EVO Japan 2020 1日目 – ガラル地方から参加した結果

おはこんばんちは。

本日からEVO Japan 2020が始まりました。

ということで、朝から幕張メッセへ。
私が行く幕張メッセ=TGSなわけで、今回は本当に楽でした。
まず、始発で起きなくていい、電車から降りて走っている猿を見なくていいですからね。

EVO Japan 2019 1日目スタート

私は15時からだったので、それまでは友人の試合の観戦をしていました。
後はテキトーに昼ごはんを食べたり…。

正直、時間をつぶすというのも結構疲れますね。

スマブラSP

それでは試合開始。
特に見どころが合ったわけじゃないので結果を言うと0-2で負け。
最初勝ってたんですが、逆転負けくらいましたね。
ちなみに最初はジョーカー、2回目はゼルダでプレイしました。

続いてルーザーズ。
こちらも見どころが無く、結果を言うと0-2で負け。
こっちは全然だめでしたね。

と、あっさり負けて終わりです。
去年負けた時は、悔しさが多少なりともあったと思うんですが、今回は全くそういったことはありません。
これが私が今スマブラSPに対して持っているモチベーションの高さというやつなんでしょう。

まぁ、仮に参加して勝ちたいって思うなら、ガラル地方から帰ってきてスマブラに専念するはずです。
結局、ジョーカーが配信されてから、10時間やってるのかも怪しいですからね。
これで悔しくて後悔するなら、お前が悪い、また次回練習して頑張ろうとスマブラに対するモチベが上がるところなんでしょうが、それが全く無い以上次回以降参加することはないでしょうね。

初オフライン大会

今回始めてスマブラのオフライン大会に参加しましたが、ウメブラのスタッフさんってレベル高すぎる。
些細な質問にも答えてくれるし、負けて帰る時もお疲れさまでしたと一声掛けてくださったり、スタッフさんからまた気軽に参加してくださいと言われているような、気持ちよさを感じましたね。

まぁ、自身のモチベーションの問題で参加することはもうないでしょうけど、こういうスタッフさんの大会なら出たいって思えますね。

自由行動

後は友人の応援だけだったので、それ以外の行動について触れたいと思います。

GUILTY GEAR -STRIVE-

国内初試遊ということで、GGSTやってみました。
やってみた感想ですが、一撃が重いですね…。
ライフが少ないというより、通常攻撃が重くて、必殺技が更にちょっと重いってところでしょうか。
ちょっとスピード感も薄くなっていた気がしますが、それでも面白く感じたかな。

というより、今作のカイがめちゃくちゃ好きですね。
今までのギルティとちょっと違うのかもしれませんが、結構楽しみな作品。

hitBOX

アケコンコーナーでhitBOXを触る機会があったので、触ってみた。
スト5やスマブラをhitBOXでプレイできたのですが、思っていた以上にやりやすい。

ただ、波動拳コマンドはちょっと押すボタンが増えるのは大変だったかな。
まぁ、慣れれば行けそうな感じです。

私はアケコンのレバーが絶望的に使えないので、その分やりやすさを感じたのかもしれない。
ちなみにスマブラでテリーを使った時、もしかしたらGCコンより使えているのでは…?と思ってしまったり。

会場の写真

まずは2階から会場の様子。
人が多いですね。

続いてはスマブラ。
テリーとかもいるので、最新のものですね。

最後は関係ないですが、明日・明日はRAGEもあるようですね。
更に言うと、次世代ワールドホビーフェアもあります。
これが全て幕張メッセで行われるとかすごいですね。

去年と比べて

去年と比べるとめちゃくちゃわかりやすくなりましたね。
事前に試合時間が分かるようになっていますし、スタッフさんの誘導もテキパキとしている感じ。
これなら去年あった、声掛けが聞こえなくて不戦敗というのもあまりなかったんじゃないかな。

幕張メッセであることとスマブラがあるということで、去年よりも圧倒的に参加者が増えているわけですが、それでもグダグダな感じは殆どなかったように思います。

最後にご飯を食べて1日目は終わり。
TGSのときにいけなかった東京チカラめしですが、今回は営業していました。

ただ、肉が若干酸っぱかったんですが、タレはこういうものなんだろうか…。

それでは、また。


こちらも一緒にどうぞ