【カスタムロボV2】友人が考えたバトルルールが超絶面白かったので書き記す

ゲームプレイ・感想

おはこんばんちは。

早いものであと1/4で2022年も終わりですね。
今月もゲームだったり、100キロウォーキングといった生活を変わらず続けていきますが、節約は頑張りたい。

さて、今回はカスタムロボV2についてです。

久々に友人と

今回1年以上ぶりに友人と遊んできたのですが、その際に遊んだゲームタイトルの一つがカスタムロボV2です。
普段友人と遊んだときのことは雑記にすることは殆どありませんが、タイトルにもある友人が考えたバトルがめちゃくちゃ楽しくて、個人的に記録として残したいと思ったので今回更新。
念の為友人にはブログ記事にしていいことは確認済。

ルール説明

・ステージはサドンデスステージ固定(すぐ終わるので時間は120秒、∞どちらも可)
隠しステージなので、予め激闘編マリンパーク右上にいる女の子に4回話しかけてからバトルに勝つ必要あり。

・カスタマイズはボム以外ランダムシークレット

・ボムはジェノサイドボム固定(バトルの違法パーツONにする必要有り)

以上。
設定ができたらバトル。

バトルスタート

さて、バトルは普通通り始まりますが、なんといってもやばいのはジェノサイドボム。
ベースはジャイアントボムですが、威力が違法ということもあって高い。
そしてステージはカスタムロボV2で最も狭いサドンデスステージです。

こんなくっそ狭いステージでジェノサイドボムとか爆風により、簡単に消し飛びます。

自分が撃ったボムの位置を把握してなかったり、お互いに距離が近くて見た感じ認識できなかったジェノサイドボムが…!
あとは爆風からの爆風であっという間にHPは無くなります。
後はツインズガンだったりナイトメアガンで足止めされてからの爆風もきつい。
結構ワチャワチャしてるので、何がどうなった!?みたいなこともあります。

ちなみにファニーオールドマンだと爆風の上にジャンプできるために空中ダッシュとかしているとどうやら当たらないっぽい。
もしかしたらハイジャンプレッグやそれと同効果を持つ違法レッグを引くことができれば、回避はできるのかもしれない。

試合自体は狭いかつジェノサイドボムの威力のおかげであっさり終わります。
確か20先とかで対戦して、結構拮抗した勝負になっていたのですが、それでもそんなに時間が経った感じはありませんでした。
そのため、サクサク遊びたいときにもいいなと。

友人考案ルールで遊んでの感想

ジェノサイドボムやら何やら追う情報が多いからなのか、目は結構疲れましたが、めちゃくちゃ楽しいですね。
ポッドを打つ感覚でひたすらジェノサイドボムを撃ってるので、ガンがヒヨコだったりしても意外と割と何とかなります。

他のパーツがランダムなので、こっち3ウェイガンなのにゴウセツガンかよ!といった格差社会のようなものを見せつけられたりもして色々なところに笑える種があります。
友人とプレイしているだけで笑えますが、このルールはその笑いを増幅してくれます。
私はここ最近の中で一番笑えましたし、お祭り感覚で楽しめました。

集まって対戦は楽しい

当時カスタムロボV2をプレイした時は主に弟と対戦をしてましたが、友達がいなかったのもあって、正直家族以外の人とやるのは初めてでした。
ということで、やってみた感想ですが、めちゃくちゃ楽しい。
ルール自体も楽しいものだったのは間違いないですが、集まって対戦してここまで楽しめる20年以上前のゲームってすげぇなと改めて。
また遊ぶ機会があったら、カスタムロボやりたいですねぇ〜。

最後にカスタムロボは神ゲーということを再確認できましたので、NOISEと任天堂はカスタムロボの復活を…。
ちなみにシナプティックドライブなんてものは知らない。

追加ステージ

実は今回のルールで必要だったサドンデスステージを含めた3つの隠しステージ自体の存在を忘れていました。
サドンデスステージは今回のルールで遊ぶために慌てて条件を満たしましたが、残り2つも解散後に開放しました。

これでもう大丈夫かな。

それでは、また。

コメント