OCTOPATH TRAVELER 8人の主人公が織り成す物語 Part3

2019年10月13日 17:07OCTOPATH TRAVELER

おはこんばんちは。

今回もオクトパストラベラーです。
売上ですが、11万ほどとなかなか売れましたね。
ほとんどの店が取り寄せになっているので、消化率は9割超えてそう。

まぁ、面白い作品なのでジワジワと売れて30万ぐらい超えてほしいですね。

前回のOCTOPATH TRAVELER

プレイ日記

今回も2章で残り4人の攻略をしていきます。

プリムロゼ 2章

ヘルゲニシュから奪った地図にあった、スティルスノウに到着。

酒場で自ら踊って情報収集。
そんな時に現れたのが、プリムロゼがまだ貴族だった時に侍女として仕えていたアリアナでした。

しかも何か知ってそうですね。

どうやら、スティルスノウには娼館があり、アリアナも娼婦として働いているようで…。
その娼館にプリムロゼも乗り込み、ついに左腕の男と対峙しました。

何かこのキャラ絵だと鴉の入れ墨が可愛く見えるのは気のせいだろうか…。

摩訶不思議の舞で経験値が2倍になったので、美味しく撃破しました。

これでプリムロゼ編は終わり。

次はアーフェンですが、その前にまたジョブ解放。

アーフェン 2章

ちょっと長い道のりでしたが、ゴールドショアに到着。

アーフェンの他にもヴァネッサという薬師がすでにいて薬を与えているものの、今度は咳が酷くなるという状態に。

それがなぜなのか…というとヴァネッサが与えた薬の副作用で咳を誘発し、その咳に対する特効薬を高値で売るというもの…。

そこでアオホタル苔を取りに行くことに。
幼女にも応援されています。

何かすごい本性が出てますねということで、ヴァネッサとの戦闘です。

ここでも摩訶不思議の舞で経験値5倍とかなり美味しい思いをしました。

これでヴァネッサも美味しくいただきました。

幼女と一緒に歩んできたアーフェンの2章はこれで終わり。

テリオン 2章

ただの学者の館にある赤竜石ですが、その割にはかなりの警備が…。
そこで館に入るための合言葉と専用の鍵を使って、館に侵入。

そこで戦闘になりますが、プリムロゼ入れてませんでした。

ということで、この章はあまり面白みもなく終了。

次はハンイットですが、その前にジョブを解放。

一応8人分のジョブはゲットしましたが、まだ隠れたものがありそうな予感。

ハンイット

さて、ハンイットです。
師匠であるザンターを追っかけてストーンガードに到着です。

ここでザンターのお世話になったというナタリアさんと出会います。
最初出会った時はナンパされてましたが、どうやら未亡人らしい。

ハンイットは師匠を追いかけて森の奥へと入っていきますが、そこにいたのは森の主。

ハンイットも踊り子にしているので、プリムロゼとセットでひたすら舞っていきますが、5倍までしか出ず…。

引き続き舞いまくっていたら何か出ました。
まさかの9999ダメージで森の主撃破…。

そして、更に奥になっているとそこには石化した師匠の姿が。

師匠は完全に石化してしまう前に手紙を残していました。

これで次の目的地が決まりました。
ナタリアからアイテムをもらい、次の街へと向かいます。

これで全キャラクターの2章が終わりました。
ここまでプレイしてきて思ったのは、摩訶不思議の舞によって今後かなり楽になってくるぞ…ということ。
効果は重複しないのと、デメリットもあるので、根気良くやらないといけないです。
経験値やジョブポイントは最大何倍まで出るのかわかりませんが、10倍はありそう。
とりあえず、今後のボス戦の際は必ず踊り子は入れたほうが良さそうです。

次は3章ですが、2章になって敵がグッと強くなったので、3章はどうなるか…。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ