【LOST JUDGEMENT】キムタクがまた色々やる Chapter 10

おはこんばんちは。

久しぶりにWoltでガッツリラーメンを頼んでみた。
結果としてラーメンは店で食べたほうが美味い、特に家系はという結論に至ったので、デリバリーはこれっきりにしよう。

さて、今回もロストジャッジメントです。

前回のロストジャッジメント

【LOST JUDGEMENT】キムタクがまた色々やる Chapter 09
ロストジャッジメントのプレイ日記です。 今回はChapter 09 贖罪の業をプレイしています。

プレイ動画

プレイ日記

さて、再び間宮由衣を連れてシャルルへ。
ここからは痴漢事件の真相に踏み込んでいきます。

まず江原は実際痴漢したわけではなく、やはり替え玉だったこと。
そしてその替え玉が桑名自身で3Dプリンタで江原の顔を作ったようです。

Suicaも江原借りたり、微物検査も予め触らせていたり、カメラの僅かな死角も替え玉で返させたという点。
色々分かってきたところで、また江原と会っておきたいところ。
で、ここでようやく江原と会うチャンスが出てきました。

接見は拒否されてたはずですが、控訴を進めに来たから受けてくれたのかな?
イマイチこの流れが分かってなかったです。
最初は替え玉の件とかしらばっくれるわけですが、だんだんイジメに関する情報を教えてくれます。
相談しなかったのも江原自身が原因とか…。

そして、初めて御子柴殺しを認める江原。

とりあえず、江原の口から聞けたのはデカかったのかもと思っている。
さて、この後は異人町へ。
ここで時間を潰してるとさおりさんから連絡が入ってくるわけですが、桑名がイジメ被害者に復讐を進めていた件で13年前に飛び降りた楠本充の親である楠本玲子もそれに絡んでいる可能性。
そしてこの人がRKを動かしているのでは…?というところですね。

そんな時に速報として澤先生が殺害された件で、桑名を指名手配しているらしい。
殺したのは相馬のはずなのに、何でそうなったのか県警に確認しますが、それでも分からないので、直接会いに行きます。

結局ナベさんとは戦うことに。
QTE失敗して即死とかいう糞要素を体感する羽目になりましたが、勝利。

勝ったことで、桑名がコミジュルにいることがわかるので、そこに潜入。
中にいるRKを倒していきますが、結局コミジュル側のガセ。

結局、横浜流氓の鉄爪に匿ってもらってるようで、そのまま横浜流氓のアジトへ。
そこにいた桑名と情報をまとめていきますが、まずは桑名を追っているのは公安であること。
そして楠本玲子の意思で動いていること。
ただ、桑名が言うには公安に指示を出しているのは楠本ではないとのこと。
そして、13年前のイジメ加害者である川井信也は楠本玲子によって殺されたとのこと。

最終的には八神と桑名がまた戦うことに。
それぞれぶつかるものがあるという感じですかね。

そして戦闘後はまさかの7で登場した趙さん。

料理を提供してくれるだけでボイスもないですが、登場しただけでも良かったのかな。
そして桑名と八神は手を組むことになりました。

最後に八神と桑名の作戦で逆探知されているのを利用した作戦を展開。
相手は楠本玲子。

予想通りRKはそれに釣られる形になり、ボコって終了。
そして楠本玲子のところには謎の男が…しかも川井信也を追っているらしい。

こいつが黒幕っぽいなぁと思いつつも、Chapter 10はここで終了。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました