ニンテンドーラボ おっさんが作って遊ぶ Part2 バラエティキット編

2018年12月7日ニンテンドーラボ

おはこんばんちは。

今回もニンテンドーラボについてです。

前回は釣りまで作りましたので、今回は残りのToy-conを作っていきます。
まずは家からスタート。

家を作る過程で、何やら窓に差し込むものも作ることに。

とりあえず完成。

その他にも2つほど作ることとなり、ようやく家とそのパーツが完成。

それでは実際に窓に取り付けてみると…。

何か出てきましたね。

煙突部分にジョイコンRをセットしているので、モーションIRカメラによって突起物を認識してということなんでしょうね。
ちなみに、回すとこちらも回ります。

あとはオプションパーツのようなもので、こんなのも作ってみた。

これも両方の窓にはめ込むと面白いことが起こります。
それにしても、モーションIRカメラを使ってこんなことができるとは…。

バイク

次はバイクを作ります。

途中過程のスクショはありませんが、ガッツリ作ることに集中してました。

左ハンドルと右ハンドルを作ったり、エンジンやブレーキ、クラクションだったりダンボールでここまで出来ちゃうのか…と感じています。
それでは実際に走ってみた。

地味にロケットスタートやスリップストリームがあったりと、ちょっとマリカーっぽい。
ちなみに、初級中級上級の他にも周回を変えたり、排気量を変えたりもできます。
後はコースエディットですが、こちらはまだ遊んでいません。

最後はピアノですが、その前におまけで2つほど作りました。

ミニバイクの完成がこちら。

次はIRスキャナー。

光線銃っぽい感じ。

ピアノ

それでは、今度こそピアノの作成ですが、今回のバラエティキットの中では一番難しいものです。

2時間半ぐらい掛かったのかな。
完成したのがこちら。

鍵盤から作るってこんな経験はニンテンドーラボが最初で最後だろうな。
録音機能というのもありまして、ピアノをまともに触ったことがない私ですが、頑張って1曲弾いてみた。

ゼルダの伝説シリーズより時の歌

これを弾くだけで何回やり直したことか…。
パソコンでタイピングする際のホームポジションみたいなのも全然わからないし、一応原曲を聞きながらやったので、おそらくズレてないかなと思います。

他にもゼルダ関連で挑戦してみようかな。

さて、他にもアクアリウムというのがありました。
何やらカードを刺すようですが、カードってなんだろうと思ったらありました。

アクアリウムなので釣り関連と思いきや、ピアノでやるようです。
早速刺してみると…魚が出てきました。

目の大きさが決められますが、何か出目金みたいになりましたね。

とりあえずバラエティパックについては、ここで一旦終了。
次回はロボットキットで作って遊んでみます。

ちなみに、とりあえずここまで遊んだのはニンテンドーラボの基本になる部分なのかなと思っています。
まだ分かるの部分を見ていませんし、パーツが余っている=自分でToy-conを作ることもできるはずですので、まだまだ遊べるのではないかなと思います。

正直、この作品は売るようなものじゃないので、マイニンテンドーストアのDL版にしておけばよかった…。
遊ぶのにソフトを変えなきゃいけないのが、かなり面倒です…。

それでは、また。

[amazonjs asin=”B079T6CHPV” locale=”JP” title=”Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con : Variety Kit – Switch”]
[amazonjs asin=”B079T6D5M2″ locale=”JP” title=”Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con : Robot Kit – Switch”]

こちらも一緒にどうぞ