P5S 怪盗団がおしゃれに無双する Part3

2020年3月11日 23:35ゲームプレイ日記・感想

おはこんばんちは。

本日一つの山が終わりました。
目標としていたことは元々の予定だった半年先に伸ばすことになりそうですが、まあいいかな。

さて、今回はP5Sです。

前回のP5S

プレイ日記

まず、P5Sでは日付による概念がないためかあっさりと改心。

ちょっと拍子抜けの感じもありましたね。
そして、善吉との協力関係に。
そのためにジェイルに連れていきますが、まぁ一般人の反応って感じ。

さて、次ですがいよいよ私が住んでいる札幌市の登場。
ということで、車で札幌まで行きます。
何やら公共交通機関は使えないので、車になるようです。

そのころ善吉はというと…。
どういう目的で怪盗団に近づいたのかが気になるところ。

さて、札幌に到着する前に立ち寄ったのが仙台。

仙台といえば伊達政宗公。
実際に行ってみたい都市の一つですね。

そして、牛タン。
そんな時にとあるキャラクターとの出会います。
後で深く関わってきそうな予感。

仙台にもジェイルがあることを知りますが、そこの王と思われるのが小説家である夏芽安吾。

早速調査をし終えたところで、仙台ジェイル攻略開始です。

夏芽安吾はライトノベル作家ということで、ジェイルもそのラノベのような設定になっています。

途中四天王も登場。

ここでキーアイテムを取っていきます。
途中では宝魔の姿も。

宝魔に関してはP5より倒しやすいですね。
とはいえ時間制限があるので、それを過ぎると逃げられてしまうようですが…。

四天王を一通り撃破したあとですが、ジェイルの途中ですがリクエストなるものが。
リクエストをこなすことでこのあとのジェイル攻略が結構楽になりそうですね。

さて、いよいよ終盤。
まずは夏芽のトラウマを覗きますが、八百長だったってことですね…。

トラウマを見たところで、夏芽に予告状を送ります。

そして、ジェイルに突入。
夏芽安吾戦です。

真の力ということですが、ドラゴンに変身。

やられたあとも抵抗する夏芽。
どっかで聞いたことあるようなセリフがボロボロと出てきます。

これで夏芽も改心。

このあとは仙台七夕まつりを見たり、今回のキーになっているEMMAを運営しているマディス社の社長の公演を聞いたり。
そして、怪盗団だとバレてしまったり…。

ただ、こいつのソフィアに対する反応が気になる。
実は黒幕なんじゃね…?と疑っていたりする。

さて、いよいよ札幌中央市に進めていきます。
といったところで今回はここまで。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ