【OCTOPATH TRAVELER】8人の主人公が織り成す物語 Part8 トレサEND+感想

ゲームプレイ・感想

おはこんばんちは。

本日3回目の更新です。

前回のOCTOPATH TRAVELER

【OCTOPATH TRAVELER】8人の主人公が織り成す物語 Part7 サイラスEND+感想
OCTOPATH TRAVELERのプレイ日記です。 サイラスEND。

トレサ 4章

トレサはグランポートに到着ですね。

大競売がはじまりますが、4章にして新たな出会い。

ちなみに、ノーアは大富豪ウィンダムの令嬢でした。
ノーアと別れて、露店でひたすら買取りまくっていたら、女に不意打ちを食らい手記を奪われてしまいます。

そんな時に2章で出会った、アリーと再会。
一緒に手記を探してくれます。

探していると、手記を奪った女ともうひとり謎の男を発見。
女はエスメラルダというらしい。

会場では品評会の準備が始まっていますが、手記を奪うために作戦開始。
まずはアリーが得意の話術で男をひきつけ、地下水道に行ったエスメラルダを追って行き、ここで戦闘。

アーフェン2章のヴァネッサ以来の女ボスの気がする…。
秘書ルシアは変体してしまったし…。

それも魔術師の力で圧倒して撃破。

手記を取り返し、品評会に参加するトレサ。
出店するのは秘石エルドライトではなく、トレサが旅立つきっかけとなった手記でした。

観客からはボロクソ言われますが、それでも選ばれたのはトレサの手記でした。

品評会が終わり、手記を書いた人に心当たりがある人に出会いました。
その人はグラム・クロスフォードという人の手記だと教えてくれました。

その人がどうなっているのかまでは分かりませんでしたが、トレサは一旦故郷に帰ることに。
そして、手記はノーアが引き継ぐことになりましたといったところで、トレサは終わり。

感想

2章まではストーリーに沿った戦闘という感じでしたが、3章以降はおまけな感じでしたね。
ただ、これまでの二人と違って、4章になっても新たな出会いがあったりと、一番旅をしている感じはありましたね。

ノーアに引き継いでからの後日談のような展開も見たかったりする。

それでは、また。

コメント