【戦国無双 真田丸】真田家の歴史と幸村の生き様を見る Part8

おはこんばんちは。

今の職場ほど下には下がいるという言葉がしっくり来すぎていて、元々やる気ゼロなのにマイナスの域に入っています。
おまけに、全く知らん奴に親を侮辱されて、ガチギレさせていただきました。
今の職場で働くメリットははっきり言って全くありませんが、低質なのを見るたびに、こんなゴミにならんように気をつけようと感じる今日このごろ。

さて、今回は戦国無双 真田丸です。

前回の戦国無双 真田丸

【戦国無双 真田丸】真田家の歴史と幸村の生き様を見る Part7
戦国無双 真田丸のプレイ日記です。 14章から16章まで。

プレイ日記

前回大坂夏の陣まで終わり幸村の最後を見届けることができました。
これで終わりかと思っていたのですが、タイトルに戻ると終章が追加されておりましたので、プレイしてみました。

終章 夢幻

舞台は豊臣滅亡から数年後の話。

信之が真田の郷や上田城、大阪城を訪れるという話。
まずは幸村達とともに戦った、明石全登。

実際に大坂夏の陣では幕府軍の猛攻を防いで戦場から離脱したようですね。

そして、ガラシャ。

茶々のことをずっと待っているようで…。

大阪には上杉や政宗、高虎が集まっています。
何やら秀忠に関する噂のようで…。

事実なんだよなぁ…と思いながらも、秀忠は信之に対して、信州松代へ移封を命じました。

これで上田の地を離れることにはなります。

ここでは信之と秀忠は友人として描かれていますが、実際はどうだったんでしょうね。
個人的には今回のような終わり方で良いかなと思いますが、秀忠は関ヶ原の件で真田に恨みがあると書いてあるところもありましたので、ちょっと気になりました。

さて、上田から移る準備中、そこには幸村の姿が…。

そして強風とともに幸村の姿が消え、終章は終わりです。

感想

これで戦国無双 真田丸は終わりということで、感想を書いていきます。

ストーリー

今作の無双の特徴といったらストーリーでしょうね。
これまでの無双はそれぞれの勢力でストーリー自体はありましたが、広く浅くでした。
でも、今作はひたすら真田家に焦点を当てた作品になっていて、濃くなっているなと感じました。

戦国無双は全てではないものの初代からプレイしてきましたが、正直ここまでグッと来るのは今作が初めてですね。
武田での長篠の戦いや副戦場の関ヶ原の戦いといった負けるとわかっている戦は本当に辛い。
その中でも、大坂夏の陣は一番辛かったです。

豊臣の勝利のためと必死に戦う幸村ですが、重氏や作兵衛と言った武将が討死し、天王寺口の戦いでは(個人的に癒やしキャラの)内記も討死とどんどん真田の郷にいた将が死んでいきます。

途中、「敵将、討ち取ったり」からも明らかに疲弊していることがわかりますが、それでも止まらない増援をひたすら相手する幸村をプレイしていて、正直泣けてきました。

初代無双から涙もろくなっただけかもしれませんが、今作はこれまでの無双と比べて物凄く話にのめり込めた作品だと感じました。

キャラクター

日の本一の兵と言われた幸村だけでなく、真田家存続に尽力した信之。
そして、表裏比興の者と呼ばれ、上田城で徳川を2回も撃退した謀将昌幸がメインですが、一応すべての武将が使えるようですね。

今回、何が凄いかというと年代によって容姿が変わるところですね。
正直、幸村の少年時代から壮年期までくのいちや佐助達の姿はそのままなので、違和感があるっちゃありますが、些細な事です。

ちなみに、幸村の壮年期は格好良すぎですね。
タイトル画面で壮年期の幸村の姿は見れますが、実際に操作してみるとより格好良く見えます。

戦国無双5が出るなら、幸村だけでも変わるようにならんかな。

無双感

どちらかというとミッションを中心に動いてしまうので、無双という感じはこれまでのシリーズと比べると薄い印象を持ちましたが、大坂冬の陣での真田丸の戦いや、夏の陣では完全に無双でしたね。
1人で2000人以上撃破できちゃいますので。

ただ、個人的に偵察兵は要らんかったなぁ…。
無双でステルスはちょっとなぁ…という印象でした。

まとめ

無双感は薄くなってますが、作品としては全然有りですね。
真田以外で焦点当てれそうな武将が居たら、出してほしいな…と思ったり。
もしくは戦国無双5でストーリー性を高めてくれてもいいかな。

やりたいとは思っていたけど、時間無いし見送ろうと思っていた今作。
ルータを買いに行って真田丸のパッケ見たら欲しくなったという理由で買ってみたものの正解でした。
この作品がどこでも遊べるというのはいいですね。

それでは、また。

コメント

  1. すりかじ より:

    はじめまして、ずいぶん前の記事へのコメントになってしまってすみません
    自分はvita版をプレイ済みなのですが、改めてプレイし直そうかなと思ってまして
    こちらの一連の記事のスクショはSwitch携帯モードでのスクショなのでしょうか?

    • タナトスタナトス より:

      ご訪問いただき、ありがとうございます。

      真田丸の記事に関してはTVでプレイした際のスクショが多いですが、プレイ当時は外出先で1時間程度プレイすることが日課になっていたため、携帯モードでのスクショも混ざっています(2~3割程度だと思います)
      具体的にどのパートかまでは把握しておらず申し訳ないのですが、TVも携帯モードもあまり画質は変わらないように感じていました。

      コメントありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました