【LOST JUDGEMENT】キムタクがまた色々やる Chapter 05

おはこんばんちは。

休みということで、人生初サイゼリヤに行ってきました。
何種類か食べましたが、今の所エスカルゴのオーブン焼きがお気に入り。

さて、今回もロストジャッジメントやっていきます。

前回のロストジャッジメント

【LOST JUDGEMENT】キムタクがまた色々やる Chapter 04
ロストジャッジメントのプレイ日記です。 今回はChapter 04 Red Knifeをプレイしています。

プレイ動画

プレイ日記

前回、御子柴が殺害された動画が出てきたところで終わりましたが、九十九が見た限りでは加工された形式がない様子。
まぁこれだけで江原がやったとは断言はできないでしょうが、一体どういうことなのか。
そして何でこのタイミングで上がったのかが気になるところ。

とりあえずこんな情報が出てきた以上は、もう1回江原と話してみたいということで、さおりさんのもとへ。
そこに現れたのは真冬さん。

検事局も動向が気になっている様子。
さて、江原との接見ですが、またまたタイミングよくお断りの連絡。
完全に江原の手のひらで転がされているようです。

結局動画が捏造なのか、痴漢事件のアリバイが嘘なのか、それともどちらも本当なのか分かりませんが、動画を疑っても痴漢事件は疑われていないということで、痴漢事件を追っていくことに。
そこで当たる人物が痴漢の被害者となった間宮由衣に会いに行くことになりそうですが、その準備の間に群がっているRK…。
完全に目をつけられているようなので、今度はこっちから出向くことになりました。

そして、海藤一人呼ばれることになりますが、八神も受付を挑発してボコった後に潜入。
途中八神に似ていた(私はそう思わなかったが)バーテンダーを気絶させてなりますまします。

VIPルームに海藤はいますが、一切仲間になる気はない様子。
当然ですけどね。

そしてうじゃうじゃ出てくるRKを蹴散らしますが、そこにやってきたのはRKリーダーの相馬。
正直阿久津は小物感半端ないですが、相馬は結構キレ者な印象。

ちなみにRKが探していたガールズバーのマネージャーはどうやら死んでいたようです。
5年前に失踪したやつをなぜ今頃という謎はありますが…。

さて、RKとの問題を一応解決した八神ですが、ここからはいよいよ痴漢被害者の間宮さんに会いに来ます。
弁護人ということもあって、最初はなかなか開けてくれませんが、最後は渋々了承。
正直、単なる被害者としか思っていなかったが、こういう演出あるってことは結構重要人物なんだろうか。

とりあえず当時の事件を振り返っていきますが、結局話では有益な情報は得られず。
ただ、動画が仮に加工されたものではない本物の場合には、間宮由衣と江原がグルだったという可能性は確かに上がってきますよね…。
しかし新宿駅の防犯カメラの死角でそんなこと出来るのか…という疑問もあるが…。

間宮由衣の年齢とかも分かっていきますが、もともと黒河学園の生徒だったらしい。
この黒河学園というのは異人町で殺害現場に見ていた奴らと同じで、たまたまなのか年齢も同じ。
それに澤先生のデスクにあった写真から澤先生も黒河学園の卒業生の可能性が…。
年齢は分かりませんが、間宮由衣について澤先生から聞き出せる可能性がありそうということで、Chapter 05は終了。

それでは、また。

コメント