぁというワクワク感みたいなものがあった。
また、近くにはツリーガードという強敵も居て、広いフィールドならではのタゲ外しで勝利するのもゲスながら気持ちよかった。
後は色んな所に洞窟があったり、ダンジョンがあったり、結構詰まってそうな印象ですね。

また、移動も霊馬のおかげでストレスにもなりませんでした。
隠密とかも楽しい。

歩いてるだけで楽しめる作品。

戦闘

戦闘は完全にダクソに近い。
重厚なアクションよりはブラボみたいなスピーディーなアクションのほうが好きですが、それは置いとくとして…。

ちなみに、まんまダクソというわけでもなく今回の要素である戦技がなかなか戦闘の鍵を握りそうな気がした。
少なくともベースはダクソみたいなもんだけど、エルデンリングらしさも感じましたね。

あと個人的な話ですが、両刃剣二刀流とかやってみたいかも。
両刃剣好きなんですよね。

アクション

ベースはダクソという感じですが、今回オープンフィールドを活用したしゃがんでの隠密と行った要素が面白くなってますね。
あとは今回からジャンプが実装されましたが、ジャンプはちょっと違和感。
ジャンプ攻撃は意識的にやってるんですが、段差とかで咄嗟にボタン押してジャンプしようという行動にならず、どうしてもダッシュしてしまいますね。

まぁ、これは慣れなので、いずれちゃんとジャンプ出来るようになるはず…。

ザコ・ボス両方ともですが、ダクソやブラボよりもめちゃくちゃ難しく感じた。
上手ければどうとでもなるというのは変わらずなので良いところは残っているのですが、そうでない場合探索しないと詰みそうと感じた。
ただ、逆に探索さえしてしまえば割とゴリ押しでも何とかなったあたり、しっかりとバランスが取れているように感じた。

非同期オンライン要素

さて、オンライン要素についての話ですが、普段協力も敵対もしない私が楽しむダクソシリーズのオンライン要素がこれ。
メッセージを読んだり、他のプレイヤーがどうやって死んだか見れたりするのが楽しい。
ぶっちゃけ協力も敵対も要らなくて、この要素さえあればオンラインは十分だとすら思っている。

特に今回のようなオープンフィールドだと、各地に様々な要素が散りばめられているだろうから、メッセージがヒントになってそれを見つけたりできるのは良いですね。
前回の隠し扉を知らせる要素的なものをいろいろな場所で見れるわけで相性抜群だと思っている。

協力

協力でこちらに来てもらっても、相手の方に行っても、非常に快適に遊べました。
普段は絶対やらない要素なので、今回のテストという点でプレイしましたが、意外と楽しいなと思った。
やる時はソロオンリーでメッセージだけを楽しむスタイルでプレイしますが、もしこいつ一生かかっても勝てませんという敵が居たときには活用させてもらうかもしれません。

敵対

先程も触れた要素になるけど、協力プレイとは比べ物にならないほど酷かった。
後ろに回って致命の一撃のモーション出してるのに、思いっきり外してるとか無いわ…。
やってることがそのまま反映されないのはつまらないという考えなので、こちらは現状微妙かな。

元々製品版で敵対をやるつもりはなかったですが、今回のテストプレイで楽しかったので、エルデンリングではやってみようかなと言う考えには一瞬もならなかった。

感想まとめ

今回ネットワークテストということで参加させてもらいましたが、エルデンリング面白かったですね。
チュートリアルが終えて、最初に世界を見た時にこれがエルデンリングなのか…と。
戦闘・探索も楽しいから、これはもうGOTY候補に入りそうだなと感じた。

現在のクオリティでも2月に延期するほどのものじゃないやん…って早く遊びたい身としては思いましたね。

それでは、また。

コメント