JUDGE EYES:死神の遺言 先行体験版 プレイ日記+感想

2019年8月5日 22:22JUDGE EYES:死神の遺言

おはこんばんちは。

今回は、先日のプレイステーション ラインナップツアーで発表された、JUDGE EYES:死神の遺言の体験版をやってみました。

プレイ日記

まずはムービーから。
主人公は弁護士ということで、弁護士事務所に所属しています。

いろいろな登場人物が出てきます。

そして、今作の主人公の八神。
キムタクカッコいいですね。

無罪を勝ち取ってから依頼が増えているようですが、何やら一つ事件があった様子…。
この件がきっかけで八神は…といったところで3年経ち本編がスタートです。

舞台は結局神室町なのね…。

どうやら八神は現在探偵らしい。
そして、八神のパートナー(?)もいます。

ストーリーはある探偵の調査ですが、その前にチンピラに絡まれます。

チンピラを撃破した後は、ホームレス服ともおさらばで本来のキムタクに。

ここからは探偵の尾行をします。
探偵の特徴を参考にターゲットを見つけます。

ただ、別の人を見つけてもペナルティは無いようで、間違えたら別の人をただ注視するだけ。

見つけた後は尾行です。
尾行の際も看板とかに隠れて、相手に警戒されないように着いていくだけ。

尾行の次はアクティブサーチ。

これはただ対象を見るだけですが、全く関係ないのも見れたりします。
ただ、ハトではなくネコだの意味が分かりません。

締めは探偵との戦闘。
八神には2つの戦い方があるようです。

探偵を追い詰めて終了。

感想

かなり短い体験版でしたが、これで終わりなので、感想を書いていきたいと思います。

戦闘

全体的にもっさりしていました。
タイマンの時はフィジカルスイッチで一閃にすることで気にならないのですが、集団戦がちょっとね…。
龍が如くの時ももっさりしていたので、ドラゴンエンジンの限界なんだろうか。

でも、脚主体の技が多いためかアクションは割と派手でいいかなと思ったのと、何より自分がキムタクを操作してチンピラをボコっているという感覚は新しいかもしれません。

神室町

また神室町かよって感じですが、ゲーム体験は全く別物になるようなので、そこは期待なのかな?
でも、プレイした感じ龍が如くのキャラをキムタクにしただけの、キムタクが如くだったんだよなぁ…。

体験版でもスマイルバーガーには入れるのですが、店員さんに話しかけることすらできず、ただただストーリーを進めるだけだったので、全部とはいいませんが、神室町を回れたら良かった。

尾行とサーチ

これらは微妙ですね。
ただ、カーソルをターゲットに合わせるだけ。
尾行も割と長くてだるかったです。

キャラクター

豪華なキャストだとは思うのですが、芸能に関しては常識がないレベルで疎いので名前を挙げられても分からない人が居たり…。

ちなみに龍が如くのキャラは出ないらしい。
桐生さんは無理だと思いますが、秋山は出てきてもいいと思っていたので、ちょっとがっかり。
全くの別物なら出てこなくてもいいけど、神室町だしキムタクが如くだし、東城会という名前も出てくるようなので、出してもいいんじゃない?と思ってしまう。

まとめ

今作は龍が如く6のように戦闘がシームレスなのか気になりますね。
体験版だとイベントでの戦闘しかなかったので、すぐに戦闘に入れるのか、それとコンビニにそのまま突入できるのかといったところが気になりました。

買いかどうかと言われたら、時期も悪いので様子見ですね。
キムタクを操作できるという点はいいのですが、集団の戦闘とサーチや尾行がだるい。
発売後1年から2年ほど待てばベスト版が出ると思うので、それでもいいかなと思っています。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ