【ゼノブレイド3】生きるために戦う 第6話後編

おはこんばんちは。

今年の夏はニンテンドープリペイドカードのキャンペーンがないっぽいですね。
毎度3万円以上買うようにしているのですが、さすがにクッパ狩られすぎたか…?

さて、今回もゼノブレイド3です。

前回のゼノブレイド3

【ゼノブレイド3】生きるために戦う 第6話前編
ゼノブレイド3のプレイ日記です。 今回は第6話、究極の二択まで。

プレイ日記

それでは第6話の続きからやっていきます。
送られたと思ったミオは実はエムで…ということで、ミオが戻ってきました。
が、エムと変わったことで、当時の記憶として女王とのやり取りなんかがわかったりもしました。

とりあえずアグヌスキャッスルを解放したことにより、ようやく収容されていたロストナンバーズのメンバーもようやくシティーへ帰ることができました。
さて次の目的地の前に、何やら死んだはずのカムナビとかが出てきたりと何やら不穏なところも感じつつ、次の目的地としてコロニーオメガを目指します。
ここにはかつてミオが所属していたコロニーでもあり、もうひとりのおくりびとであるミヤビと別れることになったところでもあります。

回想ではミオとミヤビの出会いやおくりびととしての2人の姿などが見られますね。

さて、場所も寒そうなところに変わって、いよいよコロニーオメガに到着。
そこで待っていたのは初期の頃にメビウスに殺されたはずのムンバやエセルと死闘を繰り広げたカムナビ、そしてミヤビといったメンバーが待っています。
それもこれも全て執政官が裏で操っています。

そこでノアとミオはミヤビのように旋律を奏でる調べによって、カムナビ達を止めようとします。
他の仲間もノアやミオを全力で守ります。

すると、正気に戻っていく仲間たち。

これは執政官も想定外だったようで形勢は逆転。
ここからはいよいよ執政官と戦い、倒すことはできなかったものの撤退に追い込み、命の火時計を破壊。

これによってミヤビが加入。

また今回ミオのサイドストーリーも並行していたので疾風士が限界突破しました。

さて、このままコロニーオメガは終わりだと思いましたが、どうやらカムナビさんのイベントがあるようです。
しかもヒーロークエスト。

ということで、ここからはヒーロークエストをやっていきます。
ゆりかごにいたエセルも目覚めてしまい、ふたりとも記憶自体はないはずだが、何やら通じ合っていますね。

そんな高いところが苦手で可愛いところもあるカムナビがヒーローとして加入。
継承は何とタイオン。

後はユーニのサイドストーリーもあり、黄金に昇格されたとされているコロニー5へ行くことに。
しかし黄金に昇格したコロニーにもしっかりと裏があり、結局コロニー5は崩壊…。
戦いって本当にメビウスの手のひらで踊っているに過ぎないんだなぁ…と痛感。

さて、ヒーロークエストが終わったところで、進めていきます。
天空の砦を目指しますが、結局何もないんですよねぇ…。

そんな時に現れましたよ、砦が。

砦の中を進んでいくと、中には眠りにつく女王様。
やっぱりニアやんけ。

そのまま目覚めて…とは行かずに邪魔に入ってきたのがディーとジェイ。
女王ニアは思いっきり心臓を貫かれて、殺されることに…。

悲観する余裕もなくまずはインタリンクをしない状態でそれぞれと戦い勝利。
そしてヨランはノア達によって説得されることに…。

と思ったらそれを黙って見るわけないよなぁということでディー登場。
むしろここまで聞いてくれてディーには感謝とすら思ってしまいますが、ここで強制インタリンク発動。

インタリンクの状態のメビウスも倒して、ここでヨランが自らの意思で消滅を選びます。
そしてディーを道連れにしていきました。

さて、殺されてしまった女王様ですが、実は生きていました。
というかケロッとしていますね…。

とりあえずここでニアが自己紹介。

これにて第6話終了なので、今回はここまで。

それでは、また。

コメント