4KTVを購入したので、PS4 Proで4KHDR、5.1chの設定をしてみた

2018年12月4日ゲーム雑記

おはこんばんちは。

ドラクエ11、ドラクエ1無料版が終わり、アニメをひたすら見ていました。
4クール分の未視聴があったので、これはまずいとなったわけです。

何とか30話ほどまで減りましたので、地道に見ていきたいと思います。

タイトルの件

さて、タイトルの件ですが、とうとう4KTVを導入しました。
前々から検討してましたが、4Kチューナーのこともあるし、また来年のワールドカップで安くなるんじゃないかとか色々考えていました。

ただ、結局のところ、欲しいと思った時が買い時ではないかということで、購入。
買ったのは東芝 REGZA 40M510Xです。

[amazonjs asin=”B06XWQ4D2N” locale=”JP” title=”東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 40M510X”]

これで、ようやくPS4 Proをフル活用することができます

18日に注文してましたが、実際に届いたのは休みの都合上本日です。

4KHDR出力、5.1chサラウンド設定

早速4KHDR出力、そして音声は5.1chに設定をしますが、なかなかできず…。
まずは、4K出力 5.1chにはなったものの、HDRにはならず。
これはアンプから出力していることが問題と判断して、次に試した所、4KHDR出力可能にはなったものの、ステレオ再生しかできません。
TV側の設定で、アンプ出力を指定してもならないので、行き詰った…と思いましたが、以下の設定で4KHDRでかつ5.1chで再生が可能となりました。

接続自体は上記で行けますが、、その他にTVの設定からHDMIのモード選択を「通常モード」から「高速信号モード」に変更する必要があります。
これを行わないと2KしかHDRに対応しません。
「高速信号モード」で以下のように4KHDR出力ができます。

自分が思っていたのは、HDMIでPS4からTV→光ケーブルでTVからアンプで後はTV側の設定を変更すればおkと思っていました。
それができなかったのはレグザリンクが邪魔をしたのか、元々できない仕様なのかは分かりませんが、とりあえず手持ちの環境で解決して良かったです。

光ケーブルはアンプを買った約1年半前に必要じゃなかったのに買ったものですが、今になって役立つとは…。
まぁ、去年買ったAVレシーバー(YAMAHA RX-S601)がHDR対応だったら、おそらくここまで苦戦してませんけどね…。

4KHDRの感想

今回、試したのは仁王。
4Kとはいっても2Kから劇的に変わるということはないだろうなと、内心思っていましたが、予想以上に綺麗です。
今回初めてアクションモードからシネマティックモードにしましたが、思ってた以上の変化を感じることができました。

武器の光加減とか、周りの景色等、細かな部分ですが、鮮明で綺麗になっています。
PS4 Slimだったり、Proで4KTVじゃなくても十分に綺麗ですし楽しめると思いますが、PS4 Proにすることで十二分に楽しむことができると思います。
正直、安い買い物ではありませんが、買って後悔なしです。

ちなみに、HDRについては若干色合いが明るさがよりくっきりしているのか…?レベルで正直よくわかりませんでした…。
あとは、PS VRのプロセッサーユニットがHDRに対応していないので、VRをプレイ時のみ、配線が面倒臭くなるぐらいでしょうかね。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ