ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン買いました

2019年6月15日ゲーム雑記

おはこんばんちは。

本日、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンが発売されました。
正直ゲットできる可能性はほぼないと思っていたのですが、予想外の結果で入手することができました。

入手までの話

私はヨドバシ.com、ビックカメラ.com抽選、Joshin抽選、オムニ7と敗北してきたので、今回ビックカメラ札幌の抽選に賭けていました。
仕事が終わって帰宅するのが、0時前ということで、朝早くに起きるのは正直ダルいのですが、何とか起きてビックカメラへ。

8時10分頃に到着し、283番。
台数は600台とのこと。
これはもしかしたら全当あるか?と思いましたが、同僚もお墨付きのノーリアルラックなので、その点は心配でした。

ただ、帰りにGEOでも30台売っているみたいなツイートを見つけ、家の近くはどうだろうと思って行ってみたら先着30名様の張り紙がありました。
そして並んでる人数は30人に満たないので、これは並ぼうということで並びました。

開店10分ぐらい前に、整理券を配り始めて、ゲット。

9時に開店し、購入して帰宅しました。
それにしても、今はGEOって9時開店なんですね…。
店舗で異なるとは思いますが、昔は10時だったような…。

開封

まず箱はこんな感じ。

バックパック(deuterのRaceX)にもすっぽり入るサイズです。

Switchの箱と比較するとその小ささがわかりますね。

ミニとはいえ、ここまで小さかったとは。

昔遊んでたスーファミが手のひらサイズというのもなんかいいですね。

見た感じはスーファミをそのものですね。
まさかとは思いますが、時間が経つことで黄ばみとかも…。

セットアップ

早速ですが、繋いでいきます。
まずはコントローラから。

スーファミのコントローラと同じ端子とはいきませんが、その部分が外れるようになっていて、中に端子が付いておりました。

そしてHDMI端子と電源供給用のUSB。

ACアダプタを購入した方がいいのかちょっと迷いましたが、TVに録画用のUSBとは別にもう1つついているので、それを使用することにしました。
おそらく、今回のスーファミ以外だとファミコンしか無いでしょうからね。

これでセットアップ完了です。

どうやら設定で画面の設定をしたり、左右のフレームの変更等もできるようです。
普段起きないどころか寝るような時間に起きて出かけたので、セットアップ後は仮眠を取りました。
そのためゲームはまだプレイしておりませんが、まったりと楽しんでいけたらと思います。

ビックカメラの結果

最後にビックカメラでの結果ですが、どうやら全当だったようです。
ただ、私は今回GEOで買ったのと、周りにも欲しいと言っている人がいなかったので、辞退しています。
今回、仕事や学校で買いに行きたくても行けなかったという人に渡ればいいですね。

入手しての感想

先着やってると思わなかったですし、抽選の台数もあそこまであるとは思っていなかったので、正直なところ発売日に手に入れなくてもいいかなという諦めもありました。
ただ、平日だしチャンスはあるかな?と思えたのと、起きて二度寝しようと思わなかったことが、最終的にな入手する結果となって本当に良かったです。
クラシックミニファミコンや、Switchより苦戦することになるとは思ってませんでしたが、品薄商法と一部から言われながらも、任天堂は相当頑張ったんだろうな…。
品薄と見せかけて、転売屋を地獄に落とした感じはたまりません。

今回の収録タイトルの中でも、マリオRPGとカービィSDX、ロックマンX、スーパードンキーコングは特にやりこみましたので、またプレイできるのが楽しみです。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ