東京ゲームショウ2019 一般公開 2日目+TGS2019 2日間の感想

2019年10月7日 02:06ゲーム雑記

おはこんばんちは。

TGS2日目です。
元気に始発凸です。

入場前

昨日の時点でこれはやりたい!という作品は全て遊んでいたんですが、整理券不要列へ。
番号は昨日より下がって182番でした。

整理券が乃木坂とやらしかないんですが、全く興味がないというか、そもそも知らないんでね…。
それでも整理券はそこそこ影響力はあったみたいですが、やっぱり日曜日のほうが人が多いですよね。
人の多さがあってかなり後ろになってしまいました。

ちなみに、サポチケ特典のTシャツの配布がものすごく遅れていて、182番なのにもらったときには200番の人より後ろといった意味不明な状況になっていました。
番号は一体何のためにあるの…?

入場後

今回はどれをやろうか迷いましたが、とりあえずこれはやっておこうというものをチョイスしました。

聖剣伝説3 TRIALS of MANA

アクション面で気にかかるところがあったので、どうせなら自分でやってみようということでやってみました。

スタートはジャド。
ビーストキングダムの獣人たちが占拠したジャドを脱出して、滝の洞窟でフルメタルハガーを倒すところまで遊べます。
ちなみに、アストリアの村が獣人たちに滅ぼされるところやフェアリーを助けるシーンはカットされており、いきなり滝の洞窟にいけます。
また、パーティーが固定されており、主人公はデュラン、そして滝の洞窟前でリースが加入します。
で、滝の洞窟に入るといきなりフルメタルハガー戦が始まりますが、ちゃっかり3人目でシャルロットがいます。

普段使っているケヴィンが居ないのは残念でしたが、ここらへんの展開は聖剣3をやっていたら、こうなっているのかと納得ができますね。
そして、リアルで見る宿屋やショップの人の動きが面白い。

戦闘ですが、アクションに関してはスピーディーという感じではなく、やはり若干もっさり感は感じました。
そのため、アクションだけ見たら爽快感はちょっと薄いかな。
ただ、キャラクターを切り替えて戦うという点では面白さを感じていて、そこからの爽快感は得られるのかもしれないとも思います。

短いプレイ時間でしたが、発売が楽しみになるぐらい楽しめました。
聖剣伝説2の悲劇はおそらくなさそうです。

龍が如く7 光と闇の行方

次にプレイしたのが龍が如く7です。
ライブコマンドRPGがどんなものなのかと思い、やってみたくなった次第です。

で、やってみた感想ですが、今回の龍が如くはぶっ飛んでいますね。
普通にドラクエって単語が出てくるだけでもびっくりですが、ロトの剣を抜くような感じで、バットを抜いたりします。
また、コマンドでデリヘルが呼べるとは…。
デリヘルと言ってもデリバリーヘルプなので、ギリギリセーフなラインですが、呼べるキャラクターが本当に面白い。

RPGになってどうなるんだと思いましたが、これまでの龍が如くのような人間ドラマはこれまで通りで、ところどころいい意味でぶっ飛んでるなという感じはありました。
それだけに龍が如く7では無く、新・龍が如くみたいなタイトルにしてほしかったですが、きっと7にすることに何らかの意味があるとも思っています。

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック

いくつかの競技をプレイさせてもらったのですが、難易度が簡単すぎる…。
というのも、体験でプレイしたタイトル全てで金メダルを取ってしまい、ゲームの中だけは金メダリストになれました。

ちなみに製品版は難易度とか選択できますよね…?
さすがに選択できないと、個人的には簡単すぎて満足できないですね…。

仁王2

見たいステージまで時間に余裕があったのでもう一度プレイ。
前回あれだけクリアできる…みたいなことをドヤってたのに今回はクリアできず…。

余裕を見せてムービーを全部見るなんてことをやってた結果、時間切れで終わってしまいました。
おそらく配信されている席に座っていたので、完全にやらかしましたね。

油断しているとこうなりますよというのを、自ら再現してしまいました。
反省。

ちなみにゲームプレイはこれで終わりです。

FFCCリマスター ステージ

ここからはステージ。
最初はFFCCリマスターのステージですね。

FFCCについての説明やリマスターならではの要素といった話の後は、yaeさんによるライブもありました。
OPとED2曲あって、どちらもいい曲で涙腺崩壊寸前でしたが、ふとEDに全く記憶がないぞと。
最終的にどうなるんだっけ?というのも全く分からんので、クリアしてない可能性がありますねぇ…。
GBA繋いで弟と結構遊んだ記憶あるのに、クリアしてないってことなら、リマスターはクリアしたいですね。

仁王2 ステージ

次に参加したのはこのステージ。
本能寺ステージは正直熱いですね。

本能寺の変当日ということで、全体的に燃えているわけですがそういう意味の熱いではなく、ここが舞台になるんだなという意味で。
プレイした早矢仕さんは惜しくも勝てず、実際やったら苦労しそうな相手というのはわかりました。
というか、体験版のステージこっちでも良かったんじゃ…と思ったレベル。
それぐらい本能寺の舞台に引き込まれました。

ちなみに、2で登場する信長は最終的に前作の信長につながっていくのかは分かりませんが、その辺は描かれるのか気になるところ。
あとは本能寺があるなら、明智光秀も出てくるのか気になるところですね。

βテストも行われるとのことで、楽しみですねー。

写真

今回、ゲームとかやらなかった分、写真を少し撮ってきました。

まずはプレイステーションブースのデスストランディング。

これは昨日ですが、こんなところも撮ってたりします。

そして、セガ/アトラスブースで1枚。
コスプレイヤーとかコンパニオンとか全く興味がなくて撮らないんですが、今回は撮影。
もしかしたらTGSに行き始めて初めて三次元の人を目的として撮ったんじゃないかレベル。

あとは、マリソニ。

そして、プレイステーションブースにあったFF7Rのフォトスポットなのですが、何を思ったのか撮影してきた。

それにしても、ダサすぎですね。
斜めに持っているつもりだったんですが、思いっきり垂直です。

ちなみに撮影後、バスタードソードが思ってたより重くて、腰を痛めました…(しばらくしたら治りました)。

後はFFCCステージ前に撮影したモーグリ。

最後はタイトルだけで1ブースを使うというビッグタイトルのサイバーパンク。

感想

この2日間は楽しかったですね。
楽しすぎてとても時間の流れが早く、また明日もTGSがあるんじゃないかと錯覚してしまうレベルです。

さすがに去年ほど上手く立ち回れたとは思っていませんが、それでもこれはプレイしたい!と思ったタイトルはプレイできたので、満足する結果となりました。
また、仁王2では改めて勉強させていただきました。

ちなみに、もっと撮影するもの増やそうかなぁと思ってたりします。
今回ムチムチのライザとか撮影してなかったですし、プレイしたゲーム関連ぐらいしか撮っていなかったので、色々回ってみたほうがいいかも。
とはいえ、身体一つではこのイベントはなかなか回りきれませんがね…。

これは去年と同様になるけど、走る奴は見せしめとして退場させてほしい。
今日は昨日に比べると比較的走る人は少なかった印象ですが、やはり走ったもの勝ちというところは変わらないんですよね。
走ることを危険行為として、危険行為は退場とまであるんだから、誰か見せしめに退場させたら、より減ると思うんだけどな。

ちなみに来場者数は去年に比べると3万人ほど減。
そして来年は9月24日から27日に決まりました。
私事ながら9月23日は私の誕生日ということも有り、23日から27日まで休みにすることで6連休も有りかなと思っています。
もちろん参加予定ですが、サポチケが取れるのかが不安要素。

さて、TGS自体は楽しめたのですが、反省点として体調管理ができていなかったなと。
風邪を引いたわけではありませんが、ホテルのシャンプーとかが肌に合わず、アトピーが思い切り悪化し、体がいつも以上に痒い状態でした。
また掻いたことによってTGS中に血が出たりもしました。
熱気が凄いので、上記理由+汗とかも大きく影響していますね…。

今後は自分で使っている石鹸シャンプーを持っていくようにして、旅行先で悪化しないように気をつけたいところ。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ

Posted by タナトス