Pokémon Direct 2019.2.27の感想

2019年6月5日ゲーム雑記

おはこんばんちは。

昨日23時よりポケモンダイレクトが行われたので、そのことについて触れていきたいと思います。

ポケモン23周年

いよいよ新作のポケモンが出てくるわけですが、2月27日はポケモン赤・緑が発売された日です。
それが1996年ですので、23周年というわけですね。

ここまで長く遊ばれてるって凄いことだよなぁ…。

Pokémon Direct

完全新作のポケモンがいよいよスイッチに登場です。

ポケットモンスター○○/○○

赤・緑やルビー・サファイアなど、色んな組み合わせが発売されたポケモンですが、今回はソードとシールドです。
発売機種がスイッチで、特性バトルスイッチのギルガルドがどう絡んでくるのか気になってしまいますが、おそらく何もなさそう。

ちなみに、ソードとシールドなら、圧倒的にソードの方が人気がありそうですが、伝説のポケモンがどうなのかも気になるところ。

舞台

今回の舞台はガラル地方。
何やらイギリスがモチーフになっているようですが、それだけでもいいですね。

このMAPを単純にみるなら、物語の始まりは南からでしょうかね。
そして、どんどん北に進んでいくと。
最北にあるのはポケモンリーグでしょうか?

マップをみるだけではかなりシンプルな感じがありますが、ガラル地方だけで物語が終わるのかも気になるところ。
例えばですが、飛行機でカントー地方に行って…みたいな展開もちょっと期待してしまう。

御三家

まずは草タイプですね。
御三家のサルというとゴウカザルが出てくるので、何となく進化したら草・格闘タイプになりそう。

次は炎タイプ。
元気いっぱいで走り回るということで、素早さの種族値が高そう。

臆病とのことですが、進化したら真逆になりそう…。
ラグラージみたいな、どうしてこうなったに期待。

どのポケモンを選ぶか迷いますが、どれも面白そう。

グラフィック

まず、キャラクターの等身がいいですね。
そして、前回のレッツゴーは何だったのかというレベルでグラフィックが綺麗です。
ついにこのグラフィックでポケモン本編が遊べる時代が来てしまったんだなぁ…と。

感想

僅か7分のダイレクトですが、期待値は結構高いです。
まだ伝説のポケモンも明らかになっていませんし、どういった要素があるのかも全然分かりませんが、続報が楽しみになりました。
あとは、3DSで展開していたポケバンクがスイッチでも利用できるようになると思うので、その点も含めて今後期待です。

2019年冬世界同時発売予定とのことなので、11月22日と予想しますが、残り9ヶ月ほどありますので、頑張って生きたいと思います。
その頃にはスイッチの廉価版が登場したり…もあるかもしれません。

最後になりますが、ウルトラソード・ウルトラシールド発売とかはやめてほしい…。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ