シャドウバース ノーリアルラックがやる本格スマホカードバトル(笑) Part5

2019年6月13日シャドウバース

おはこんばんちは。

最近家庭用ばかりでプレイ時間少なめになっているシャドバですが、それでも少しずつプレイしています。
最近の状況やらアップデートについて触れていきたいと思います。

ランクマッチ プレイ動画

メンテ前の動画です。

ランクマッチ

名前ですが、ツナカユリコにしています。
2週間ほどぐらい前まで全く知らない名前でしたが、都市伝説的な話を聞いたので興味本位ですね。
この名前でプレイしていると色々と不幸が起こるようですが、何かあった時には報告します。

ランクマッチはそこまで遊べているわけではありませんが、現在B2からB3にランクが上がりました。
マスターまで上がりたいなとは思いますが、なかなか難しいかな。

そして、今回久々に挙げた動画もところどころミスってるので、次回以降気をつけたいところですね。

ナーフ情報解禁

本日とうとうナーフ情報が発表されましたね。

公式サイト

ここでもざっくり説明すると、今回ナーフされたのは7体。

トーヴ

2コス3/3から2コス2/2に変更、攻撃不能を排除。

バフォメット

エンハンス効果が無くなりました。
また攻撃力5以上のサーチも削除され、ヴァンパイアをランダムでデッキから手札に加えるに変わりました。

昏き底より出でる者

こちらは潜伏状態で攻撃した場合、進化前でも後でも5ダメージで一定となりました。

ゴブリンリーダー

3コス1/2から4コス2/3に変更。

風の軍神・グリームニル

エンハンスの際、リーダーへのダメージが無くなりました。

ウロボロス

ラストワード時のリーダーに3回復が無くなりました。

スノーホワイトプリンセス

進化後のみHP3→2に変更。

ナーフで思うこと

昏き糞と思ったり、5ターン目でバフォ出されて萎えたりしていたのは事実ですが、ちょっとバフォメットやりすぎじゃない…?というのがまず思ったことです。
ドラゴサモナーの攻撃力と体力を反転させただけになってしまい、特徴が無くなってしまいましたね。
一番被害があったのがこのバフォメットでしょう。

そして、昏きはそこそこ弱体化しましたね。
レジェンドなのでこれぐらいが妥当ってところなのでしょうか。

トーヴは特徴があまりない、ただの2コス2/2になり、ゴブリンリーダーは微調整ですが、地味に重くなったという絶妙な調整なのかなという印象。

そして、ウロボロスってナーフされるようなカードだったんだな…。
HP回復はありがたいですが、正直そこまで強いって思ってなかったんですよね。
アリスよりもこっちなんだなと思いました。

グリームニルは正直強かったですから、これは妥当だと思います。
かなり頼りにしていたフォロワーなので、今後はどうしようかな。

そしてスノーホワイトプリンセスはナーフするほどだったんだろうか。
ドラゴンを使ってるからなのか、あまり厄介だと思わなかったのもありますが。

イージスビショップで…とあったので、イージスも対象なのかな?と思ったら、スノホワだったという印象。

剛拳やアリス、フェリアはナーフ対象にはなりませんでしたが、これらが暴れるなら次回といったところでしょうか。
それよりも噂になってるヘクターがどうなのか気になるところ。

新環境ではどうするか

とりあえずドラゴンは止めません。
というより、カードがなくてドラゴン以外のデッキを組むことができないので、必然とドラゴンでやるしかないです。

今回5戦やってみて、ナーフされたグリームニルとウロボロスを中心に書いていきます。

風の軍神・グリームニル

リーダーへの打点が無くなったことで、かなり不安だったのですが、凄い助けてくれています。
託宣やアイラ等で加速してからのグリームニルで、一気に相手の盤面を空にしたり、今回の5戦では大きい存在でした。
こいつが居なかったら正直負けていた対戦が多かったですね…。

ウロボロス

ウロボロスは回復が無くなったことで使い所が減りましたね。
今までは進化→自分もろとも相手のフォロワーを倒して回復と言った使い方をしていたので、優先度が低くなりました。
結局この5戦で引いたのですが、1回も出しませんでしたね。

こいつは他の疾走持ちと交代するかもしれません。

5戦やってみて

ほとんど見なかったエルフをちょくちょく見れるようになりました。
始めてから約1ヶ月が経ちますが、エルフと対戦した回数は片手で数えられるレベルだったので、何してくるのかが全く分かりません。
今後、当たることが多くなると思うので、慣れていければと思います。

そして、ヴァンプは全く当たりませんでしたね。
まぁ、バフォメットがやりすぎなレベルで弱体化してますからね…。
元々バフォ使ってた人はどうするんでしょうか…。

といったところで、今回はこの辺で。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ