【New ポケモンスナップ】ポケモンカメラマンになる Part7+感想

おはこんばんちは。

休み最終日になりましたが、楽しんでいきたいと思います。
何か予習するように言われていた気がするんですが、忘れてしまいましたね…。

さて、今回もNew ポケモンスナップです。

前回のNew ポケモンスナップ

プレイ動画

New ポケモンスナップ Part9

プレイ日記

さて、いよいよアウラム島のシューゴ遺跡に行きます。
ここには今まで訪れた島のエネルギーが集中しているところで、その遺跡の探索を行っていきます。

中にはシンボラー、オーベム、ゴルーグといったポケモンの中でもちょっと謎がありそうなポケモンが多いかな。
ちなみにその遺跡で気になるのは、これまで回ってきた5つの島の花が咲いているというところですね。
これが何を意味するのか最初は分かりませんでしたが、遺跡を探索している時にそれぞれ謎の建造物の近くにあるクリスタフラワーにイルミナオーブを当ててみました。
すると、それぞれの島に咲いているクリスタフラワーが光り始めます。
そして、最後にアウラム島の花にイルミナオーブを当てました。

そうすると元々ゴルーグが塞いでいた台座が開きました。

その後はいよいよ最後のイルミナポケモンです。
どのポケモンなのか気になりますが、最後を締めくくるのはゼルネアス。

あちこち動き回るのでオーブやりんごを当てるのがなかなか難しかったですが、何とか撮影してクリア。
最後はポケモン大好きだから、主人公のもとにポケモンが集まるんだよという結果でエンディング。

その後、コースごとのスコアを競うルートスコアと海上(夕方)の撮影が可能になったところで、今回はここまで。

今回撮影したお気に入り

感想の前にこちらから。
まずは遺跡にてオンバーンの超音波。
これ以外と簡単に出せるのですが、見た目が良くて残しました。

今回最後はイルミナポケモンのゼルネアス。
かなり神々しさがあって、伝説兼イルミナポケモンに相応しいなと思って見ていました。

感想

エンディングということで感想を書いていきます。

ストーリー

イルミナポケモンを追っていくというストーリーですが、思った以上に作り込まれていましたね。
途中からトオルというキャラクターが出てきますが、こいつがN64のポケモンスナップの主人公だったりもするので、何か繋がりを感じられたのも嬉しい。
ポケモンといえばトレーナーが戦わせてというのが多いですが、今作のように撮影することで調査をしていくというのも良いなと思えた。

グラフィック

正直これぐらいのグラフィックで遊べるポケモンって最高ですよね。
ソードシールドからダイパへの落差はがっかりだったので、このグラフィックでポケモン遊びてぇって思う。

ポケモン

お気に入りのハッサムが確認できなかったのががっかりですが、ポケモンたちが生き生きと動いているのが良いね。
調査レベルごとに変化もあるし、それぞれの謎に対してアイテムを駆使してみたりと探索要素が結構ありました。
ポケモンが新たな道を開いてくれたりもするので、変化があって楽しめました。
ちなみに全体としてはどれぐらいいるんだろうなぁ。

撮影

撮影自体は非常に楽しい。

ただ、ちょっと気になるのはカガミ博士の評価なんですよね。
大きさはまぁわかるとしても正面向いてないといけないとか真ん中に映らないと点数が下がるという点に何だかなぁって思うことが多かったです。
というのも、オンラインとかで写真見てますが、意外とずれている方が躍動感みたいなのを感じることが多いんですよね。
なので、点数形式で調査レベルが上がるとかではなく、発見したポケモンの数とか挙動とかでランクを上げてほしかった。

必ずしもカガミ博士の評価=良い写真とは思わないので、今後は良いなと思ったものを残していきたい。

撮影コース

公園から始まり、ジャングル、砂漠、海、火山、雪原、洞窟とか様々なステージがありました。
中にはこのポケモンってここにいるの?って思うのも意外性があってよかった。
後ステージ自体もグラフィックがキレイなことと似たようなところではなくて変化があるので、繰り返し同じことやらされてる感が軽減されていました。

まとめ

カガミ博士の評価基準には疑問を持つが、作品としてはものすごく楽しめました。
あと同じポケモンは1枚じゃなくて、同じポケモンのカテゴリごとに1枚の提出にできれば尚良かったのかなと思いますね。
このシーン撮れたけど、元々撮ってたのもチェックしてもらいたいなぁというもどかしさが結構あったので。
とりあえず、まだまだ隠し要素はあるようなので、それらも含めて楽しんでいきたいです。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました