OUTLAST 夜の精神病院探索 Part2

おはこんばんちは。

2週間後には、36日振りに働いてるということに気付きました…。
果たしてちゃんと社会復帰できるのか気になるところではありますが、今のうちに夜のゲームとしてOUTLASTです。

なるべく隠すようにはしていますが、グロ注意です。

前回のOUTLAST

OUTLAST 夜の精神病院探索 Part1
OUTLASTのプレイ日記です。 北米アカウントについても少し触れています。

プレイ日記

夜中のプレイとして続けていますが、このゲーム怖すぎですね。
正直メンタルがゴリゴリ削られていってますが、何とか夜間プレイでクリアしたいと思います。

今回はセキュリティコントロールにアクセスして解錠するですが、まずは探索。
正直、何で日本で発売できないのかがよく分かる…。

まずはセキュリティルームにアクセスするためのキーを探さないといけませんが、患者いすぎですね。

襲ってくるのかなと思いましたが、そんなこともなくキーカードもゲット。

来た道を戻りますが、この時に襲ってくるのかなと思ったら襲ってこず…。
そして、1人車椅子に座っている人の横を通過しようとしたところ…。

はい襲われました。
特に襲われたからと言ってなにかあるわけではありませんが、私のライフが徐々に減っていきます。

そんな中何とかセキュリティルームに到着。

はい、これでメインドアが解錠と思いきや、ブレイカーを落とされました。
落下した際、主人公に話しかけてきた人ですが、おっさん敵だったのか…。

ここで新たな目標。

そして、ここからが真の恐怖ということで、最初に主人公を投げ落とした謎の巨漢がここでも主人公に襲いかかってきます。
主人公は戦う手段を持っていないので、隠れるしかありません。

隣のロッカーを開けたりしてかなり冷や汗モノですが、何故か主人公が隠れているロッカーは開けません。
おそらく余裕を持って隠れていればの話だとは思いますが。

新たな場所に行くときは最初に隠れる場所を見つけておくと良いのかもしれませんね。

さて、地下に行きますが、起動するにはガスポンプ2つとメインブレイカーを起動しなくてはいけません。

一つ起動するとまた巨漢が徘徊し始めるので、隠れながらやらないといけませんが、正直バレまくりでした。
ただ攻撃手段は無くても走ったり、物を乗り越えたりと割とフットワークは軽めなので、結構簡単に逃げられますね。
難易度がノーマルだからかもしれませんが…。

何とか逃げつつ、ガスポンプとメインブレイカーを起動して、スイッチを付けて速攻でセキュリティルームへ。

これで今度こそ…。

と思ったらまた掴まってしまいました。

目覚めると患者を閉じ込めている部屋と思われる場所からスタート。

こういうの本当勘弁して…と深夜に思いながら、地道に進めていきます。

そして、次の目標が変わったところで終了。

怖すぎて精神がゴリゴリ削られていますが、何とか頑張ってクリアしていきたいと思います。

それでは、また。

コメント