ペルソナ5 歪んだ心を持った俺が、歪んだ欲望を頂戴する Part2

2019年6月25日 21:13ペルソナ5

おはこんばんちは。

今回はペルソナ5について触れていきます。

前回のペルソナ5

プレイ日記

前回、マダラメ・パレスが終わり、しばらくは日常パート。
どんどんターゲットが大物になっていきそうな予感ですが、まずは探偵の明智吾郎との出会い。
そして、生徒会長の新島 真が怪盗団を探るためにやってきます。

最終的に正体がバレるものの、後悔しないかわりに、マフィアのボスを探すことになりました。
とりあえず調査して、ボスの名前は特定ができたものの、居場所が分からずパレスの特定ができないというときに、真が自ら囮になり、パレスに侵入することができるようになりました。

カネシロ・パレス

カネシロ・パレスでは、真のペルソナが覚醒。
バイクのペルソナかっこいい…。

カネシロ・パレス自体は前回のマダラメ・パレスのような手の混んだ仕掛けはなかったものの、地味に弱点を付けないシャドウが多かった。
まぁ、主に祝福属性なんですが、これは作ってなかった私のミス。
それと、オニがきつかったですね。
物理と銃撃に耐性があり、弱点がないと万能な感じですが、状態異常になりやすいようです。
ようですとしか書けないのはステータスから読み取れないので…。

最初の2つで慣れたつもりでしたが、セーフルームが少ないのもあって、結構苦戦することになりました。
最後の金庫の仕掛けを攻略中にゲームオーバーになった時はキツかったです。

それでも攻略の日数的には2、3日あたりで攻略できたので、まぁ早くできたのかなと思います。

シャドウ金城も探った限りでは弱点が見つからず、かなり時間が掛かりましたが何とか攻略。
最後に、怪盗団以外にもパレスに出入りしているものがいることを伝え、消えていきました。

そして、再び日常パートですが、ここではハッカー集団のメジエドが怪盗団に挑戦状を送ってきます。
それをどうするか悩んでいるところに、アリババを名乗る人からメッセージが届き、メジエドに勝つために協力をしてくれることになります。

アリババの正体が双葉とわかったところで、双葉のパレスに向かいます。

フタバ・パレス

フタバ・パレスはピラミッド。
自らの家を墓と思っていることから、王墓であるピラミッドになったんでしょうか。
最初は双葉が自ら受け入れていることもあって、警戒度なんてのもなく楽できたんですが、やはり攻略することになるようです。
途中ピラミッドから出て、近くの街に行くなんて新鮮な体験もしつつ、ピラミッドを攻略していくことになります。

前回のカネシロ・パレスほど苦戦することもなかったのと、攻略日数についてもそこまでガッツリ意識しなかったということもあって、割とまったりめにクリア。
日数だと3日ぐらいだと思いますが、途中仲間のイベントが多かったので、クリアしたのは8月1日だったかな。

それぞれのパレスの世界観がいいなとは思っていましたが、フタバ・パレスではそれがより一層感じられました。
余裕が出てきたのもあって、パレス攻略で一番楽しかったです。

ボスは双葉ではなく、スフィンクス。
顔が母である若葉の顔になっていましたが、強かった…。
しかし、双葉のペルソナが覚醒したことによって、バリスタを使って怯ませてからの殴りで勝利。

双葉は約束を果たし、長い眠りから目覚めたあとはメジエドのサイトにハッキング。
脱引き篭もりした双葉は母の仇を打つために、怪盗団に加わることになりました。

これで長かった夏休みも終わり、いよいよ修学旅行。
これまでナビゲーションの役目を担っていたモルガナですが、何やら様子が何かおかしい…。
双葉が加入したことによって、双葉がナビとなったわけですが、それが悩みの原因っぽいが…。

アニメは見ているものの、正直なところ金城の時は誰こいつ?状態だったし、このへんはうろ覚えなので、どうなっていくのか楽しみです。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ