【天穂のサクナヒメ】 本気で米作りをする 稲作3年目

おはこんばんちは。

在宅になってから2週間が経ちましたが、3kgぐらい痩せました。
食べる量が減るだけでこんなに減るかって感じですが、割と早い頻度で1.5キロ近く食べたりしてたからな…。
管理すればちゃんと痩せるんだなぁと再実感。

さて、今回も天穂のサクナヒメです。

前回のサクナヒメ

【天穂のサクナヒメ】 本気で米作りをする 稲作2年目
天穂のサクナヒメのプレイ日記です。 稲作2年目。

プレイ動画

天穂のサクナヒメをまったりと 稲作3年目前編
天穂のサクナヒメをまったりと 稲作3年目後編

プレイ日記

稲作3年目、1年の開始は田植えからです。
今回は苗が200ですが、前回100だったはずなので、2倍ですね…。
その分密集させなきゃいけないわけで、マスを見ながら計算していくものの計算をミスってスペースが…。
結局、疎植は失敗と言えるでしょう…。

ひと仕事終えたら、トラブル発生。
きんたが何やらいたずらをしてたり…。
こういう狭い世界で乱す人がいるのは結構しんどい。

そして、探索にかいまるを出してみたところ…。

これかいまるを探索に出したせいなのかもしれませんが、いなくなってしまいました。
ということで、探しに行かなければなりません。

そのために新しい場所へ行くんですが、敵のレベルが上っている…。
1回じゃ攻略できませんが、そうなると食卓も寂しい。

さすがに助けるのに時間が掛かると仲間が死亡みたいなことは無いとは思っていますが、わからない以上はなるべく早急に助けに行きます。
そしてようやく到着。

かいまるは無事で助けに行った田右衛門も生きていました。
そして何やら河童がいますね。

そして新しい家族ができました。
なぜか河童もついてきていました。

この河童からの依頼でより探索をして奥地を目指していくことになります。
ただ、その分レベルが上がっているので、能力を挙げないとついていけなくなりそうですね…。

そしてもう一匹。

犬と猫そして河童とどんどん増えていきますね。
さて、稲作の方はいよいよ夏も終わり稲架掛け。
そして脱穀ですが、苗の数が増えたことで、こき箸だとちょっと非効率。

ということで作ってみました、千歯こき。
これで脱穀の効率も上がり、最後はひたすら叩いて新米完成です。

イマイチではなくなりましたが、香がちょっと伸びてない感じ。
というか、どれでどのステータスが伸びるのか分かっていないということに今更ながら気づいたけど、全部伸ばすことに変わりはないから知らなくていいか、アクション面でどうにかなると思うし。

そして冬になり、田起こしの季節がやってきましたが、その前に種籾選別。
イマイチ分かっていないですが、品質だめやんけ…。

これ全部泥入れて混ぜたほうが良かったのかな。

そして種籾を育苗に入れるようになりました。
薄播きと厚播きというのがあるようですが、品質アップのために薄い方で。

後は田起こしをして春の準備をし、3年目も終了。
ゲームなのに米作りが大変です…。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました