東京ゲームショウ2019 一般公開 1日目

2019年10月7日 02:06

おはこんばんちは。

今年も東京ゲームショウの時期がやってきました。

入場前

6車両目で乗ると、改札に一番近いところで降りられるのですが、相変わらず電車降りてからのダッシュが迷惑ですね…。
強引に割り込むし、こういうヤツは転んで怪我してほしいところって去年も言ってたんすよね…。

ちなみに、水樹奈々さんのイベントがあったらしく、海浜幕張でも2つのグループに分かれることとなりました。
今年は去年以上にキッチリしていて、海浜幕張駅を出てちょっとした後からすでに整列されていました。
そのため、駅を出た後のダッシュ率は比較的下がりました。

ファミリーコーナーができて小さなお子さんも来る(始発から来るかは別として)ようになったことで、親御さんから苦情があったのかもしれませんね。
まぁ、子供に限らずぶつかったら怪我に繋がりますしね…。

今年も整理券コーナーに魅力はありませんでしたが、順としては53番目と割と良い方でした。
最初は曇だったのですが、途中から結構な雨が降ってましたね…。

入場後

入場後も相変わらずのダッシュ。
警備員は注意するだけで相変わらず止めないので、やったもん勝ちですね。
ここらへんは去年も同じことを言ってましたが、相変わらず変わりません。

さて、色々なタイトルをプレイしたので感想を書いていきます。

FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE

最初にプレイしたのが、この作品。
ブースの外にも列を用意しているあたり、この作品に対するスクエニの本気が伺えます。

今回はプロモでもあった魔晄炉をガードスコーピオン戦まで楽しむことができます。
んでプレイした感想ですが、戦闘がシームレス。

シームレス自体は他のゲームでもありますが、この作品はシームレス過ぎて、戦闘入ったんだレベル。
ガチでビビりましたね。
私はFF7をそこまでプレイしたわけではないので、実は魔晄炉とかガードスコーピオンとか言われてもそこまで覚えていなかったりするわけですが、BGMとかはこんな曲あったなぁ、それが凄い壮大になったなぐらいには思えました。

戦闘もダメージがしょぼい点は悲しいですが、爽快感はかなりありますね。
凶斬りが気持ちよすぎましたね…。

ガードスコーピオンはあっさりと倒してしまったので、時間としては短かったのですが、満足できました。
ちなみに、クラウドかっこよすぎな…。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リマスター

次にプレイしたのがFFCCリマスターです。
ここでは3人+スクエニのスタッフさんの4人プレイでやりたが、せーのっが無くてもファイガ打てるようになりました。
これに関しては嬉しいような悲しいような何か複雑な感じ。

撮る写真がたくさんあったので、そのうちの一部だけ。

仁王2

今回のステージらしいですが、桜の木のステージで墓ってどんなステージなんだろうな。
それではプレイ開始。

クリアしたときの特典ももらえるんですが、結論から言うとクリアしました。

ちなみに回復アイテム残し、初見でした。
仁王をクリアしてる人なら仁王での戦い方はある程度把握してるだろうし、間合いとスタミナをしっかり管理して、今回の新要素である妖怪化をやっていれば余裕なんじゃないかなって思っていたんですが、クリア率は7%とのこと。

思っていたより低いなという印象でした。

ペルソナ5 ザ・ロイヤル

次にプレイしたのはこれ。
整理券がなくてキャンセル待ちでボーッと立っていたのですが、40分ぐらいで時間が空いたとのことで特別にプレイができました。

体験したのはベルベットルームで遊べるチャレンジバトル。
条件を満たしていくと、ポイントが加算されてポイントに応じてアイテムが貰えたりするようです。

BGMも多分チャレンジバトル用とは思いますが、かっこいいですね…。

アルセーヌがいたので撮影。

モルガナも出てきたりしてましたね。
そして、撮影許可頂いてこちらも1枚。

予告状も有りましたが、明日スターオーシャンのステージでなにかあるらしい。

ロックマンゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション

今回ロックマンゼロをやってみたんですが、そういえば元のハードってアドバンスでしたね…ということをここで思い出しました。
SFCのようにY攻撃、Bジャンプ、Aダッシュが使えねぇと思って最初に設定し直してプレイしてたんですが、最初のうちは慣れるまで時間がかかりそうです。

6作品も遊べちゃうので、買うとは思いますが、結構先になるかな。

ここで一旦プレイは休憩。

聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナステージ

休憩がてら聖剣3のステージを見てきました。
ホークアイの声優 小野友樹さんとリースの声優 みかこしの二人。

聖剣3の実機プレイ動画も見れましたが、ちょっとアクション面ではもっさりな感じに見えてしまいます。
ただ、戦闘はリザルトとかもかなりテンポいいし、アクションのもっさり感もそこまで気にならんかなぁと思ってたりする。

実際にやらないと分かりませんが…。

プロジェクトレジスタンス

本日最後はこのタイトル。

プロジェクトレジスタンスの事前情報をあまり仕入れずにプレイしましたが、簡単に言うとDead by Daylightみたいなものだったんですね。
サバイバー4人とマスター1人に分かれて、サバイバー4人が時間内に逃げるというもの。
時間経過で逃げられなければマスターの勝ち、それまでに逃げ切ればサバイバーの勝ちです。

Dead by Daylightは私がプレイしてクソゲー、楽しくないといったタイトルということもあり、これを事前試遊に選んだのは失敗だったかもしれない。
まだテスト段階で、これからクローズドβとかも行われるため、発売される時点ではより面白くなるかもしれませんが、今回プレイした時点では大して面白いとは思えなかった。

というより、この手のゲームはやはり好きになれません。
足を引っ張られたり引っ張ったり、協調性皆無なのはゲームでも同じです。

ちなみに、現状マスター側が有利らしいので、今後はちょっと調整も加わるかな。

これで本日のTGSは終了。
後は物販でフラフラしてちょっと物販で買って終わり。

その他写真

まずはデスストランディング。

そして、小島プロダクションの物販にあった小島監督のサイン。

まとめ

このタイトルは必ず遊びたいというのは、今日で全部遊べました。
それでも明日も元気に始発凸です。

後は遊べるなら遊びたいけど、遊べなくてもいいかぐらいのタイトルなので、明日もゲームでは遊びますが、ステージとか撮影がメインになるかもしれませんね。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ