JUDGE EYES:死神の遺言 キムタクが色々やる Part2

2019年6月25日 21:30JUDGE EYES:死神の遺言

おはこんばんちは。

ようやく1日10時間以上のプレイができるようになったので、今回はガッツリとジャッジアイズです。

前回のJUDGE EYES:死神の遺言

プレイ動画

2章

3-4章

5章

プレイ日記

今回は2章からスタートです。

2章 アンダー ザ ウォーター

前回羽村の無罪で終えた裁判でしたが、それでも羽村は真犯人であるモグラと繋がりがあると革新し、引き続き事件を追っていくことになります。
そのために被害者の現場を調べていたところ、スマホを仮面の男に奪われるのでそれを追いかけます。

結局仮面の男は捕まえられなかったものの、転落しそうになった八神を助けてくれて、スマホも返ってきました。
ちょっとゲーセンで遊んだりしつつも、汚職警官の綾部と合うために約束された釣り堀へ。
ちょっとしたテストがあったものの、綾部とご対面。
カジノでも遊べるようになりました。

綾部からは今回の事件に関する資料を受け取り、事務所に戻ろうとすると、謎の集団に襲われました。
受け取った資料を狙ってかは分かりませんが、とりあえず蹴散らし、その中から2人目の被害者について詳しく調べることに。

ということで、やってきたのは、人妻ヘルス。

2人目の被害者は殺される前にここに通っていたようで、その時の人を指名して待っていたところ…。

羽山が現れて、フルボッコに。
これを組長に言ってみたものの、羽山の力は組長でもどうしようもないレベルになってしまった様子。
結局助けてもらえなかったところに、組員から喫茶アルプスに行くよう言われ、アルプスへ。

全員退店したと思ったら、もう完全に八神を殺しにきていますね。

おまけに神室町でタイムリーですが、目も抉ろうとしています。
しかしここから反撃開始。

若頭補佐も含めて仕返しに成功。

しかし今度持ち出してきたのは銃。
これは駄目だと思ったところに、現れる仮面の男。

仮面の男と一緒に松金組から逃れます。

といったところで2章は終了。

3章 ピストル強盗

引き続き松金組に追いかけられる八神ですが、事務所に戻ったところ海藤と松金組のメンバーが。
その中のひとりが、海藤を兄貴と慕っていたようですが、今はその面影もなさそう。

ちょっと上手いことを言ったと思ってそうなセリフも有りますが、根っからの悪い人には見えないですね。

ということで、尾行開始。
付けていくと、着いたのがシャルルというゲームセンター。
変装して侵入しますが、子供にも優しいし、羽山のように根っからの悪人ではなさそう。

ゲーセンの店員をボコって、東の元へ。

ここからは1年前に海藤が破門された1億円が盗まれた事件について触れられますが、東も現場にいて状況を知っていたらしい。
海藤は東をかばっているあたり、やはりいい兄貴分なんでしょうね。

その件を報告し、綾部からその時に関する情報も買うことに。

どうやら東は1億円を取り返そうとしていたようで、その時の強盗である赤鼻を追うことになりますが、ちょっとだけサイドケース。
まずはパンツ泥棒のサイドケース。

フルボイスでは無いけれども、キムタクがパンツを聞くのは何かシュール。

メインに戻ってVRすごろく。
赤鼻について、ホームレスから情報を集める過程で必要となりました。

これでホームレスから情報を得たと思いきや、ここでホームレスたちの襲撃に合います。
これを倒しますが、結局赤鼻は1年ほど前に殺されたらしい。

このことについて東のところに再度行きますが、今度は東+松金組組員との戦闘に。
こちらは海藤もいるので、心強い。

結局東は赤鼻から1億を取り返したものの、殺してはいませんでした。
そして、ここでも絡んでくるのが羽山。
海藤は破門されるように動かされたわけですが、それに関わっていたのも羽山でしょう。

といったところで、3章は終わり。

4章 ジャック イン ザ ボックス

冒頭から始まったのが松金組組員の殺害。
そして、両目を銃で撃ち抜くという共礼会からモグラへの報復が始まったようです。
おまけに一般の人にまで被害が出ている状況。

この件について東に会いに行きますが、その前に源田法律事務所で起こった事件を解決しに行きます。
事件と言っても、さおりさんのケーキを星野が食べたかどうかで裁判になっているようで…。

ちなみに、セガ版の異議あり!も見れました。

とりあえず解決したところで、東に会いに行きますが、どうやら共礼会のNo.2が来たことで報復が始まったようです。
今回の件はあくまでも羽山を狙いにきたということがわかりました。

そして…それを無罪にした新谷にも狙われる可能性ということ。

それを警告するために源田法律事務所に向かいますが、新谷は不在。
そんな時に源田から仕事を頼まれます。
どうやら護衛のようですが、親権を巡っての争いの様子。

源田からありがたいお言葉をいただいたところで、その仕事は無事に終わり、新谷も戻ってきました。
新谷は何やら八神が知らないモグラの情報を知っている様子。
それを聞き出したかったところでしたが、守秘義務により教えてもらえず…。

ここからはテンダーに行って綾部から情報がもらえるか確認しに行きましたが、そんな時に現れたのが黒岩 満。
ちなみに、事件=こいつが絶対絡んでいるので、怪しいんだよなぁ…。
重要なキャラクターが出てこないのならばと言うのが前提ですが、黒幕な気がしてならない。

綾部の汚職を知っていて、釘を刺しにきたあたりでしょうか。
今回は綾部から有益な情報はあまり手に入れられませんでしたが、共礼会のアジトに乗り込むことに。
早速ドローンで調査ですが、どうやら共礼会側にお見通しだったようで、見破られてしまいました。

そして、No.2のも登場。

万事休すと思った時に道を開く海藤。
そして、そんな時に現れたのが仮面の男。

これで立場は逆転して、共礼会を返り討ち。
もうアジトを言ってもいいゲーセンにみんな集まることに。

ここで仮面の男の名前も明らかに。
イケメンすぎる。

BAR テンダーに飲みにきているマリさんの仕事を尾行するというちょっとしたリラックスタイムもありつつ、事務所に戻るとさおりさんから電話が掛かってきました。
どうやら新谷に電話が繋がらないとのことで、八神から掛けてみると、八神の事務所から着信音が…。
そんな時に新谷に電話に繋がって、一安心と思いきや、中から出てきたのは新谷の死体。

繋がったと思った電話は留守番電話のアナウンスでした。

といったところで4章は終わり。
どうなっているのか5章に続きます。

5章 白昼夢

まずは、新谷の死体の調査です。
スマホの通話履歴ですが、源田法律事務所関係以外に1つ謎の連絡先がありました。

あと、これまでのヤクザと同様に目が抉られており、モグラの手口と同じですが、銃創もあるのは今までにはなかった例ですね。
あえて新谷だけ銃創があるのは謎ですが、同一犯なのかそれとも誰かとの共犯なのか…。
モグラは松金組だけでなく、別の組と繋がっていてということもありそうですが、現時点では分かりません。

ただ、モグラについて知りすぎた故に消されたのかもしれませんね。

そして、今回の担当もやはり黒岩…。
おまけにいきなり八神を犯人扱いしてきます。

今回の事件の影響により、源田法律事務所で休むことになりますが、何やら星野も協力してくれる様子。

ということで、勝手にアジト化しつつあるゲーセンに集合。
東は私の中でツンデレキャラになってきています。

ちなみに、新谷が掛けていた謎の連絡先というのが創薬センター。
これは3年前に八神が弁護士だった頃、大久保新平を無罪にした裁判で訪れています。

今回の1件、3年前の事件も関係してきている気がしてなりませんね。
早速ですが、創薬センターを訪れたところで、回想がスタート。
ここからは3年前の八神を操作します。

この時に担当してくれるのは寺澤絵美。
大久保新平が無罪となった後、殺された恋人ですね。
そして、八神が弁護士として殺されるきっかけにもなっていますね。

こんなこともできちゃったり…。

おまけで新谷。

セクハラ弁護士の新谷は気にせず、八神は調査をして状況を確認していきます。
そして、その時の裁判の様子も知ることができました。

まずは大久保新平。

この時に証言した生野。
現在も創薬センターの研究員で、回想を見ることでよりこの人のことがわかりますね。

大久保のことをボロクソにいう泉田ですが、絵美の言葉が無罪を決めたと言ってもいいかもしれませんね。

このまま大久保は無罪を勝ち取ったわけですが、結果絵美は死んでしまったと…。
大久保は現在死刑囚とのことですが、本当に大久保が絵美を殺しているのかは、この作品で明かされるんだろうか。
それも含めて楽しみですね。

この事件により、所長の木戸は八神をあまりよく思っていませんが、捜査には協力してくれるようです。
まぁ、あまり情報はありませんでしたが、そんな時に現れたのが黒岩。

何やら八神が重要参考人となっているようですが、黒岩は被疑者と思っているんだろうか。

これで5章は終わり。
6章以降どうなるのか楽しみです。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ