【Horizon Forbidden West】禁じられし西部で機械獣と戯れる Part9+感想

【ゲーム】プレイ雑記【ゲーム】プレイ感想

おはこんばんちは。

旅行の準備をしている夢を見ましたが、その時の行き先が大阪でした。
これで旅行行きたい気持ちが強まりましたが、次行くなら大阪かなぁ。

さて、今回もHorizon Forbidden Westです。

前回のHorizon Forbidden West

【Horizon Forbidden West】禁じられし西部で機械獣と戯れる Part8
Horizon Forbidden Westのプレイ日記です。 今回はメインクエスト 特異点の仲間との集合地点到着で終了。

プレイ動画

難易度:カスタムの設定

アーロイへのダメージ:ベリーハード
敵の体力:ノーマル
簡易収集:オフ
精神統一の持続時間:デフォルト
自動精神統一:オフ
自動回復:オフ

プレイ日記

それでは仲間を呼んで最終決戦へと進めていきます。

特異点

全員集合ということで、いよいよ敵の本拠地へと乗り込みます。

道中にいるのはスペクターですね。
任意なので撃破しなくても良いのですが、何か万が一を考えると倒しておいたほうがいいかなということで、結構数は多いですがすべて撃破。

大量に現れるスペクターですが、機械獣を味方につけてスペクターの数を減らしていきます。
サンダージョーが味方とか心強すぎる。

しかし全てのスペクターを釣れたかというとそうではなく、レガーラが捨て身で残りのスペクターを止めます。
レガーラのその後どうなったかというと、明確な描写はないものの死んだもの扱いですね。

まぁ、ここで命を捨てるなら本望と言った感じで散っていきます。

いよいよゼニスが現れますが、サイレンスのシールド破壊を使い、機械獣に倒されていきます。
後は本拠地に乗り込み、エリック戦。
ヴァールの仇でもありますね。

最後はゾーの一撃でエリックは死亡。

そのまま頂上にいるベータの救出をしますが、その際に知らされるネメシスという存在。
その時にゼニスの一人であるジェラルドもティルダによって屠られることに。

どうやらこのティルダが黒幕らしい。
ということでスペクターと融合(?)したティルダと一戦。
いきなり一撃で殺されるというよくわからん展開になりましたが、2回目で撃破。

最後サイレンスはそのまま地球を去ろうとします。

でも、やっぱりもう少しだけいると戻ってきてくれました。
といったところで、このままエンディングへ。

感想

それではクリアしたので感想を書いていきます。

良かった点

グラフィック

前作もそうでしたが、やっぱりグラフィック綺麗。
PS4でもここまで綺麗ならいいよなぁと思えますね。

戦闘

その場で作成とかしながら、フォーカスで分析して、弱点を突きながら地道に削っていくのが楽しい。
あとは部品切断をして、その武器を使って返り討ちにしていくとか。
ベリーハードでやってたので、一撃でやられてしまうこともあったが、戦闘はガチで前作と同様に楽しめましたね。
基本に立ち返って戦略を練っていくのが気持ちよかったです。

新たな機械獣

前作からいるサンダージョーやロックブレイカーといった機械獣もいますが、バロワーを始めとする新しい機械獣が思っていたより多くてよかったですね。
また、その新たな機械獣がボスとして出てきたりと、新たな機械獣との戦闘も楽しめましたね。

難易度カスタム

難易度を細かに調節できるという点は非常に良かったです。
正直被ダメがでかいという意味での難しい難易度はいいのですが、無駄に敵が固くなるというのが嫌いな私にとっては素晴らしい機能です。
他にも細々とした調節ができるので、より遊びやすい調整がされているなと感じました。

気になった点

バグ

拠点での床抜けバグですね。
これ2回ぐらい起こりました。
ただ、今となっては60秒滑空するみたいなトロフィーがあったので、その取得には役立ちそう。

クライミング

クライミングによる移動が結構もっさりしていると感じましたね。
前作もこんな感じだったか思い出せないのですが、普通に登ればいいのになぜかそこから固まったり。
何でここのアクションだけもっさりしているのか疑問でした。

ロードが長い

そこまで難易度が高いわけではないので、そこまで極端に死ぬ作品ではないですが、ベリーハードで割と死んでやり直した身としては、結構だるかったですね。
まぁ、これはPS5を買えば快適に遊べるんでしょうが、そこまでしてほしいかと言われたらそうではないですからね…。
PS4である以上はこれぐらい我慢しなければいけないんでしょうね。

まとめ

前作と同様にHorizonの世界を楽しむことができました。
前作はプレイしなくても楽しめるようにはなっていますが、前作登場のキャラもいるのでやっていたおかげでより楽しめました。
戦闘の楽しさも相変わらずだし、難易度カスタムで自分の好きなように調節できるので、前作以上に楽しめました。

それでは、また。

コメント