モンスターハンターライズ:サンブレイク スペシャルプログラム 2022.3.15の感想

【ゲーム】雑記

おはこんばんちは。

モンハンライズ:サンブレイクの発表がありましたということで、早速触れていこうと思います。

内容

感想とか

まずは新しいPVからでしたが、何やら見たことのない新モンスターも登場していました。

ライズでは和の要素が強かったですが、何となく拠点とか新フィールドを見ると洋の雰囲気がありますね。
ライズとサンブレイクは何か対極的な感じがあるので、和と洋も良いのかなとは思いましたが。

ここから紹介が入りますが、まずは新フィールドの城塞高地。
このフィールド、めちゃくちゃ雰囲気気に入りました。
この古城の栄枯盛衰を感じさせる感じがたまりません。
そして、そこから森林エリアや氷雪エリアなど様々変わるのもいいですね。

そのまま新モンスターのガランゴルムも紹介。
何となくドボルベルクとウラガンキンを組み合わせてより牙獣種として格好良くした感じ。
普段は温厚らしいですが、動きを見る限り本当かよと言いたくなりますね。
もしくは何か理由があって温厚ではなくなっているか…。

後はルナガロン。
氷狼竜というだけあって、雷狼竜ジンオウガと重なるものを感じます。
PV見た感じ、ジンオウガと似たようなアクションも見られましたね。

続いてはビシュテンゴ亜種。
あぁ、あなた亜種いたのって感じですね。

そして電竜ライゼクス。
こいつはダブルクロスから登場ですが、まだ戦ってないことないので、頑張ってダブルクロスで予習できるまで進めたい。

ライズの情報は殆ど収集していないので、違うかもですが、メル・ゼナ以外は新発表のモンスターっぽいのかな。
といったところで、新発表系は終わり。

世界観は、調査拠点のエルガドから始まり、王国の危機を救うという目的まで分かりました。
カムラの里から遠く離れてしまうようですが、新たな地でもライズならではのアクション+サンブレイクならではの追加アクションを楽しめたらいいな。

さて、気になっていた発売日ですが、6月30日に決まりました。
夏というと夏休みシーズンをイメージするので思ったより早くて嬉しい限りです。
まぁ、スプラトゥーン3もあるので重ねるわけにはいきませんよね。
なお、サンブレイクダウンロード版は明日から予約開始のようです。

また、ライズのときと同じように、サンブレイクでも限定のamiiboも登場するようです。
こちらはいつ予約開始かわかりませんが、サンブレイクamiiboで入手できる重ね着装備もかっこいいんですよね。
今回も品薄の予感ですが、amiiboも買えたら買ってしまいそうです。

ということで、20分ほどの発表でしたが、発売日も決まって、あと3ヶ月後が楽しみになってきました。
ここからはなるべく新モンスターと言った情報も収集せずにサンブレイクをプレイしての出会いを楽しみにしようと思います。
もちろん予約をして買うし、有給も使ってプレイします。
ただ、会社で有給取得制限が掛かっているので、納得の行く日数の有給取れなければ6月末で仕事やめることも考え中。

それでは、また。

コメント