【レビュー】マリオストーリー

おはこんばんちは。

今回ですが、マリオストーリーのレビューをしていきます。

T4nat0S
T4nat0S

2021年12月15日時点の内容です。

概要

初リリース日 2000年8月11日
発売機種ニンテンドウ64
Wii(バーチャルコンソール)
Wii U(バーチャルコンソール)
Nintendo Switch(Nintendo Switch Online)
プレイ機種Nintendo Switch
プレイ状況クリア(64でもプレイ経験有り)
ジャンルアクションRPG
公式サイトhttps://www.nintendo.co.jp/n01/n64/software/nus_p_nmqj/index.html

レビュー

良かった点

キャラクター

登場人物はほぼ魅力的。
マリオもそうだし、仲間たちも。
今回みんな紙ということで、ペラペラではありますが、ペラペラでも表情は豊かなのがいいね。

戦闘

アクション一つでぐっと楽になることもあれば、逆にきつくなることもある。
バッジ一つで戦略も変わるので、シンプルなターン制バトルだけど、結構深いそんなバトルだと思っている。

グラフィック

64ではありますが、当時で考えたらメチャクチャ綺麗だったと思う。
ペーパーマリオらしく、いろんな仕掛けも紙で作られていて、その紙である強みを活かしてるなぁと感じた。

微妙な点

特になし

気になった点

特になし

最後に

やっぱりペーパーマリオシリーズはこのマリオストーリーとペーパーマリオRPGだよなぁと改めて感じさせてくれる面白さでした。
と同時に何で今のペーパーマリオはあんなふうになってしまったのか…と言う気持ちもありますね…。

マリオストーリーは21年前の作品ですが、未だに当時と同じように楽しめるって素晴らしいなぁ。

それでは、また。

このタイトルの他の日記はこちら

コメント