【FE無双 風花雪月】異なる出会いと3つの国の運命 Part14 黒鷲編 #5+感想

ゲームプレイ感想

おはこんばんちは。

昨日今日と2連休ということで、2週間ぶりぐらいのゲーセンに行ってきました。
最近ずっと出かける時は雨で、雨男になりつつあります。

さて、今回もFE無双 風花雪月です。

前回のFE無双 風花雪月

【FE無双 風花雪月】異なる出会いと3つの国の運命 Part13 黒鷲編 #4
ファイアーエムブレム無双 風花雪月のプレイ日記です。 黒鷲編のEP.10-13まで進めています。

プレイ動画

プレイ日記

クリアに向かってFE無双 風花雪月やっていきます。

赤焔の章 EP.14 煉獄の鷲獅子

ついに王国軍とガチでぶつかります。
ジェラルトも何やら決着をつける相手がいるようで、気合が入っていますね。

ちょっとラルヴァの様子がおかしいのは気になりますが…。

ラルヴァのことは置いておいて、煉獄の谷アリルにて帝国と同盟連合と王国軍がぶつかります。

ここではイングリットを殺されたことで、シルヴァンにとっては何か思うところがある様子。
フェリクスを撤退させた後に、シルヴァンが出てきます。
そして、死亡…。

最後はディミトリも撃退して、クリア。
そのままディミトリは逃走するので主人公と灰色の悪魔が追うことになります。

そして、セイロス騎士団やレアが居なかった状況ですが、おそらく別ルートでガルグ=マクを攻めてるんだろうなぁ…。

さて、ディミトリを追いかけた主人公と灰色の悪魔ですが、様子が…。

赤焔の章 EP.15 復讐の刻

主人公が豹変し、灰色の悪魔に襲いかかります。
声が完全にラルヴァなので、乗っ取られてしまったような状態でしょうかね。

おまけに闇に蠢く者も現れたようで、灰色の悪魔を助けつつ、闇に蠢く者を倒すという感じになりそうです。
まずは主人公ですが、灰色の悪魔ごとワープするので、それを追いかけつつ、何とか倒して捕らえる形に。
そして最後に現れたタレスを撃破。

ここではタレスに逃げられてしまうものの、主人公に殺されることに…。

何やら世界を救うのに必要的な事を言っているが、そんな中級長3人が揃うことに。
そして、魔法に巻き込まれてしまい…。

ちなみにラルヴァはここでようやく記憶を取り戻した様子。

赤焔の章 EP.16 深淵の中で

主人公が目覚めたら謎の空間に。
そして、級長3人が揃っています。

ここからはザラスの闇より脱出します。
敵対するディミトリも含めて、4人が協力し、脱出することになります。

まずはラルヴァと名乗っていましたが、本当の名前はエピメニデス。
色々な章でこの名前を聞いていましたが、ここでとうとう出てきたかという感じ。

さて、脱出のためにエピメニデスを倒していきます。
味方の姿をした幻影を出してきたりもしますが、最後は主人公の一撃で…。

これで4人は無事に脱出。
ただこのまま戦うことはせず、一旦はまた分かれることに。

そして、いよいよガルグ=マクへと向かいます。

赤焔の章 EP.17 未来への道

灰色の悪魔を仲間にした時限定の追加の章は終わり、ここからは最終決戦。
最後に立ちはだかるのはレアとタレス。
レアは白きものとなりますが、倒しても立ち向かってきます。

最後はレアとタレスを倒して、クリア。
結局レアとタレスはどうなったのかは分かりませんが、おそらく生きていないんじゃないかという形で一応エンディング。

簡単に黒鷲編の感想

まずは黒鷲の感想から。
FE風花雪月では金鹿が一番スッキリでしたが、FE無双 風花雪月では黒鷲が一番スッキリできたかな。
といっても、王国との戦いはまだ続いていくようだし、俺たたエンドといったところでしょうかね。

感想

さて、全てのルートを攻略できましたので、感想を書いていきます。

良かった点

爽快なアクション

キャラクターと言うよりも兵種によるアクションといったほうが良いと思いますが、どれも爽快感があっていいですね。
アクションはド派手で気持ちよかったなぁ。
やっぱり無双は気持ちいいアクションでストレス解消できるのが楽しい。

充実しすぎているキャラクター

今回は風花雪月に登場したキャラクターがDLCも含めて操作できますが、門番とかも使えたりとかなり豪華です。
アクション自体は兵種に依存しますが、固有スキルとかがあるので若干の違いはありますね。
まぁ、基本的に好きなキャラを使って楽しめればいいと思います。

今作の主人公はキャラ変更しなくて良いんじゃない?というレベルで強くて、無双に合った良いキャラクターでした。

風花雪月要素

しっかりと風花雪月の世界観も引き継ぎつつ、それをしっかりと無双に落とし込めていた感じありましたね。
騎士団とかキャラクターごとのスキルとか、世界観が本当にそのままで第二のストーリーを楽しめました。

気になった点

サブ

メインの戦闘を行うためにサブをこなさないといけませんが、それが後半だるかったかな。
黒鷲では飛ばし飛ばしやっていたけれども、それでもちょっと面倒に感じましたね。
基本的に無双ってアクション的に単調だからサクサク進めたいんですが、サブがそれを阻害しているのできつかった。

まとめ

サンブレイクの1週間前という時期には恵まれませんでしたが、めちゃくちゃ楽しむことができました。
プレイ時間は全ルート終えて90時間超えでしたが、仮にサブとかもしっかりやっていれば100時間を超えていたと思います。

正直、戦国無双とか真・三國無双とか本家はもっと頑張れよと言えるレベルで出来が良かったですね。
最近の無双は本家よりコラボのほうが圧倒的に面白いです。

それでは、また。

コメント