【トライアングルストラテジー】己の信念を貫く Part7+感想

【ゲーム】プレイ雑記【ゲーム】プレイ感想

おはこんばんちは。

ストーブの交換時期になったようで業者を変えてもらいました。
ただ、デザインが前のストーブと違っていて物を置きづらくなっているので、ちょっとなぁと思ってしまったりする。
機能が抜群に良くなってるとかならいいんですが、そういうのもなさそうですし…。

さて、今回もトライアングルストラテジーです。

前回のトライアングルストラテジー

【トライアングルストラテジー】己の信念を貫く Part6
トライアングルストラテジーのプレイ日記です。 今回は第18話から第19話クリアまで。

プレイ日記

前回ハイサンドの塩湖にいるローゼル族を救い出しましたというところで、いよいよ最終話です。

最終話 やがて来る自由の日

女神像が破壊され、セレノアたちを追う船もエルフリック爆弾によって破壊され、打つ手なしと思われたハイサンド。
しかしイドーには何か切り札があるらしい…。

さて、ついに当初の目的地であった大瀑布まで到着。
ここよりさらに南に南下することでセントラリアなんでしょうかね。

フレデリカの花嫁衣装も完成し、後は到着するのみ。

そんな事を思っていたら、なぜかイドー登場。
どうやらこの馬によって追いつくことができたようですね。

そんなわけでここからイドー達ハイサンドとの戦闘。
ローゼル族を逃しつつ、イドーを倒すのが目的となります。

最初どう立ち回れば良いのかわかりませんでしたが、結局自分から攻めずにローゼル族を逃しつつ、イドーたちをガン待ちするのが良いみたいです。
セレノアやロランといった前衛組が守りつつ、後衛で魔道士組が大火力を叩き込むそんな展開で勝てました。
ちなみにローゼル族の道を阻むのは主力として活躍してくれたアンナを中心に一部に任せて撃破してくれたので、後は後ろのイドーたちを蹴散らすだけでした。

意外とあっさり撃破したと思っていたイドー。
と思ったら立ち上がり、セレノアに決死の突撃。

それを食い止めますが、何やらエルフリック爆弾を持っているらしい。
結局セレノアはイドーの攻撃を食い止めたものの、エルフリック爆弾が爆発。
大瀑布の橋は崩れることに。
そして…セレノアは…死にました…。

残っていたのはフレデリカがセレノアに渡した母の形見のペンダントのみでした。

その後のノゼリア大陸は戦争になるようで、まずハイサンドは分裂し内部での戦争に。
エスフロストもスヴァローグとグスタドルフによる内乱となり、血塩の時代と呼ばれたらしい。

エピローグ 静かな海

ハイサンドは結局どうなるかわかりませんが、エスフロストは何とグスタドルフの軍師にベネディクトの姿が…。
ノゼリア大陸を制した際にはウォルホート領を与えてくれるようです。
それだけベネディクトにとってウォルホート領というのは思い入れが深いんだなぁ…。
悪く言えば過去に囚われすぎているとも言えますが。

また結局セレノアは戻ってこず、やはり最終話で死んでしまったようです。
ということで、己の信念を貫いた結果、悲しいエンディングとなってしまいました。

2周目の要素も出てきましたが、信念に従って1周で終わります。
レベルが高かった3名はこんな感じ。
ちなみに2位以下は同レベルで経験値の差でした。

感想

さて、クリアしたのでここから感想を書いていきます。

良かった点

HD-2D

オクトパストラベラーでも思ったけど、やっぱりこのグラフィックええなと思う。
キャラクターはドット絵だけど、世界観は3Dなので、最高に綺麗なドット絵と言えます。

ストーリー

ストーリーがしっかりしていて好きだったなぁ。
ここからこういう展開になるのかとか、信念の天秤に決めた道でもこういうことになっちゃうのかといった意外性とかあって好きでしたね。
それに挿話という形でキャラクターの裏話が聞けたりと、細かなところまで作り込みを感じました。

信念の天秤

自分で決めた道に進められるというのはいいですね。
自身があまり介入できない投票にはなるものの、説得である程度コントロールができます。
もしここ行きたかったのいなぁというのがあれば、リセットすればいいだけだし。

気になった点

テンポ

テンポはめちゃくちゃ悪い。
元々2周目はやらないと決めてはいたものの、仮にやろうと思ってもこのテンポでは2周目のやる気が失せますね。

気になったのはいちいちコマンド選んで、歩く場所決めて…向き決めてといった一つ一つの動作にだるさを感じましたね。
戦闘がとにかく長すぎて怠いですが、お互いに仕掛けた仕掛けられた関係なく、攻撃できるシステムであればそこまで気にならなかったんじゃないかなとも思っています。

操作性

シミュレーションにおける操作性が悪い。
カメラのアングルがひどいのもありますが、カーソルを動かすのがやりづらすぎる。
めちゃくちゃずれるし、カメラが悪すぎて向きたい方向に入力してもたまに反応しないこととかある。

育成要素が薄い

結局ストーリーや想定バトルと言った戦闘以外でレベルを上げる手段がないのはなぁ…。
そのくせ、キャラの能力上げるのには面倒臭いほどの素材を要求されます。
戦闘がものすごく怠いのに、そのものすごく怠いことでしか育成できないのは本当に怠い。
せめて挿話を見たら経験値もらえるみたいな要素があっても良かった。

また1から

これは2周目以降の話ですが、また1からやらないといけないのは怠い。
ストーリーは1回見たら満足できるのでスキップをしますが、それでも怠い戦闘はやらないといけないので、仮に他のルート見たいと思ってもやる気が起きません。
2周目以降敵のレベルも上がるので仕方ないのかもしれませんが、好きな話をやり直すとかにしてほしかった。

まとめ

まずルートに関しては真ENDではありませんでしたが、自分で考えて選んだ選択なので後悔はありません。
1周で自分の選択肢だけを貫くことを決めたので、他のルートは気になったら動画でカバー予定です。

さて、話はとても面白かったのですが、それ以外の面でがっかり感が大きかったです。
フィードバックのしようがないストーリー部分は良いのに、なんで改善できそうなシステムがダメなんですかね…。
体験版に全く手を出してなかったのは失敗だったなぁと…。
オクトパストラベラーが面白すぎた分、トライアングルストラテジーに期待していたのですが、結果としてがっかりでした。
と同時にFEってとっても遊びやすいんだな…と改めて

それでは、また。

コメント