仁王 落命しても挫けず攻略 Part7 – 東北の龍 #3

2019年6月14日 17:15仁王

おはこんばんちは。

仕事で嫌なことがあった時(嫌なことが無い日はありませんが)は、こってりしたラーメンが食べたくなります。
ということで、3-4ヶ月ほど前にまとめサイトにも載った話題の(?)天下一品のトリプル炭水化物セットを食べてきました。
ラーメン+半チャーハンのセット+小ライスでいいのに、チャーハンを並にして半ライスを追加してしまいました。
まぁ、それでも美味しく完食できたので良かったです。
食べ方としてはチャーハンはそのまま、ラーメンもそのまま食べ、スープが残ったら白飯をぶち込んで雑炊にして食べるのがいいですね。

天一はあのドロッとしたスープもたまりませんが、麺も個人的に好きです。
最近ラーメンの食べ過ぎでデブまっしぐらですが、運動することもなく今日も仁王です。

プレイ日記

前回はサブミッションが終わり、ついにメインミッションですが、その前に準備。
優先して強化していたシアーシャのレベルをカンストさせました。

そして、いよいよ独眼竜の城に乗り込みます。

最初も出ていたかもですが、時系列としては慶長18年12月のようで…。となると西暦では1613年。
伊達政宗は46歳ですが、仁王のムービーを見ると若々しく見えますね。

さて、始めていきますが、先に進むとなまはげと木霊が見つめ合っているようなシーンが…。

木霊は助けておきたいので、なまはげにはご退場いただきました。
青葉城内には色々とトロフィーポイントがあります。

まずは青葉城三重櫓を攻略することでゲットできるトロフィー。
これは必須ではありませんが、壊しておくとアムリタも稼げるしで美味しいことだらけですね。

更に奥に進んでいくと、片倉重長がいます。
1613年だと、父の片倉景綱は病床に臥していた時期ですが、それでも政宗の為に鬼になって戦うみたいなことがあるんじゃないかと思ってましたが、それはなさそうですね。
できれば仁王で描かれる片倉景綱も見てみたかったのですが。

さて、片倉重長ですが、登場すると名乗ります。

ちなみに、名乗り中に不意打ちもできますが、正々堂々勝負しろと怒られます。

ただ、この時はうっかり落命してしまったため、もう一度挑戦。
2回目以降も名乗りは欠かせないようですが、ちゃんと最後まで聞くとトロフィーをゲットできます。
勝負は正々堂々とやってくれっていうことですかね。

私はトロフィー通知OFFにしているので、プレイが終わるまでは分かりませんでしたが、色々とトロフィーがあるようです。
重長を撃破すると、政宗のところに向かうための鍵がもらえます。

そこから更に進んでいくと、途中でぬりかべが居ます。
ぬりかべのジェスチャーのクリア条件がよくわかっていませんが、てきとーに選んだら通れました。

その先に待っているのは温泉です。
これで東北篇の温泉も全てコンプリートしました。
青葉城には確か2つか3つあったと思いますが、最初のメインミッションでもあったはずなので、色々探索しておいたほうが良さそうですね。

それではいかにも政宗がいると思われる扉を開けると、政宗とマリアの姿が。
あやかしを従えていますが、天下取りのために成さねばならないこともあるといったところでしょうか。

それでは政宗との戦闘です。

ここでは1回落命しましたが、基本的にリーチが短いので、小太刀でボコスカに殴っていけました。
途中から、2体の精霊の力を使ってきます。
水と風の2つで非常に厄介ですが、タイミング避けて、相手の攻撃を待ってからすぐに避けて攻撃をしていれば、時間がかかったものの何とかなりました。

かなりヒヤヒヤする部分もありましたが、何とか達成。

それでも、天下を狙う政宗の野心はまだ消えていない模様。

それでも、鬼から元の体に戻った成実の言葉で天下を諦める政宗。

DLC自体はこれで終わりではなく、霊石を用いるきっかけとなったマリアを追うことになります。
おそらく東北篇はこれで終わりなのかな。

政宗を倒したことによって、青龍が宿りました。

戦国時代の中だと伊達家が好きな私なので、青龍も育ててシアーシャに変わり、メインとして憑けたいところ。
次回は東北篇最後(?)のメインミッションに挑みます。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ

仁王

Posted by タナトス