【ゼスティリア】ベルセリアから1000年後の世界で Part1

おはこんばんちは。

一昨日の仕事に急な発熱や頭痛、節々の痛みが出ていたので、昨日の夕方ぐらいまでゲームもやらずにほとんど寝てました。
昨日早朝まで不安定な状態を繰り返していましたが、夕方以降は安定してきたのでもう大丈夫だと思いたいですが、この時期はちょっと嫌ね。

さて、今回からテイルズ オブ ゼスティリアをプレイしていきます。

プレイ動画

プレイ日記

実はPS3版でプレイしてますが、PS4版でプレイしていきます。
前回ベルセリアをプレイしたので、ちょっとでも繋がりを感じていきたい。

ここで主人公スレイと天族のミクリオ登場。
遺跡探索をしていますが、そこで倒れている女の子。
ちなみにこの時点で名前は語られませんが、アリーシャですね。

このアリーシャを連れてスレイが住む、イズチに。
アリーシャに村の皆を紹介しますが、村の人はみんな天族。
スレイ以外の人間には天族が見えません。

アリーシャは都に戻るということで、その間は準備とかを手伝ったりします。
で、アリーシャ旅立ちの時。
ここで初めて名前を教えてもらえます。

しかしアリーシャが旅立ってすぐにイズチに侵入者が。
そこに居たのは狐の憑魔。

何とか撃退するも、天族の1人が犠牲者に…。
そして先程の憑魔の狙いがアリーシャだと気付いたスレイは夜に旅立ちます。
ただ、ミクリオもそれを知っていて、一緒に着いてきます。

そしてこのままレディレイクへ。
アリーシャが戻る都というのがここですが、中には憑魔が…。
そして狐もいたので、追いかけていきます。

その後は再び狐戦。
その時に暗殺集団がやってきますが、何やらアリーシャ暗殺を目論んでいたようですが、それはやめてくれるようです。

とりあえずこのまま聖剣のある祭壇に向かうのですが、そのまま裏ルートから入ります。
でもそのままじゃ通れないので、商人のセキレイの羽に旅立つ際にもらっていたキセルを渡すことで、裏ルートから入ることに成功。

ちなみにここでは詳しく触れませんが、この女の子はロゼですね。

裏ルートから祭に参加することができましたが、誰も横たわっている少女には気づかないんですよね…。
天族なので。

そんな時に暴動が起こってしまいます。
その暴動を抑えるためでもありますが、スレイは導師となることを決意。

剣を抜いてライラの器となりました。
これによって導師スレイが誕生しました。

後は地下水道にて神依の力を発動することができるようになりました。
これはベルセリアにもありましたね…。

後はアリーシャが従士となったことで、アリーシャも憑魔を倒すことが可能になりました。
といったところで、今回はここまで。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました