【ベルセリア】全てを奪った救世主への復讐劇 Part10

おはこんばんちは。

緊急事態宣言出ましたね。
31日に焼き肉の予定があって、すでに予約もしていますが、果たして大丈夫なのかどうか。

さて、今回もベルセリアやっていきます。

前回のベルセリア

プレイ動画

プレイ日記

さて、地脈から脱出したベルベット達。
どうやら今いる場所は孤島のようなので、そこからも脱出していきます。

せっかく1号の名前もシルバに決まって、あともうちょっと…。
そんな時にカノヌシによって、ドラゴン化されてしまいます。

ここからはベルベット達がドラゴン化したシルバと、ザビーダがカノヌシと戦いますが敗北。
そして次にカノヌシを相手にするのはライフィセット。
そこでライフィセットはベルベットを泣かせたカノヌシを殴ってやるって言ってましたが、本当に殴るんですよね、しかもベルベットに喰われなかった方の腕で。

おまけにドラゴン化したシルバとカノヌシを同士打ちさせるなど、ライフィセットの采配が光ってくれましたね。
カノヌシによってドラゴンにさせられそうになるものの、穢れを焼きカノヌシが怯んだところで無事に脱出。

さて、ここからの動向ですが、どうやらメルキオルの近くに居た業魔が来るようです。
次に戦うのはこいつになりそうですが、こいつアイフリードなんだろうなぁ…。

あらがっていますが、カノヌシによってそれもできなくなり…。
といったところで、少しの間の休息ですが、目覚めたザビーダは業魔の正体を知るやすぐに離脱。
次なる手がかりはやはりカノヌシの古文書ということで、グリモワールと合流するためにバンエルティア号と合流しようとします。

が、バンエルティア号はアイフリードと合流しようとしているらしい…。
もちろん罠なので急ぎますが、海賊たちがやられていますね…。
ザビーダが引きつけたらしいですが、とりあえず行ってみることに。

そこにいた業魔はやはりアイフリードでした。

このまま戦闘になりますが、運良く100ヒットも達成して撃破。
最後は親友であるアイゼンの一撃。

これによってアイフリードダウン。
ライフィセットの力によって人間に戻ることはできましたが、助かりはしませんでした。
ですが、アイフリードは最後に重要な情報を残してくれました。

さて、アイフリードの死を船員に伝え、その次に目指すはキララウス火山。
ここで四聖主を目覚めさせ、カノヌシを弱らせることが目的ですが、その途中で船員たちに異変が。
どうやらカノヌシによって意識を再び奪われたようで、一旦ゼクソン港到着からの王都ローグレスへ。

そこには王子と血翅蝶の長タバサと女の子が…。
どうやら意識を奪われなかった人が離宮に連れ去られているということで、連れ去られた王子たちを助けにいきます。
結果として女の子だけ救えなかったものの、王子は助けることができました。

さて、いよいよキララウス火山を目指します。
その途中でメイルシオ到着し、最後の休息を取ります。
ライフィセットが櫛を使ってベルベットの髪をとかすシーンはいいですね。

そして、ロクロウが勝つための刀を撃つクロガネですが、最後は自らを刀に。
號嵐に勝つというそれだけの意志で自らを刀にするクロガネの生き様にも感動をしました。

さて、四聖主を起こすためには魂が必要ですが、そのためにシグレとメルキオルとここで戦うことになりそうです。
まず奥に進んでいくと待っているのはシグレです。
シグレはムルジムという聖隷によって力をわざと抑えていましたが、今回はその枷を外し本気のシグレとの対決になります。

そして、最後はシグレとロクロウの一騎討ちになりますが、二刀ではなくクロガネの一刀を使い、三刀流を使ったロクロウの勝利。

さて、シグレを倒した後は更に奥に進み、今度はメルキオルと対峙します。
ここでマギルゥについて分かってきますが、まずはマギルゥ改めマギラニカ・ルゥ・メーヴィンとしての事がわかってきます。

さて、メルキオル戦ですが、シグレと違った正攻法はあまり通じません。
倒した後も思い通りにはさせまいと策を使ってきますが、一瞬の隙を突いてメルキオルを喰らいます。

そしてそのまま四聖主を目覚めさせました。
それではいよいよ御座に向かいますが、その前にフォーチュンアップルなるものを入手。
生きる勇気をを運んでくれるようですが、これがどうなっていくのか。
序盤でもアーサーがベルベットに渡していましたからね。

そんなわけで次回はいよいよラストダンジョンというところで、今回はここまで。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました