Nintendo Direct mini 2020.3.26の感想

おはこんばんちは。

どうぶつの森発売後もDirectが行われず飢えていたところ急遽配信されました。
といっても今回はminiということで、あまり期待していなかったのですが、ナント30分…。

これはもう本編としていいんじゃないかレベルですね。

さて、今回も気になった作品にピックアップして感想を書いていきます。

内容

ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション

新作かな?と思えるほど、Wiiのゼノブレイドとは見違えるほど変わっています。
BGMも変わっている感じだし、追加ストーリーもあったりとこれは楽しみだぁ…。
あと女性のモデリングいいなぁなんて思ったり。

発売日は5月29日。
7月転職を目指していたので、元々6月退職を予定していたんですが、5月退職でもいいんじゃないだろうか。
無職になればゼノブレイドをよりやり込める。

ちなみにマイニンテンドーストアではニン・ゴジラが暴れていましたが、何とか予約できましたね…。

リングフィットアドベンチャー

実はずっと放置しているリングフィットアドベンチャーですが、無料アップデートがあったようで…。
リズムゲーとしても遊べたり、女性ボイスが加わったり…。

女性ボイスにして再開してみようかなぁと思っています。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

新ファイターがARMSから参戦することが発表されました。
主人公的な位置だとスプリングマンなんでしょうが、個人的にはリボンガールかニンジャラがいいかなと思っている。
それにしてもスマブラではどんな感じで出てくるのか気になります。

グノーシア

システム的には人狼みたいなものなんだろうか。
こういうゲームは正直プレイしたことはないんですが、内容はかなり気になる。

ポケットモンスター ソード・シールド

第一弾 鎧の孤島に関する詳細が発表されましたね。
パートナーとなる伝説のポケモン ダクマを託され、その進化方法なども知ることができます。

あと最初のパートナーたちのキョダイマックスの紹介も。
更には新たな髪型やらコスチュームの紹介も。

6月末までの配信なので、無職中にプレイできるはず。

感想

久しぶりのダイレクトでした。
ミニとはなっていますが、本編に劣らずのボリュームでしたね。
最近購入するゲームを絞っていることもあり、気になるタイトルは少なかったのですが、ダイレクトを見れただけで満足です。

コロナのせいで発売日が変わる可能性もあるかもしれませんが、今回のダイレクトの影響で転職活動頑張ろうと思えました。
もし不採用だったときは諦めますが、7月入社で5月・6月のどちらかで退職することを目標に活動していきます。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ