EVO JAPAN 2019 3日目 – また来年

2019年6月15日ゲーム雑記

おはこんばんちは。

日付が変わってしまいましたが、EVO JAPAN 2019 3日目がついに終わりました。
今回はそのことについて触れていきます。

開場後~開始前

EVO JAPANのツイッターでRTキャンペーンがやっていたので、それを応募したところ当たってしまいました。
ちなみに当たった景品はミニクッション。

景品は選べないのですが、たまたま欲しかったのがゲットできました。

決勝トーナメント開始

3日目はすべて決勝トーナメント。
BBTAG、GG Xrd Rev2、鉄拳7、スト5AEの順番です。

ブレイブルー クロスタッグバトル

めちゃくちゃゴルドー率高くてワロタ。
ロケテの情報を見た限りだと、ゴルドーはめちゃくちゃ弱体化しているようだったので、ある意味同情のような声が多かったですね。

ルーザーズセミファイナルあたりだったと思いますが、途中からBBTAGではなく、鳥海早見TAGになっていました。
ルビーとマイが早見さん、ゴルドーが鳥海さんなので、鳥海早見TAGです。

まぁ、ゴルドーは正直使いやすかったですよね。
私も一時期はゴルドーを使っていましたが、ちょっとこいつは…と思って使うのをやめてしまいました。

ただ、今となっては勝つためにこいつを使ったほうが良かったんじゃ?とも思わなくもない。d

ちなみに、予選でけちょんけちょんにされた上に晒された私ですが、こういった動きが大事なんだなと言うのを吸収できたので次回以降に繋げられたらいいな…。

大会後はBBTAGの今後の展開について話がありました。
まずは、BB、P4U、UNIより新キャラクターが参戦。
残念ながらUNIからナナセの参戦を期待している私ですが、これは続報待ちになりそう。

あと、確かEVOのときに発表されていたピンクの第五勢力についてもアルカナハートと発表されました。
これは予想通りでしたが、正直アルカナハートはやったことがないので、キャラクターを見ても誰?としかならなかった。

何にせよ、追加DLCもアーケードも楽しみです。
ちなみに、BBTAG アーケードエディションなんて出ないよね…?

GUILTY GEAR Xrd Rev2

動きが異次元すぎて私はついていくのがやっとでした。
どれも手に汗握るような試合ばかりで、特に決勝は本当に熱かった。

私もこういった試合ができるように頑張りたい。

鉄拳7

先のタイトルは決勝トーナメント進出者が全員日本人でしたが、鉄拳7においてはかなりグローバルな感じ。
日本が1人、韓国が3人、アメリカ1人、フィリピンが1人、パキスタンが1人、タイが1人といった感じ。

私の勝手なイメージですが、義務教育として鉄拳習ってるんじゃないの?と思うほど、韓国=鉄拳最強と言うイメージが強いです。
そのため、決勝トーナメントも韓国人だらけと思っていたのが、3人だったのが意外でした。

それだけで終わるならまだ良かったのですが、グランドファイナルに進んだのも、韓国や日本ではなく、フィリピンの人とパキスタンの人でした。
今回優勝したのはルーザーズから一気に勝ち上がったパキスタンのArslan Ash選手でしたが、鉄拳7が全くわからない私でもすげぇ…の一言でした。

いつもは王者韓国、次点の日本と言う感じでしたが、今回のEVO JAPAN 2019で鉄拳に新しい風が入ってきたなぁと感じましたね。
今後どうなっていくのか密かに楽しみにしています。

ストリートファイター5 AE

こちらはほぼ日本人でしたが、ルーザーズにPunk選手とOil King選手が残っていました。
個人的にはPunk選手が好きで、博多のゴーゴーカレー食べたんだろうかと、試合中もちょっと気になりましたね。

結果ですが、ウィナーズで勝ち続けた、ももち選手が優勝。
ただ、グランドファイナルで行われたふ~ど選手のバーディーが強すぎて、これどうやって勝つの?と思ったほど。
最初ももち選手が押されていて、相当やばい状況だったと思うのですが、リセットされてプレッシャーが掛かる中で、しっかりとコーリンで勝っていくのは感動しましたね。

エントリー時期が遅かったりとボロクソ言ってはいますが、こういう試合を生で見れるのは本当に貴重です。

閉場

これで3日間に渡るEVO JAPAN 2019は終わり。
席は半分近くがガラガラで、これ次回は無いんだろうなぁ…と思っていたのですが、来年も日本で開催があるとのこと、安心しました。
私は今回非常に悔しい思いをしているので、リベンジのために来年に向けて頑張ろうと思います。

スマブラがあればいいけど、難しいかな?

感想

今回の大会、非常に熱い試合ばかり見られてとても楽しかったです。
また、結果は不甲斐ないものでしたが、選手として参加できたこともいい勉強になりました。
あと配信で晒されたこともね…。
あれがなければ、ここまで悔しさは感じなかったと思います。
ということで、来年も参加できるように、もっと格ゲーに真剣に向き合ってプレイしようと思います。
あと、体力ももっとつけたい。

楽しく終わったEVO JAPANですが、いくつか残念なこともありました。
まずは、前回も触れたと思いますが、待ち時間。
機材トラブルは仕方ないと思うのですが、待ち時間は何とかならんかね…。
トーナメント表もスマホだと見づらいし、EVOアプリとか管理できませんか…?

もう一つは整理ですね。
今回応援グッズとしてスティックバルーンを配っていたのですが、試合が終わったあと、あちこちにスティックバルーンがそのまま放置されていたり、飲んだ空き缶がそのままになっていたりと残念に思いました。

確かワールドカップのときに、日本人がゴミ拾いをしているとニュースが有ったと思いますが、こういう残念な人もいるんですよね…。
自分が使ったゴミぐらい持ち帰るなり決められた場所に捨てるなりしてほしいですね、一般常識として。

最後に撮影。
これはEVO JAPANに限った話ではありませんが、撮影・録画禁止なのに、それでもやる奴は馬鹿なの?死ぬの?

といったところでしょうかね。
愚痴っぽくなりましたが、来年もEVO JAPANも非常に楽しみです。
来年も福岡なのかは現時点で不明ですが、どこで開催するのか今から気になります。

ちなみに、今日の晩ご飯は帰宅したのが23時過ぎで、ファミマの二郎系ラーメンになってしまったので省略。
なんて福岡に来てファミマなのかと思うと、ちょっと虚しくなるが、遅い時間だったので仕方ないね…。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ