レイジングループ 体験版 プレイ日記+感想

2019年6月15日レイジングループ, 体験版

おはこんばんちは。

ものすごい今更な感じがあるのですが、年末年始に帰省した際にプレイするゲームを求めて、レイジングループをやってみました。

プレイ日記

このゲームは人狼ゲームをサスペンスノベルにしたゲームという感じでしょうか。
正直人狼ゲームというのは見たことはあるものの、実際にはやったことがないのでよく分からなかったりしますが、狼を見つけるために宴を開く→狼が生き残った場合、夜に一人ずつ殺していくといった感じなのでしょうかね。

主人公はバイクで旅行中の事故によって山中をさまようことになり、そこを女性に助けられたものの、そこは奇妙な風習がある集落。
主人公は歓迎されておらず、バイクを修理して早々に集落から立ち去ろうとすると…という展開ですね。

最初は奇妙な風習が有りつつも、よくある日常パート的な感じだったのですが、ストーリーが一気に動き出しますね。
そこで主人公はトイレで一夜を明かすことになるものの、ここで選択肢が。

最初は選べる選択肢が固定されており、2つある内の一つしか選べません。
その選択肢を選ぶと…まさに人狼と呼べるような獣がいました。

そして主人公は死亡。
これでバッドエンドとなります。

ちなみに、この死は決まっていたことで、ここで死なないと物語は進みません。
ここで死んでおくことによって鍵が手に入り、新たな道が開けるという死にゲーだったようで…。

その後も死ぬことによって主人公がそのことを覚えており、それを回避して真実にたどり着くというお話のようです。
ただ、今回の体験版はあくまでも1つのルートのみ。

そのルートも根本的な解決には至らず、この体験版のルートの失敗を元に、別のルートに入っていきますが、体験版はここまで。
後は製品版のお楽しみですね。

今回のルートでは主人公は、村の伝統である「黄泉忌みの宴」に参加しなかったことが原因でした。
そのため、参加することによってどう変わるのかが楽しみです。

感想

1年以上前に出たゲームを今更体験版でやってみましたが、これめちゃくちゃ面白いですね。
チャートがあるのでサクサク進めるし、わざと死亡ルートを探しながら謎を解いていきたいなと思える作品。

キャラクターもお前明らかに要らないだろという人が居なくて、それぞれのキャラクターに役割がある感じがしましたね。
先の展開がどんどん気になってしまうので、別のルートではどうなるんだろうと思ってしまう魅力がありました。

こういうホラーサスペンス的な作品は好きなので、これを年末年始に遊ぶ候補には入りますが、他にもやりたいのが色々と検討中です。

サイバーマンデー

体験版をプレイした後に知ったのですが、先日行われたAmazonのサイバーマンデーでレイジングループが33%割引の2000円だったそうですね。
なぜもっと早く体験版をやらなかったのか…というね。
実はAmazonポイントがめちゃくちゃ余っていて、それを使えば500円ぐらいで買えたのに…。

ちょっと勿体無い体験をしてしまいましたが、3000円でも十分に元が取れる作品なのかなと感じたので、もう少し考えてみようかなと思います。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ