真・三國無双8 シリーズ初オープンワールドの中国大陸で無双する Part1 劉備#1

おはこんばんちは。

今回から昨日発売した真・三國無双8について触れていきたいと思います。
まず初めに、このゲームはクソゲーです。
自身は三國無双シリーズは2から7までやってます(猛将伝やEmpiresは抜け有り)が、個人的には5以上です。

その為ボロクソ書くところもありますので、あらかじめご了承ください。

購入前の話

TGSで試遊した際には正直あまりいい感想は持ちませんでした。

東京ゲームショウ2017 一般公開 1日目
東京ゲームショウ2017 一般公開 1日目の感想です。

当時も触れましたが、オープンワールドではあるものの敵が拠点にしかおらず無駄に広いだけでスッカスカということで、期待値は低かったです。
それでも購入したのは無双シリーズが好きだからですね。
あと関銀屏と辛憲英が可愛いからというのもあります。

ちなみに今回は初めて楽天ブックスで購入してみました。
理由は関銀屏の特典があるからですが、残念ながら使うことはないかもしれません…。

プレイ日記

最初に選べるのは、曹操・孫堅・劉備の3人のみ。
魏・呉・蜀のストーリーを色々な武将で体験できますが、全章遊びたい場合には上記3人の武将入ったんエンディングで、他の武将に変えて遊ぶといったことになるのかな。

それぞれのキャラクターによって開始する章が違いますが、上記3人をプレイしていくことで、その章に活躍する武将たちが解放されていく仕組みです。
武将解放は同じ勢力のみだと思っていたので、解放したい関銀屏と辛憲英でプレイするため、まずは劉備を選びました。

それでは早速プレイ開始。
最初はやはり黄巾の乱からですね。

今作はシリーズ初のオープンワールドということで、中国大陸全土を一つのMAPで描いております。

本当に広いです。

周倉を撃破した後は、関羽と張飛との出会い。
そして桃園の誓いが行われたあと、そのまま操作が可能に。

武将たちとの会話からスムーズに戦闘に入り、各ミッションを達成していくという流れです。
途中このような見張り台がありますが、アサシンクリードでいうビューポイントと同じで周りにあるものを把握することができるようになります。

というより、このゲームはアサシンクリードを参考にしてるんじゃないだろうかと思えてしまいますね。
張角を倒すと第一章が終わりますが、このようにキャラクターが解放されていきます。

他勢力のキャラクターも使えるので、最初は劉備に拘る必要はありませんでした。

ここから長々と書いていきたいと当初は思っていましたが、先にも書いたとおりこのゲームかなりのクソゲーなので止めます。
でも、これだけ書いておきます。
第四章ですが、水門を破壊する前に「候成・魏続・宗憲の撃破」を先にクリアすると曹操が敗走してゲームオーバーになる可能性があります。

オープンワールドはある程度の道筋はあってもそれに縛られず、自由にできるのが魅力だと思うんですけど、勝手に突貫して勝手にやられてゲームオーバーは無いよなぁと。
クソゲー判断した理由の一つがこれです。

ちなみに最新のチェックポイントからやり直しても曹操はやられるだけなので、最初からやり直すことになります。

不満を抱えながらも、蜀のストーリーは赤壁の戦いまで終了。
そして、やっと辛憲英が解放されました。

ここまで長かったし、しんどかったです。
蜀編をやらなくても関銀屏は解放されると思うので、ここからは辛憲英でやっていきますし、好きなキャラということで動画にもしてみたいと思います。

感想

特にストーリーとか触れずに、ここまでプレイした感想を書いていきたいと思います。
主に悪い点になります。

フレームレート

ノーマルPS4でカクつくといった内容が目に入ってきたのですが、PS4 Proでフレームレート優先にしても安定しません。
特に拠点など敵が密集してるところに行くと明らかに落ちます。
フレームレート優先とは何だったのかと思うレベルですね。
ProでこれならSlimとかだと更にひどいんだろうな…って思います。
正直、アクションはグラフィックよりもフレームレートを優先したいので、これはキツイです。

ちなみに、フレームレートが安定するモードを搭載するとのことでしたが、単純な解消ではなく、モード搭載の時点でグラフィックは更に落ちてしまうのかなと思っています。

オープンワールド

まず、TGSでやったときよりもスカスカには感じられませんでした。
といっても、TGSでは官渡の戦いのみで、蜀のストーリーでは官渡の戦いは無いので、単純に比較するのは間違いかもしれませんが、思ったよりスカスカではなかったという印象です。
とはいえ、敵はほとんど拠点にしかおらず、ひたすらアイテムを集めながら目的地に向かうことになるので、だるいことには変わりありません。
ファストトラベルは使えますが、色々なミッションをプレイすればするほど、だるさが増していくだけかなと思います。

移動の際は馬を使うことになりますが、最初から使える馬ではなく、馬屋で買った馬だと走るたびにレベルアップしていきます。
育てればその分移動は楽にはなりますが、やはりだるいことには変わりないですね…。

1つの章を終わっても撃破数が2000程度だと、フィールドの広さに対して撃破数が少なすぎるので、個人的には無双にオープンワールドは早すぎたのかなと思っています。
PS4 Proでもこれなので、PS6あたりで一騎当万のオープンワールド無双を遊べたらいいのかな。

四章のようなこともあって自由度もそこまで高くないんだなと思いましたし、戦国無双 真田丸の大坂夏の陣のような、周囲敵だらけという状態のほうが無双らしいですね。

まぁ、広い大陸を駆け抜けると言うのは気持ちいいんですが、それだけですね。
探索も最初は楽しくてアイテムを集めながらやってたのですが、三章ぐらいから馬に乗る→ミッション対象の武将を倒す→ファストトラベルで移動の繰り返しになりました…。

バグ

プレイ中にバグを見つけてしまったので、ご紹介。

これは六章になって急に発生したのですが、味方の兵士がバグってるようです。
オープンワールドにはある程度バグは付きものと思っていますが、無双でここまでのバグに遭遇したのはなかったのでショックですね。
ちなみに、上記の状態だと武将がどこにいるのかも全く分かりませんので、再起動を行うと直ります。

呂布

今作の呂布が弱すぎる…。
一番印象に残っているのは初めてプレイした無双3なのですが、虎牢関でいきなり呂布に挑んでゲームオーバーになり、強化した武将で何とか勝てた記憶が残っています。

呂布の最後の戦いとなる下邳ではいいんですが、虎牢関では1周目じゃ勝てませんよぐらいの強さが欲しかった。

まぁ、今作の出来で呂布を倒すほどのモチベーションが保てるかは分かりませんが、弱い呂布はちょっと…と思います。
「りょ、呂布だー!」のセリフもなかったですし…。

BGM

これは無双8に限らず、全ての無双に言えることではありますが、BGMはいいです。
ただ、BGMがいくら良くても悪い要素はカバーしきれないほどですね…。

あと、これは些細なことなんですが、何で会話する時や飛ばす時は□なんでしょうね。
○でよかったような気がする。

アクションやストーリーについては、またの機会に触れたいと思います。

正直、TGSで期待値が低かったので、プレイすれば面白く感じるだろうと思っていたのですが、それは最初だけで結局のところ元々低かった期待値を更に下回ることとなりました。
今年はモンハンワールド以外の当たりがないなぁ…。

この後は辛憲英でプレイしますが、プレイしている内に関銀屏も解放されると思うので、この2人をプレイして売りに行こうかなと思います。
最初予約した時は、TREASURE BOXでしたが、何となく通常版にしてよかった…。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました