Oculus Quest 2を買いました

おはこんばんちは。

一昨日の仕事帰りに後輩くんと飲みに行ってきました。
後輩くんの家の近くの店ですが、私自身は滅多に行かない場所だったので新鮮だったなぁ。
今の状況で大変だとは思うけど頑張って欲しいなぁ…。
料理もめちゃくちゃ美味しいし。
ちなみに、帰宅時は交通機関は無いし、雨も降ってるしで、食後に1時間ちょっと歩いたのは結構キツかった…。

さて、今回ですが、Oculus Quest 2を買いましたのでそのことを触れていきます。

到着

昨日は休みだったので、午前指定で受け取り。

商品がすぐに目に入る細長くてシンプルなデザイン。
上の方にはOculusと大きく書かれています。

開封

それでは開封していきましょう。
中身はこんな感じ。

眼鏡スペーサーも入っていて、私みたいなメガネが無いと生きていけない人間にとってはありがたいです。
簡単に装着することができるようになっているので、取り付け取り外しも簡単です。

触ってみた

それでは起動して早速触ってみましょう。
Facebookアカウントを作成したり、アップデートとか色々な設定がありますが、最初から入っているチュートリアル的なソフトで遊んでみました。
ガーディアンシステムといって、自分でプレイスペースを作ることができるようになっています。

もしその中に障害物があるとちゃんと検知してくれるし、これだけでもVRすげぇなぁと…。

コントローラがめちゃくちゃ握りやすくて、掴んだり押したり。
なんか一緒にダンスしたり。

銃を使ったシューティングゲームを楽しんだり。
2丁拳銃で遊んだりもしたところで、チュートリアル終了。

チュートリアルとしては十分でしたね。
まだソフトとかは買っていませんが、Beat Saberとかやってみようかなぁと考えています。

感想

使ってみての感想を書いていきます。

良かった点

没入感が凄い

PSVRも持っていたんですが、正直PSVRではそこまでの没入感を得る前に酔いがひどかったです。
ですが、Quest2では今の所そんなことはありません。
まぁ、お値段も違いますしね。

コントローラー

めちゃくちゃ持ちやすい。
しっかりと持っているという感覚があるし、トリガーとかも押しやすい。
ここまでしっくり来るコントローラーがあるとは…と感じたレベル。

軽い

PSVRの時は正直重くて頭が痛くなったことも…。
ですが、Quest2は一体型なのに軽い。
特に重すぎると感じることは全く有りませんでした。

場所を選ばない

一体型なので場所を選ばずに遊ぶことができます。
またコードが付いているという煩わしさが無いのは本当に大きい。

寝室のほうが場所が広いので、寝室にスペースを作って遊ぼうかな。

勝手にスリープ・装着したら自動起動

地味に嬉しいのがこれ。
使わなかったら勝手にスリープはいいんですが、装着時に勝手に起動してくれるのがいいですね。

気になる点

Facebookアカウントが必要

私は純粋にOculus Quest 2でVRゲームとかができればいいだけで、Facebookのサービス自体には全く興味ないんですよ。
これに関しては仕方ないんですが、Facebookの設定するのが面倒臭い。

眼鏡だとちょっとつらいかも

眼鏡スペーサーをつけることによって、眼鏡をつけている人も装着ができます。
が、フレーム幅と高さが決められているので注意が必要。
こちらで確認できますが、この中であっても結構ギリギリです。
私の場合、高さは余裕でフレーム幅がギリギリのレベルですが、奥行きがあるせいでレンズだったり皮膚に当たってしまったみたいなことがありました。
元々眼鏡変えようか考えていたので、これを機に変更しようかな。

コンテンツ

これは私の検索が下手くそなだけかもしれませんが、コンテンツがまだまだ少ないかなぁと感じています。
ただ、実質Quest2から本格的に日本で展開しているようなものなので、これからに期待といったところでしょうか。

まとめ

PSVRを使ってた身としては、Quest2のレベルの高さに驚いています。
ここまでできるようになったんだなぁ…と感動しています。
あとは色々コンテンツが増えてきたら鬼に金棒みたいなものじゃないでしょうか。

私自身もせっかく残業代をつぎ込んでかったQuest2ですので、長く楽しんでいけたらと思います。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました