【ベルセリア】全てを奪った救世主への復讐劇 Part7

おはこんばんちは。

昨日から札幌PARCOにNintendo TOKYOのポップアップストアがスタートしています。
私も近いうちに行く予定なので、今から楽しみです。

さて、今回もベルセリアやっていきます。

前回のベルセリア

プレイ動画

プレイ日記

それでは今回はアルディナ草原の先にあるストーンベリィで業魔を見たという情報をいただきました。
そこに地脈点がある可能性はあるので、再び王都ローグレス近くまで行きます。

前回封鎖されていたところは確かにありましたが、今回はそこが開放されているようです。
早速アルディナ草原に行くと、何かドラゴンが…。

このドラゴンが喰魔と思われるので、先に地脈点を感じる岩山を登ってみることに。
しかし何もいませんということで、そのままストーンベリィへ。

情報提供者を探して宿屋に入ってみたところ、そこで待っていたのはザビーダ。
何やら願掛けをしているようですが、何かを察したアイゼン達はそのまま去ることに。

そんな時にやってきた血翅蝶。
ここで情報を得ることができますが、どうやら雨の日じゃないと帰ってこないらしいということが分かりました。
と思ったらタイミング良く雨が降ってきたので、早速向かいますがそんな時にねこにん登場。

何やらレアボードなるものを入手できました。
レアボードを動かすにはビエンフーの本名を言う必要がありますが、本名はノルミン・ブレイブというようで…。
また、レアボードに乗るには地相樹というものを探して、レアボードに土地の地脈情報を記憶しないと乗れないようです。
早速記憶してレアボードに乗ってみましたが、まぁ歩くよりは確かに早いなぁ…程度。
期待された速度ではありませんでしたが、そのまま岩山へ。

ただ喰魔ではないことが分かったので、そのまま撤退。
と思ったらバレてしまったので戦闘です。

アイゼンは本気でこのドラゴンを倒そうとしているようですが、そこにやってきたザビーダ。
どうやらこのドラゴンを守ろうとしていますが、守ろうとしたドラゴンにやられ逃げられる結果に。

このドラゴンは、穢れに侵された聖隷であることが分かります。
ここで思い出しましたが、確かアイゼンもゼスティリアでは同じように穢れに侵されてドラゴンになっていたような…。
結局喰魔としての収穫はないため、そのまま戻りますが、道中でアイゼンには妹がいることが分かります。
それがゼスティリアに出てくるエドナですね。

さて、再び監獄塔に帰還。
そこで次の目的地がヘラヴィーサの北にある遺跡とわかりました。
ヘラヴィーサはベルベットとロクロウがめちゃくちゃ騒ぎを起こした街ですね…。

貿易が盛んそうな街でしたが、今は商船組合もガタガタで聖寮の管理も薄いらしい…。
何が会ったのか分かりませんが、とりあえず行ってみましょう。
と思いましたが、前回連れてきた喰魔のモアナが泣いています。

自分の母を食べたという事実は知らないので母を待つモアナですが、夢で母親に怖いと言われてしまったとか…。
泣きつかれたとかでこの場は何とかなりますが、どうなってしまうんだろうな…。

そんな中ヘラヴィーサに到着。
どうやら以前ヘラヴィーサに居たテレサは左遷。
管理者は誰も居ないし、対魔士は北の遺跡に行っているそうですね。
対魔士集まるところ喰魔有りということで、ようやく当たりの予感を感じつつ、早速遺跡へ。

奥にいるのは娘が業魔化したことによって聖寮に恨みを持っているであろう母親のメディサが喰魔です。
と思ったらそうでは無いようでそのまま戦闘。

災禍の顕主なんて呼ばれてしまいますが、戦闘は勝利。
それでも戦おうとする喰魔ですが、お母さんが死ぬことを止めようとするライフィセットの意志で何とか止め、そのまま気を失ったのでタイタニアに連れて行くことになりました。
一応拘束をして…。

タイタニア到着した後は母を待つモアナがやってきましたが、メディサを見て転んでしまうモアナ。
母を失った子と、子を失った母同士、通じ合うところがあるんだろうな…。

とりあえず今後モアナは大丈夫そうかな。

さて、次はタリエシンへと向かいます。
ここはベルベットの住んでいた村があるところなので、何かありそうな感じですね。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました