FF10 HD Remaster 大いなる脅威 シンに立ち向かう Part1

2019年10月13日 17:06ゲームプレイ日記・感想

おはこんばんちは。

今回からFF10 HD Remasterをプレイしていきます。
FF10はPS2版を借りてプレイしたことはありますが、クリアせずにブリッツボールにハマってそのまま終わったので、今回こそはクリアをしていきたいです。
記憶に残っているのはガガゼト山まであたりですが、ほぼ忘れてると思うので思い出しながらプレイ。

プレイ日記 本編

それでは早速プレイ開始。
初めてではないけれども、殆ど覚えていないので通常でプレイ。

BGMもアレンジと通常が選べるようなので、通常で。
最初はザナルカンドからのスタート。
ティーダはブリッツボールの選手でザナルカンド・エイブスのエースということで、サインをしたりとスターな感じですが、そんな平和もシンによって一瞬で終わり。
アーロンに連れられて、ティーダの物語が始まります。

まずは一人旅で、この時には名前が分からなかったものの、リュックと一緒に戦うことに。

そして、そのままアルベド族の船に乗せられて働くことになりました。
ティーダはザナルカンドからやってきたわけですが、ザナルカンドがすでに無いことを知らされて、どういうことなのかこの時点ではまだ分かりません。

このままどうなるのかと思いきや、シンに襲われて、流れ着いたところでワッカと出会いました。
それと、ブリッツボールのチームであるビサイド・オーラカの選手たちとも。

このままティーダはビサイド・オーラカに所属することに。

そして、ここではユウナやルールー、キマリとも出会うことに。
試練とかも進めましたが、正直この辺は全く覚えていなかった。

ユウナはビサイド寺院での試練を乗り越え、最初の召喚獣が使えるようになりました。
名前も決められるようですが、デフォルトで。

ビサイド島を後にして、次の寺院に向かいますが、その途中でまた現れたシン。
抵抗も虚しく多くの犠牲が出てしまいました。

ここで行う異界送りを見たりと最初は何もわからないティーダですが、ユウナがこのままだとどうなるのかを知っている身としては、ティーダの立ち位置は言葉になりません。

ちなみにユウナは目の色が違いますが、アルベド族の血が入ってるからってことでいいのかな。

ちょっとした悲しいイベントが終わり、2つ目の寺院でも試練を終了。
今度はイフリートが召喚できるようになりました。

そして、次はいよいよブリッツボールということで、ルカに到着。
シーモアともこのルカで始めて会うことになりました。

ちなみに、途中の航行でジェクトシュートは覚えてきたので、後は大会に望みますが、ここでアーロンの目撃情報が。
アーロンを探しているところに、キマリも喧嘩を始めてしまいます。

更にはアルベド族がユウナをさらってしまったため、ティーダは試合には出ずに助けに行くことに。
アルベド族はブリッツの初戦であるビサイド・オーラカに負けるように言ってきますが、ユウナを救出。

弱小チームであるビサイド・オーラカも相手のアルベド・サイクスに勝利し、負けを回避しました。
そして決勝戦。

相手は常勝ルカ・ゴワーズですが、こちらにも勝利して優勝しました。
ジェクトシュートがなかったら結構キツかったかも。
弱小だけあって、キーパーとディフェンスがイマイチなので…。

勝ったと思ったら、魔物が出てきたりとスタジアムは混乱しましたが、そんな時に現れたアーロン。
シンがジェクトであることは知ってましたが、どうなってシンになるのかは思い出せないので、そこはストーリーを進めて知っていきたいところ。

ここからはアーロンもユウナのガードとして一緒に行くことになりました。
それからティーダも一緒に着いていくことになります。

途中、アルベドと協力して、シンを撃破するという作戦が行われており、参加することになりました。
シンのコケラとも戦うことになりますが、これが最初で最後のシーモアとの共闘なんだろうな…。

結局作戦は失敗。
殆どのものが死に、異界送りをすることになりますが、ティーダの物語はまだまだ続く。

それと貴重なキマリの笑顔。

ジョゼ=エボン寺院での試練も終えて、イクシオンが召喚できるようになりました。
ということで、次の目的地へ。

何やら召喚士が行方不明になるという事件が起きていることをロンゾから聞くことになりますが、そのままその先の船着き場のようなところへ。
そこにいるのはゾウみたいな生き物ですが、どうやらシパーフというらしい。

シパーフに乗って先に進んでいると、途中ユウナがアルベド族にさらわれました。

それを、ティーダとワッカで倒して、ユウナを救出し、再度シパーフに乗って到着。
その先に居たのはリュックですが、どうやらユウナをさらった機械に乗っていたらしい…。

ちなみにリュックもユウナのガードとはなったものの、アルベド族嫌いのワッカはリュックがアルベドだということに気付いていない様子。
そして、グアドサラムに到着。

ここではシーモアの屋敷へ。

どうやらシーモアから何か言われたようですが、それの答えを求めて異界に行くことに。

異界では死者に会えるようですが、アーロンは生きたがらない様子…。
そういえばアーロンって確かすでに…ということを思い出しましたが、確信ではないので先に進めて確かめたいところ。

答えが決まったようで、異界からでたところ、先代族長でありシーモアの父であるジスカルの姿が。
異界送りされたはずのジスカルですが、それでも残り続けるのはまともな死に方をしなかったということらしい。

結局ユウナが異界送りをしましたが、ユウナはジスカルのスフィアを見たようで、ここからユウナがちょっと変な状態に…といったところで、今回は終了。
次回は雷平原からスタートです。

プレイ日記 ブリッツボール

せっかくなのでブリッツボールもやってみました。
リーグ戦ですが、常勝と思われたルカ・ゴワーズが負けていますね…。
しかも本編でビサイド・オーラカに負けたアルベド・サイクスに…。

一人の選手がハットトリックを決めていますが、強い人でも入ったんだろうか…。

といったところで、こちらも今回はここまで。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ