【OPUS 星歌の響き】龍脈が巡り合わせた少年少女の物語 Part単発+感想

ゲームプレイ感想

おはこんばんちは。

ここ数日雨だったり風が強かったりと天気が悪い日が続いています。
次の休みはゲーセンに行きたいですが、いつまで天気悪いんだろうなぁ…。

さて、今回はOPUS 星歌の響きについてです。

プレイ日記

OPUS 地球計画、OPUS 魂の架け橋という作品はありますが、繋がりはなし。
主人公はこのおじいさんのリバクですが、物語はその66年前の話。

第一章

ここでは主に若かりし頃のリバクが、ヒロインのエイダとの出会うところですね。

出会い方は正直いいものではなかったけれども、これが二人の出会い。
従者のカイトの負傷もあって、リバクとエイダとそのお供たちの物語が始まるといったところでしょうか。

第二章

ここでは上・下構成となっています。
まず、リバクが最も信頼していたであろうカイトとの別れ。
もともとこの人死ぬんだろうなと言う予感はありますが、ここでやっぱりなと実感。

ただ、新たな出会いとして一章に出てきた、白い牙に助けられたりも。

別れと出会いがありましたが、最終的にはエイダと一緒に旅をする真の仲間になった章という感じでしたね。

第三章

こちらも上・下構成。
ここではリバクたちが龍脈を追っていくという感じのストーリー。
宇宙を巡っていろいろなところに行きながら、旅の目的に向かって進んでいくというそんな状況でしょうかね。

第四章

ここから物語は急展開。
いよいよ真実に近づいたというところで、アクシデントが発生。
この状況にエイダは一人残り、リバクたちを逃します…。

そしてエイダは一人、目的地へ…。

終章

ここでは四章から一気に物語が飛び、リバク爺さんの時に戻ってきました。
どうやらエイダは目的後に負傷しながらもたどり着き、最後は師匠の元へ…。

そこから66年経った今、リバク爺さんはエイダのもとへ行くわけですが、最後は…。

この景色にリバクも涙。

という感じでエンディングですね。

感想

それではクリアしたので感想を書いていきます。

良かった点

ストーリー

だんだんOPUSシリーズののストーリーが壮大になっていってますね。
壮大な宇宙の冒険というのもいいんですが、四章から終章にかけての展開は個人的には結構好きでした。
完全なハッピーエンドじゃないけど、それでもここまでプレイしてよかったなぁと思えましたね。
切ない部分もあって、よかったです。

ゲームオーバー

探索の過程でゲームオーバーになることがありますが、夢オチみたいな感じの演出が良かった。
まぁ、66年前のストーリーなわけだから、そこでリバク死んだらタイムパラドックスですからね。
リバク爺さんに戻ってまた振り返るのがいいね。

気になった点

ストーリー以外

ストーリーはいいのですが、それ以外の移動とかはちょっとだるかったかな。
移動して龍脈を見つけるというのはいいですが、探索だけして、たまに運要素のイベントありますが、ストーリーだけサクサクと純粋に楽しみたいと思うぐらい退屈だった。

終章

ストーリーは確かにいいんですが、終章は端折りすぎだろと…。
当主になったところとか、結局66年かかったのもよくわからなかったし、ストーリー重視だからこそじっくり遊びたかったですね。

吹き替え

今回ボイスが入っていたのですが、振り仮名があるのに吹き替えの読み方が違うなんてことがあったんですよね。
振り仮名無かったら気づかないかもしれませんが、振り仮名があって読み方が違うだけで違和感半端なかった…。

まとめ

不満点もありましたが、ストーリーは相変わらずいいですね。
シリーズを追うごとにグラフィックがきれいになり、ストーリーが壮大でボリュームが増えて、次はどうなるんだろうなと思えましたね。
久しぶりにOPUSシリーズですが、引き続き楽しめてよかったです。

コメント